北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

エゾノコリンゴ染め(加筆あり)

エゾノコリンゴの若枝でも染めてみた。

エゾノコリンゴはズミやハナカイドウの親戚。
オホーツク海側にはズミよりエゾノコリンゴが多い。
ズミはそみ→しみ(染み)から名付けられ古くから樹皮を染料にされていた。
樹木ウォッチング『北海道の樹木』 亜璃西社刊より


昨年伸びたばかりの若枝を相方が剪定。
e0004756_2058219.jpg


2年目以降のエゾノコリンゴの枝は堅くなって切るのがたいへんになる。
だから毎年左右に伸びた枝だけを残して上や前後に伸びた若枝を切っている。

ここに暮らし始めて20年が過ぎた。
東側のサクランボの木も
南角のシラカバの木も
そして西南側の庭の中央にあるエゾノコリンゴの木も
苗木で植えた頃はほっそりしていたのに、
年毎にぐんぐん成長して枝を伸ばし幹は太くなった。
我が家の狭い庭ではとても窮屈そうになってしまった。

周りが広々とした場所こ植えられたのなら
伸び伸びと枝を広げさせてあげられたのに。

木々に詫びなければならないと思いつつも、
私は若枝からその色までもうばいとっている。

若枝の樹皮は赤みが強い。
切ったばかりの枝の切り口は周囲が緑だった。
e0004756_20544123.jpg

始めは煮だし汁のみで。
サクランボよりは黄色みがかっている。
e0004756_2121976.jpg

左3枚は、重曹を入れた煮だし液で染めた。
中の2枚は、ミョウバン媒染。右端のは無媒染。
布は羽二重(絹)。
e0004756_2163881.jpg

風呂敷用にシーチングも染めた。
e0004756_21132561.jpg

重曹を加えた煮だし液で、煮染めしてから
木酢酸鉄で媒染したらグレーになった。
もう一度煮だし液に戻して、
さらに煮染めしたら薄いピンクに戻ってしまった。

ちょっと期待はずれ。
薄ピンクの風呂敷ではなんだかねえ・・・
乾かして何日かしてから重ね染めしてみよう。

庭には、まだエゾノコリンゴの若枝がたくさん散らばっている。
[PR]
by hokui44do05 | 2008-03-25 20:58 | | Trackback | Comments(4)

鶴居村へ

屈斜路湖から、鶴の住む釧路湿原に向かいました。
e0004756_2114156.jpg

一時は絶滅の危機にあった丹頂鶴は、保護により1000羽近くまでになりました。
冬の間は、餌場のある人家の近くに群れていますが、
雪がなくなるとそれぞれにカップルになって巣作りを始め、
湿原の中に入ってしまいあまり人目には姿を見せなくなるようです。
それでも、鶴見台を訪れたら20羽近くの鶴を見ることができました。
e0004756_2121537.jpg

湿原の雪もほとんど解けて。
e0004756_2118396.jpg

散策路はまだ閉鎖中。
湿原の周辺の森にもヒグマが住んでいるらしい。
看板にはヒグマに出会った時の注意書きが。
e0004756_21313075.jpg
森には時々アカゲラが木の幹を叩く音が響いていました。
e0004756_21322023.jpg


緑の美しくなる季節にまた訪れてみたいと思います。
湿原散策には、双眼鏡が必携かな。
[PR]
by hokui44do05 | 2008-03-22 21:43 | | Trackback | Comments(2)

旅立ち前の白鳥たち

e0004756_100476.jpg

まだ流氷の漂うオホーツク海を離れて
ちょっとだけ南へ行ってきました。

藻琴山の中腹から見下ろした屈斜路湖。
まだ白く見えますが・・・
e0004756_21235783.jpg

湖畔に来てみれば、
もうすぐさらに北へと向かう前の白鳥たちに出会いました。
まだグレーの羽根の子白鳥たちの姿もちらほら。
温泉の沸く湖畔・砂湯にて出発準備中。


動画が見られない方はここをクリック。
[PR]
by hokui44do05 | 2008-03-20 09:56 | | Trackback | Comments(2)

