北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

白樺樹皮のバスケットの講習会

昨日午前中また北方民族博物館で講習受けてきました。

念願の越後屋さんこと山辺朋子さんの講習会です。
山辺さんはシベリアで白樺樹皮に絵を描いているラリーサさんから白樺細工を習いました。

作るのは小さなバスケット。蓋付き脚付きです。
e0004756_13413374.jpg

白樺の樹皮は1㎝幅、40センチにカットしてあるものを使います。
e0004756_13383042.jpg


はがされた白樺の樹皮。この白樺の樹皮はシベリア産。
e0004756_13464469.jpg

樹皮の内皮が外側になって丸まっています。
e0004756_1347494.jpg


講習生は20名。まず、幅にカットされた樹皮をはいでいきます。
樹皮の状態にもよりますが、外皮から内皮まで幾重にもなっているので
少なくとも2枚になるように剥ぎます。
今回使うのは内皮側の一枚。12本必要ですが、6本は準備されているので
各人6本は自分で剥ぎます。
e0004756_14161955.jpg

剥いだら、油でなめします。今回使ったのは椿油ですが、サラダ油などでもOK。
油はやわらかな木綿のメリヤス地などに浸ませて右手で持ち、
左手で樹皮もって、メリヤス地をすべらせてなめします。
艶が出てしなやかになります。
この後、両端をカット。
e0004756_14292877.jpg

両端の表裏に番号を書きます。
e0004756_1430243.jpg

いよいよ籠作りの始まり。
ありがたい工程表です。
e0004756_1433433.jpg

白樺樹皮の内皮を表に中央から重ねていきます。
e0004756_1433575.jpg

e0004756_14345145.jpg

これで底内側が組み上がり。
e0004756_14351038.jpg

ひっくり返します。
e0004756_14352656.jpg

角を作って側面に入ります。
e0004756_1436255.jpg

まずは角を高さまで編みます。
e0004756_1440397.jpg

裏側はすいているので整えながらクリップで仮止めして作業を進めます。
e0004756_14402454.jpg

角の間も高さまで編み、手前に置いてある縁用の白樺樹皮をあて、
樹皮テープを外側に45度に折り編み込んでいきます。

この間は、集中作業のため画像がありません。

ここまで出来て時間切れ。
e0004756_1446845.jpg


受講生には樹皮のお持ち帰りがまだありました。
e0004756_151513.jpg

こちらは外皮よりのもの。こちらも使えます。
e0004756_1513347.jpg


家にあった網走の白樺の樹皮。
e0004756_154835.jpg

こちらは薄くて焚きつけ用。
e0004756_1554240.jpg


白樺の樹皮は古くても、霧吹きなどでゆっくり湿らせると使えるようになるそう。
白樺の樹皮剥がしは、白樺の芽吹きの頃に行います。
この時期になると内皮と幹の間に油分が含まれるのです。
根から水分を吸い上げる樹液を採る時期より少し遅い?
芽吹き以外の季節に無理矢理剥いだ部分(基本的には剥げませんが)は使えません。



ここからは工程表がたより。
e0004756_1450185.jpg

不細工ですがようやく一本つきました。
e0004756_14515173.jpg

すきまだらけですが脚がつきました。
e0004756_14525264.jpg

ひっくり返すと。
e0004756_1455957.jpg

ちょうどぴったりなのがありました。
e0004756_1457291.jpg

当面はこのように使います。
e0004756_14573853.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-22 21:34 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hokui44.exblog.jp/tb/24949333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yamazou13 at 2016-11-21 13:00
土曜日はありがとうございました。
日曜日もう身体中筋肉痛。苦笑
やっぱりかなり緊張していっぱいいっぱいだったみたいです。
日曜になり終わった木の緩みか一気に。

工程法で脚まで作ることができたと聞くとホッとします。
何人かの方には難しすぎると言われたので、伝え方の難しさを感じました。

最初に編んだ1つ目の籠は2個目以降に手が慣れてきて編み目が詰まったものとは違うゆとりがのちに柔らかさとなるのでぜひ、そのままの形で使ってもらうのがいいのではないかと思います。
私の携帯電話ケースも最初のスカスカ穴あきですが、今や一番しなやかです。笑

ちょうどぴったりの針山があってオリジナルが仕上がりましたね〜。

私は写真データが届いたら記事アップしたいと思います。
次回お会いできるのを楽しみにしています。
Commented by hokui44do05 at 2016-11-22 22:32
越後屋さん
はるばる、ありがとうございました。

今回はつかのまの雪解けになり、
冬の網走ではなかったのでまた是非寒い時に来て下さい。

二つ目挑戦中ですが、苦戦中。


Commented by yamazou13 at 2016-11-22 22:58
いつか雪の網走ゆっくり堪能したいです。
2個目苦戦は厚みが薄くならないからでしょうか?
もしそうなら油とぬるま湯を混ぜたもので数回拭いて柔らかさを調整しながら編むといいかもしれません。
厚みがある樹皮だと力の入れ具合がまた変わりますし、樹皮をくぐらせるときの感覚が変わるので。
不明なところがあったらメール頂ければと思います。
Commented by hokui44do05 at 2016-11-23 12:25
2個目の苦戦は、内皮と外皮の間のものなども混ぜて使ったためと
幅が微妙に違っているのを混ぜたせいかも。
そして何より講習の時みたいに番号振ったりもせず、
なのに隙間をなくそうときっちり編んだのがよくなかったみたい。
短めのもあって最後はちょっと継ぎ足したり結局ちょっとゆがんでしまいました。
まあなんとか仕上げそれなりのカゴにはなったのですが、、、。
まだ状態の良い樹皮もあるのでほどいてやり直そうか考え中。
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31