北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

斜里岳

e0004756_20271775.jpg

↑↓小清水原生花園の向かい、濤沸湖からの斜里岳。
e0004756_20295152.jpg

↓清里町からの斜里岳。
e0004756_20402226.jpg

↓斜里岳登山口手前からの斜里岳。未だ登ったことはありません。
e0004756_20422462.jpg

裏摩周展望台からの斜里岳。
e0004756_20462045.jpg

10月12日撮影

雲がなければ、毎日でも家の玄関を出ると、遠くに斜里岳が見えます。

子どもの頃、住んでいた家は平屋でした。
瓦屋根の上に座って西の方を眺めると、
冬の晴れた日には遙か遠くに雪帽子を被った富士山が見えました。
北緯44度に移ってくる前に6年過ごした埼玉の家では
2階の部屋の北側の窓から秩父連山が見えました。
山の見える暮らしが続いています。
[PR]
by hokui44do05 | 2009-10-13 21:26 | ドライブ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hokui44.exblog.jp/tb/11353745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by karumian at 2009-10-15 10:13
雄大な斜里岳の写真、いかにも北海道って感じですね。
「山の見える暮らし」をなさっているコリンゴさんは、
ゆったり暮らされているようでいいですね。
Commented by hokui44do05 at 2009-10-15 21:14
>karuminanさん
山が見える日は、気分も晴れ晴れ。
雄大な自然を味わいに出かけます。
そんな日は気分もゆったり。
反面、雲りや雨で山が見えないと気分がしずみがち。
落差のある日々ですが、それが北国の生活なんですね。
Commented by ao at 2009-10-21 12:01 x
清々しい空気が伝わってきます。
私は岩木山を朝夕みて育ったので、故郷を離れてから、山には縁の無い暮らしが続いていて、寂しいかぎりです。
前回釧路に行ったとき、裏摩周のほうをドライブしました。
残念ながら、もう釧路には行けないことに・・・今度は、秋田です。
Commented by hokui44do05 at 2009-10-21 20:41
>aoさん
まあ、残念。
こちらでお会いするチャンスはなくなってしまった・・・
秋田はaoさんの故郷、近いですね。
私にとっては未踏の地です。
学生時代に秋田から来ている友人がいて
故郷土産はいつも「さなずら」(やまぶどうののし梅判)でした。
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31