北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

紅花染め

紅花染めをしました。

あさひさんのブログ
を読み、また染めの大先輩に詳しい資料も送っていただいて準備万端で挑戦。

使った紅花はこちら。昨秋に山形のお土産にいただいたもの。
e0004756_1953338.jpg


一晩水に漬けておき、ざるに袋を入れて漉して搾り出す。
黄色の汁がでなくなるまで、何回も。10回以上はやったはず。

こんな具合になった。今度は、花びらだけを灰汁にいれてひたすらもみもみ。
灰汁は、アルカリであることをリトマス試験紙で確認。
e0004756_19554688.jpg


この後の行程(中和→酸性)もちゃんとやったはずなのに・・・。
絹はこのように。
e0004756_20153162.jpg

モシや麻の古布はこんな。
e0004756_20161520.jpg

木綿の袋だけ、かろうじて。
e0004756_20182842.jpg


花びらの入っていた袋のラベルの裏のただし書きをよくよく読んでみると、
紅花染め 紅花酒、紅花茶、紅花漬け、紅花風呂にとある。
染めの項には、よく煮つめ十分色を出して使用のことと・・・

赤い色素がほとんど出てこなかったということはこの花びらおそらく、
蒸されたか、乾燥の折、熱せられたに違いない。
お茶として飲めるように食用に加工されたということだから・・・

黄色の液で煮つめて明礬媒染で山吹色に染まった絹だけが今回の収穫。

木綿の袋の底の部分の赤い色は、スパゲティーの茹で汁かけても、石鹸でごしごししても落ちませんでした。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-01-30 20:58 | 手芸 | Trackback | Comments(5)

吹雪の日には家で ウィルタ刺繍

昨晩から、北西の風がヒュウーヒューゴーゴーと吹いています。

北緯44度の気象台は昨日、沖に流氷を確認し、流氷初日としました。

一昨日の午後、我が家の階段のおどりばの北側の窓から見えるオホーツク海にはもうはっきり白い帯があったような気がしてたんだけど・・・

今日は海は見えません。

キッチンの窓からみえるサクランボの木にはしっかりと冬芽がついている。
e0004756_145773.jpg


暖房なしの部屋においてあるヒヤシンスも正月には小さかった芽がこんなに膨らんで。
e0004756_14585024.jpg


暖かな部屋でやっと縁のチェーンステッチ部分を刺し終えて仕上がった。
昨秋の講習課題のウィルタ刺繍。
e0004756_151284.jpg


青い部分は木綿の刺繍糸2本どりで、ウィルタ独特の刺し方。
チェーンステッチをダブルに刺し進んでいく。
縁は絹の縫い糸1本どり。
糸をびーんびーんはじいてから縫わないと、糸のよりがほどけてきて刺しにくい。
e0004756_1535308.jpg


次には何かオリジナルをと、切り紙の箱を開けてみると・・・
e0004756_1532615.jpg


e0004756_1535177.jpg


e0004756_1541245.jpg


正月に戻っていた娘が、
これは楽しいと切りまくっていたものがたくさん。
まあとりあえずは眺めただけでしまっておくことに。

冬の間はやりかけものを完成させるって新年早々の自分への約束を思い出した。

ああ、それよりもさっき玄関前の道路に除雪車が来ていたようです。
これから、車庫前の雪かきしなければなりませーん。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-01-24 15:43 | 手芸 | Trackback | Comments(9)

冬のお漬け物

いただきものの北海道ならではの漬物のご紹介。

ニシンの切り漬け。身欠きにしんで作る漬物。
e0004756_19412699.jpg


ホッケの飯寿司。
北緯44度ではこれを作る人が多い。
ホッケは生を使うが、漬ける前に三日三晩流水で血抜きをしっかりしなければならない。
e0004756_19373566.jpg


鮭の飯寿司。これも生鮭で作る人もいる。
今年いただいたのはいくら入りだった。
新巻鮭のものとは味が違うらしい。
e0004756_1946204.jpg


どれも麹を使って漬ける。飯寿司には炊いたご飯も入っている。
塩分の少ない北国ならではの漬物。

各家庭でそれぞれの味がある。
野菜は大根とにんじん、しょうが、切り方は様々。

年によっても漬かり具合がかわる。

私は、まだ飯寿司は作ったことがない。
これは、専用の木の桶に熊笹の葉を敷いて漬け込む。
温度管理が難しいし、
毎日のように同じ味でもつまらないから。

いただきもので、毎年いろんな味を楽しんでいる。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-01-18 20:11 | 美味しいもの | Trackback | Comments(5)

斜里の知床博物館へ

先週末、土曜日晴れたので斜里町の知床博物館へ行ってきた。

オホーツク海沿いの道を、知床半島の山々めがけて走る。
年末から北風が吹く日が多くなったので、流氷の南下が加速されているらしい。
一月の末には、この浜に流氷が押し寄せてくるだろう。
e0004756_1722349.jpg


斜里町から眺めた斜里岳。
e0004756_16524357.jpg


博物館にあった昔の雪靴たち。
e0004756_16535142.jpg


斜里町は、津軽からの移住者が多い。
斜里ネプタ祭りも行われている。
津軽こぎん刺しの半纏があった。
e0004756_1655587.jpg


知床が舞台のアイヌの話。
e0004756_16574424.jpg


オロッコとはウィルタ(北方民族)のことで、南からの移住と北からの移住とがあった。
ウトロのオロンコ岩の話にはクジラが登場。
e0004756_175713.jpg


世界自然遺産になった知床、今年も多くの人たちが訪れることでしょう。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-01-12 17:13 | ドライブ | Trackback | Comments(6)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

北緯44度のお正月、元日は昼間でもマイナス6度の寒ーい日ではありましたが、
初詣に行って参りました。

お正月とはいえ晴れ着姿の人はまったく見かけません。

おみくじは小吉、旅行運はよかったので今年もあちこちでかけましょう。
e0004756_2075119.jpg


三日からは連日雪降り。
台所の窓の前には雪山が。
e0004756_20135238.jpg


庭にも1メートルほど積もってしまいました。
e0004756_20152673.jpg


こんなになったら、もう冬眠生活に入りたいくらい。

今日は、小寒、20日は大寒。
もう雪は降らないで。

今年の流氷は接近が遅く2月に入ってからとの予報だけれど。

春よ、早く来ーい。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-01-05 20:26 | ご挨拶 | Trackback | Comments(4)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31