北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

雪虫(ユキムシ)

先週は東側のサクランボの木のあたりを浮遊しているのを見かけたけれど、
昼間暖かだった昨日は、西南にあるエゾノコリンゴの木の周りを浮遊していました。
e0004756_22174812.jpg

ぼやけた写真ですみません。
ピントがあっているのはエゾノコリンゴの葉っぱの裏のようですが、
虫がいるのは手前の枝です。

雪虫と呼ばれているこの虫、トドノネオオワタムシが代表的で、樹木に寄生するカメムシ目アブラムシ科の成虫。
雪虫は夏から秋にかけてトドマツにいたトドノネワタムシの幼虫がサナギになり
成虫になって飛んでいる状態。
羽は透明感がありますが体は白い綿におおわれています。
よく言えば妖精みたいに可愛らしく、
見ようによってはとろくて、
サナギの時の白い外皮をつけたまま飛んでいる。

トドノネワタムシは冬に備えてタマゴを産み付けるヤチダモを探して飛んでいる。
春になるとヤチダモの葉っぱにアブラムシとして寄生してから、
夏にトドマツに移動するとあります。

でも、わが家の庭には、トドマツもヤチダモもありません。
2~3キロ圏内の林や森にはトドマツもヤチダモの木々もありそうですが、
雪虫のフワフワとした飛びっぷりを見るかぎりではそんなに遠くへいけるとも思えない。

庭の生け垣にはオンコ(イチイ)やエゾマツもあるし、
エゾノコリンゴやサクランボ、シラカバは落葉樹だからそちらについているのか?

雪虫は付着性があるようなので大量発生の場合には
近づかない方がよさそう。

オンコの実はたくさん。
e0004756_10183129.jpg

来春を待たずして今頃花を咲かせて実をつけようとしている木いちご。
e0004756_10191361.jpg


花壇の土を入れ替えして、奥にテッセンの苗、球根などを植えました。
e0004756_1026985.jpg

増えたラムズイヤーのロゼッタ。なんだかふわふわ暖かそう!
e0004756_1028499.jpg


一晩明けて今朝は、今シーズン冷え込み、
もう雪虫の姿は見られません。
石北峠では雪が降っているようです。
初雪まであと半月ほどでしょうか。
[PR]
by hokui44do05 | 2010-10-17 22:06 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hokui44.exblog.jp/tb/13440044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2010-10-20 10:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hokui44do05 at 2010-10-20 21:27
>鍵コメ様
小さな小さなモノ、お見かけしたことあったかも!
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31