北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

収穫のしめくくりは、赤と紅!

急に寒くなりました。
今朝は、雪もちらついていました。
e0004756_1914389.jpg

先週末に車のタイヤを冬用に履き替えておいてよかった!
でもまだ内陸のように積もったりはしていませんが。

先月末までに菜園や庭の収穫もすませ連日越冬準備です。
e0004756_8174725.jpg
八月の半ばに蒔いた赤蕪、例年の半分くらいの収穫でした。
二日間干して、薄切りにして塩漬けしました。
水が上がったら甘酢に漬けます。
e0004756_818927.jpg


e0004756_8192128.jpg
紅芯大根はよくできました!
紅芯は中が紅くなるのだけれどたまに間違って外側が紅いのもあります。
遺伝子が組み変わってしまうのだろうか・・・。
紅芯大根は改良品種なのかもしれませんね。
e0004756_819468.jpg


庭のエゾノコリンゴも赤い!
e0004756_8304342.jpg

コリンゴの大きさはさくらんぼくらい。
凍(しばれ)る前に収穫です。
e0004756_8313077.jpg

やっぱりジャムにしました。
e0004756_834872.jpg
ひたひたの水を入れて、
果肉が煮くずれるまで火にかけます。
e0004756_835229.jpg


e0004756_8362839.jpg
ガーゼを敷いて、ポタポタ落ちる汁と果肉にわけます。
しぼったりしてはいけません。ひたすらポタポタを待ちます。
e0004756_8365686.jpg


2キロの収穫で、1リットルの透明な汁がとれました。
砂糖500グラムを加えて、さらに煮つめてジェリーに。
e0004756_8373277.jpg

残った果肉は、ガーゼをはずして裏ごし。
1.5キロあったので、半量の砂糖(750グラム)を足して火にかけてジャムを作りました。
ちょっと酸っぱめのジェリーとジャムです。
e0004756_8391030.jpg





菜園には今年もビーツを蒔いたのだけれど
冷夏でほとんど育たず、
収穫はほんのちょっぴりでピンポン球大のが5個だけ。
やっとボルシチ1回分でした。
e0004756_94114.jpg

e0004756_943089.jpg

作り方は『家庭で作るロシア料理』河出書房新社刊を参考にしました。

1 シチュー用牛肉を1時間くらい、ベイリーフとセロリの葉っぱを入れた湯で煮ておきます。
2 ビーツは皮をむいて玉ねぎも薄切り、じゃがいも1個とにんじんは拍子切り、セロリせんぎり、
  トマトは小さめの切っておきます。
3 芽キャベツも加えて、野菜を炒めてから、1と一緒にして30分くらい煮込みます。
4 仕上げに、ディルのみじん切りとすりおろしたにんにくを加えます。
5 取り分けてヨーグルトをガーゼに載せて乳清をとりのぞいたサワークリームを載せて食卓へ。

本ではお肉は豚のスペアリブを使ってありました。
骨付き鶏肉などでもいいのかな。
千切りの野菜で作ったのは初めてでしたが、
私としてはコロコロ野菜の方が好みだったかも。
[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-02 20:15 | 菜園 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hokui44.exblog.jp/tb/11494585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31