北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

ウィルタ刺繍講座受講開始

以前北方民族博物館で、一日講座で教わったことのあったウィルタ刺繍。
もうちょっと詳しく習いたいと思っていた。
9月末から市の文化センターで入門6回講座を受講することにしました。

ウィルタは、シベリアやサハリンに住んでいた北方少数民族。

刺繍のデザインは、イルガと呼ばれる渦巻き模様。
四つに折りたたんで三角になった紙に模様を曲線で描き、鋏で切り抜いて開いたものが型紙。
e0004756_2042992.jpg


台布のフェルトに写したところをしつけをかけて刺し始めます。
技法はチェーンステッチの変形。チェーンを左右ダブルに刺しながら進みます。
使用した糸は、木綿の25番刺繍糸で2本どり。
e0004756_20473610.jpg


こちらは見本にお借りした先生の手によるもの。
e0004756_20491794.jpg


これは目標にしたいと思った先生の作品
e0004756_20533250.jpg


長いことウィルタ刺繍をされているフレップ会の方が使っていた鋏ケース。
e0004756_20565256.jpg


先生の上着の襟と袖にも刺繍が。
e0004756_20584038.jpg


10月には、資料館見学も予定されていて楽しみ。

何はともあれ、ハート四つは刺しておかなくては。

続きはまた今度。
[PR]
by hokui44do05 | 2005-09-30 21:23 | ウィルタ刺繍 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hokui44.exblog.jp/tb/1199568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヤンジャ at 2005-10-01 10:33 x
基本はチェーンステッチなんですね! 2本どりだったら、かなり細かいステッチになりそう。ウィルタ刺繍って、ケルト模様にも似ているような気がします。どこかで繋がっているのかな? 
Commented by hokui44do05 at 2005-10-01 20:59
次回は刺繍をUPでお見せできるかな?
台布が見えないくらい細かく刺してある見本もありました。
当面は細かくはよりは針目を揃えることが目標。
ウィルタの民俗衣装は、打ち合わせがあって、チョゴリを長くした形のようでした。
これは残念、写真撮りそこねた。
ケルト模様も曲線なんですか。
アイヌ刺繍とも似ているけれども微妙に違っています。
Commented by mahimako at 2005-10-02 01:42 x
鹿(?)の刺繍なんて、韓国刺繍にもありそうな文様ですよね。
私も、久々に刺してみたくなったけれど・・・。
その前に、今やりかけのもの、早く終わらせないといけないんですよね。
Commented by gongxifacai at 2005-10-02 22:21
こういう幾何学的な模様大好きです。
絞りでやろうとして失敗しました。やっぱり刺繍ですね。
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31