北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年のあたらし物

雪解けの季節を迎え、
タネ屋さんから新しいカタログが届きました。
嬉しいことに、NEW!にこんなものが。

昨年六月、ソウルの市場で見かけたきゅうり。
是非つくってみたいと思っていたので嬉しい。
e0004756_20263950.jpg


こちらは、ズッキーニに似ているけれど、少し違う韓国カボチャ。
熟さないうちに食べるカボチャ。できすぎたら、せっせと輪切りを干しておきたい。
e0004756_20282532.jpg


エゴマは黒エゴマも蒔いてみようかな。葉っぱの味が微妙に違うって聞いたので。
e0004756_20302534.jpg


このミニ大根も珍しい。
e0004756_20314678.jpg


今年の畑も楽しみ。
苗作りは、まだまだ先だけど今から種は注文しておきましょう。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-02-27 20:42 | 菜園 | Trackback(1) | Comments(9)

つまみ縫い試行中 そして青い海

つまみ縫いを入れた、チョガッポを作りたくて
いろいろ試しています。
ながら族の私は、縫い物の合間にチョコ読みを致します。
今、読んでいるのは左に置いてある『新版 韓国の食』平凡社ライブラリー
e0004756_21225420.jpg


このようにもしてみました。
同じ色の布では意味がなかったような気も・・・
e0004756_21242972.jpg


森を歩きに行ってきました。
オホーツク海を見渡せば、流氷は遠のいて海は青かった。
e0004756_21255967.jpg


森には春の陽射しが。小鳥たちのさえずりも賑やかに。
e0004756_21284797.jpg


雪の上には小動物の足跡があちこちに。
e0004756_21304299.jpg


このまま、春になってくれるといいなあ。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-02-25 21:43 | ポジャギ | Trackback(1) | Comments(4)

雪原となっていたサロマ湖

昨日はカーリング場のある町、常呂町の近くのサロマ湖へ行ってきた。

こちらを出発した時は、薄日が射していたのに向かっている途中で小雪が降りだした。

温度計は表示なし。おそらくマイナス5度を下っているだろう。
e0004756_20173762.jpg


車の外に出ると、とにかくさむーい。

なのに全面凍結の湖の上を歩いていく人や、
スノーモービルに連なって乗っている観光客たちの姿が豆粒のように見えた。
e0004756_20195081.jpg


急に吹雪いてきたりしたら、帰れなくなっちゃうよー。
e0004756_2020182.jpg


5分くらい外に出ていたら、体が冷え冷え。
写真を撮ったら早々に引き上げてきた。

網走に戻ったら、雪はやんでいた。
流氷はいくぶんか沖に離れていったようだ。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-02-19 20:29 | 散策 | Trackback | Comments(2)

7回目の週末

韓国旅行のお土産にいただいた刺繍づくしのカレンダー。

日めくりかと思いきや、週末は2日分で1枚。

今年は元旦が日曜だったから、年間で51回の週末があることになる。

だから、このカレンダーは総数314枚。

もう、6回の週末が過ぎていった。
e0004756_19433437.jpg


今のところ毎日忘れずにめくっている。

この週末の、刺繍は、赤ちゃん(子ども?)の冬のかぶりもの。
長さ53.5センチ、幅31.5センチとずいぶんと大きい。
e0004756_19501943.jpg


これはきっと儀式用かなんかなんだろう。
秋に文化学園服飾博物館で展示されていた、
江戸時代後期の日本のお公家さん用(?)の火事用装束の頭巾や防火服にも
びっしりと刺繍があったのを思い出しました。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-02-19 20:13 | らくがき | Trackback | Comments(0)

韓国の花茶と緑茶

年間購読している「Suッkara」(韓国のステキと出会う月刊誌)

3月号の特集は花茶。

e0004756_20225053.jpg


e0004756_20231694.jpg


紹介されていたのは、菊、蘭、蓮、芍薬などの乾燥花のお茶。

こちらは友人がくれた韓国の緑茶。
雀舌(ジャクソル)という名の、手摘みの緑茶。
友人は「韓国では今の一般人はふだんはあまり緑茶は飲まない。
緑茶はお寺でよく飲まれている」と言っていた。
e0004756_20312018.jpg


左は静岡産の新茶、右が雀舌。
炭火で煎られたとの説明書き(英語)。
e0004756_2031401.jpg


今日の午後のお茶は昨日焼いたガトーショコラと雀舌で。
雀舌は渋みの少ないけれど香りがいい緑茶。
e0004756_20372450.jpg


2月21日発売の「Suッkara」4月号の特集は
ポソン(足袋)とシンバル(靴)、チュモニ(袋) 。
届くの楽しみ。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-02-15 21:06 | 美味しいもの | Trackback | Comments(6)

冬の二つ岩海岸にて

昼頃薄日が射しはじめたので車で街へでかけてきました。

街をすぎて二つ岩の海岸へ。
ここには以前水族館があったところ。
今はホテルが一軒だけ。
晴れていれば、ここからの眺めはすごくいい。
e0004756_20232013.jpg


海岸に降りる道の手前には流氷注意の看板が雪に埋もれている。
e0004756_2028451.jpg


誰もいない海辺。
e0004756_20283084.jpg


今年はまだ、岸に打ち上げられた流氷がありません。
e0004756_20292648.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2006-02-12 20:35 | 散策 | Trackback | Comments(3)

白い世界

先週末はまたまた雪でした。

先週木曜日に玄関前の道路の雪を4トントラックが何台もやってきて持っていってくれました。
道幅がやっと広くなり、車がすれ違えるようになった。
e0004756_16524171.jpg


ところが、金曜日の夜は吹雪でヒューヒューゴーゴー。

土曜日は風はおさまりましたが、一日雪。

そして昨日も。
トリノに持っていってもらいたいくらい。
e0004756_1703212.jpg

e0004756_170596.jpg


またまた道幅が狭くなってしまいました。

今朝は快晴。
ぴーんと張り詰めた空気の中海を眺めてまいりました。
向こうに小さく船が見えます。
流氷砕氷船オーロラ号でしょう。
e0004756_173364.jpg

遥かにかすかに見えるのは知床連山。
e0004756_1735854.jpg


まだ、沿岸部一帯のすべての海が氷原となってはいないけれど、
網走にも流氷が接岸したようです。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-02-06 17:09 | 散策 | Trackback | Comments(5)

9カ月ぶりに明紬

2月に入り、流氷が迫ってきました。
本日の流氷情報
この流氷が遠ざかるまで、北緯44度は凍れ(シバレ)の世界。
いつまでも冬眠状態ではいられないので、
目を見開いて、春が来るまで大きな文字のブログです。

9カ月ぶりに明紬の入った箱を開けてみました。

まずは、メジャーカバー三つ完成。

e0004756_2013211.jpg


e0004756_2014566.jpg


作り方はこちらを参考にしました。

残りのはぎれは、また箱に戻して、明紬はまたしばらくお休み。

どうしてかと言えば、huiziさんからのプレゼントの藍染めモシが届いたんです。

嬉しくって早速小物を作りました。つまみ縫いのコースター。
お皿の上にはナツメのハチミツ煮。
e0004756_20301765.jpg


これから、藍染め濃淡のモシで何を作ろうか思案中。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-02-03 20:04 | ポジャギ | Trackback | Comments(8)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28