さくらんぼの枝で染め

9日の日曜日、相方がさくらんぼの木の枝切りをした。
雪山が高いので脚立を使わずに切れる。
e0004756_20273417.jpg

翌朝、枝を細かく切りながら拾い集めた。
e0004756_20322689.jpg
↓ついているのは蕾というよりはまだ冬芽。
花が咲くのは2カ月以上先だから。
e0004756_2033751.jpg


まずは重曹は入れないで、二回煮だした。
e0004756_20345027.jpg
染め液は黄色っぽい。みょうばんで媒染。
e0004756_20363826.jpg


三回目に重曹を入れて煮だして染めてみた。
e0004756_20384476.jpg
←まだまだ色が出そう。
↓重曹を加えたら赤みが強くなった。
e0004756_20391349.jpg


今回は絹も染めた。左からみょうばん媒染、中央は重曹、右はみょうばん→重曹重ね染め。
e0004756_20455100.jpg

こちらは、木綿のシーチング。左のはみょうばん、右は重曹。
e0004756_20502675.jpg


あせたブドウ染め巾着も染め直し
[PR]
by hokui44do05 | 2008-03-14 21:11 | | Trackback | Comments(0)

桃の枝で染める

先日こちらのブログに習って、染めをしてみた。

お雛様に飾ってあった桃の花の小枝を使った。
暖かな部屋に1週間飾ってあったので、
すっかり咲いてしまい蕾はもう残っていない。
e0004756_21235371.jpg

重曹を加えて3回煮だして色のある染め液を作った。
始めに染めたのは、
男物の長襦袢の裏地の木綿布。
e0004756_21242041.jpg

左が桃の枝染め。
右は先週黒小豆で染めた布。
e0004756_21244281.jpg

真っ白な、刺繍の木綿オーバーブラウスはうす桃色になった。
アンティークな仕上がりでいい感じ。
色止めにミョウバンを使用。
e0004756_2125454.jpg


今日はサクランボの枝切りをしたのでそちらでも染めてみることにする。
報告は後日。
[PR]
by hokui44do05 | 2008-03-09 22:06 | らくがき | Trackback | Comments(3)

黒小豆あん

大空町女満別にある空港へ行く度に、
道の駅「ほのか」に立ち寄る。
地場産のものがいろいろおいてあって面白い。
今は昨秋収穫のお豆が並んでいて
初めて黒小豆を買ってみた。
e0004756_20164384.jpg

アクが強く、2回茹でこぼしてから柔らかくなるまで煮たはずだったが・・・
e0004756_201771.jpg

砂糖を加えてあんこにしたら・・・。
皮も豆も堅い!

抹茶わらび餅と白玉だんごを作って、黒蜜をかけて食べた。
あんこは冷えたら真っ黒。
でも、この歯ごたえもいいかもと慰められたけれど・・・。
e0004756_2023527.jpg


黒小豆は小豆の大きさだけれど味は黒豆に近いようだ。

たくさんとれた茹で汁でブラウスを染めてみた。
[PR]
by hokui44do05 | 2008-03-05 20:55 | 美味しいもの | Trackback | Comments(3)

暖かいけれど流氷が

一昨日は先週とはうってかわって暖かな日曜日。

でも、オホーツク海は流氷で真っ白な雪原。
海岸町の浜から撮した1つ岩から二つ岩までの映像。

知人(シレト)美岬より港を見下ろして。
e0004756_2015465.jpg

港の中まで氷におおわれている。
e0004756_20205340.jpg


日曜日は暖かだったが、
昨日、今日朝晩の冷え込みはまだ厳しい。

でも、昼間の陽射しは日ごとに春めいてきて雪解けはすすんでいる。
[PR]
by hokui44do05 | 2008-03-03 20:34 | 散策 | Trackback | Comments(0)

信金でミニキルト展示

三月中、
A信金駒場支店に網走キルターズがミニキルトを展示。

昨日夕方仲間と一緒に展示してきました。
ほぼ40センチ角の作品。
e0004756_21191391.jpg
e0004756_21202336.jpg


e0004756_2121347.jpg
e0004756_21211991.jpg


e0004756_2122543.jpg
e0004756_21223114.jpg


私のはやっと仕上げた古布繋ぎ。
[PR]
by hokui44do05 | 2008-03-01 21:37 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31