北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第8回キルト・フェアinオホーツク ポジャギのコーナー(追記あり) 

ポジャギのコーナーには、三人の方々に友情出品してもらいました。
まずは貴重な一品。
e0004756_20481485.jpg

H・Sさん所蔵の安東布のチョゴリです。
e0004756_20533595.jpg

↑『ポジャギ』中島恵著 白水社刊 第五章 安東と韓山村 麻の産地を訪ねる旅 より抜粋

この秋、安東を訪れたSさんは、安東の土や家の壁の色はこの安東布の色にそっくりだったと言ってました。
この色は泥染めなのと思いきや、味噌と栗の色だったとは。

慶尚道に伝わるコルムを使ったノリゲ。釜山に住んでいるSさんの従姉作。
e0004756_2132082.jpg

こちらはSさん作のタレポソン。ムミョン(木綿)で。
e0004756_2161226.jpg

カラフルなモシのポジャギはSさん作。縫いはミシンで。
e0004756_2193140.jpg

両端のはSさん作。こちらもミシンで。
蓮の花のつまみ縫いのはM・Mさん作。暖簾として使用。
e0004756_21115896.jpg

真ん中の蚊帳布の作品はキルターズのY・Oさん作。
ボタンの花に刺繍が可愛らしいのですが、会場ではうまく撮れなくてごめんなさい。
e0004756_21175345.jpg

左側の枝に飾ってある白いポジャギは春布と韓紙と絹の交織布使用。M・Mさん製作中。
e0004756_2120123.jpg

モシのカフェカーテン、右上のモシのポジャギもM・Mさん作。
真ん中のピンク色のポジャギは、サクランボの枝染めの春布で。
左の青いモシのポジャギともにM・Kさん作。
e0004756_21215752.jpg

クッションカバーはM・Kさん作。
e0004756_2128791.jpg

e0004756_21412910.jpg

三人の友人達のおかげでポジャギコーナーが賑わいました。
ありがとうございました。

エゾノコリンゴの中途の藍染めポジャギは未完のまま。
次回作品展までに仕上げなくては。
もしかしたら次回作品展は晩秋ではなく、2~3年半後の夏頃になるかもです!
これはあくまで私の願望ですが。

↓追記はこちらをクリック

ボタンの花に刺繍はこんな風。
[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-28 21:57 | ポジャギ | Trackback | Comments(0)

第8回キルト・フェアinオホーツク 壁飾りから和小物 (追記あり)

作品展の続きです。
遠くから参加の作品のご紹介。

e0004756_20194593.jpg

↑↓札幌市在住のY・Sさんの作品。
e0004756_20205596.jpg

e0004756_2035613.jpg

↑旭川在住のT・Kさん作。
パターンは網走にいた頃に縫ためたものを今回仕上げた。
e0004756_20243564.jpg

↑こちらもT・Kさん。題は「空っぽ」
↓原画はお孫さんの書いた絵。
e0004756_20283834.jpg

旭川市のT・Sさん作。
e0004756_20402943.jpg

北見市のK・Iさん作。
ウールの玄関マットとクッション。すべてミシン縫い。
e0004756_20432258.jpg

四方に貼ってあるのは40㎝角の作品たち。真ん中のはY・Nさん作。
e0004756_20455144.jpg

よくよく見ればイラスト風。K・Tさん作。
e0004756_2053873.jpg

     和の壁飾りはA・Kさん作。
e0004756_20585668.jpg

     和小物のコーナー。ピエロたちはH・Kさん作。
e0004756_2132461.jpg

     八地蔵?Y・Oさん作。
e0004756_2165193.jpg

     つるしびなも。こちらはH・YさんとE・Mさんの友情出品。
e0004756_2142081.jpg

     ウサギ新郎新婦。Y・Oさん作
e0004756_2174814.jpg

     こちらも下げ飾り。
e0004756_2161223.jpg

     ウサギの五人きょうだい。エゾノコリンゴ作。
e0004756_21102624.jpg


つづく

↓追記はこちらをクリック。

地蔵様やウサギ新郎新婦と田舎家
[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-26 21:12 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

第8回キルト・フェアinオホーツク 和のキルトなど 

前々回の作品の続きです。
部分UPも追加しました。
初参加のT・Gさんの作品。
e0004756_206781.jpg

e0004756_2075559.jpg

こちらもT・Gさん作。手拭いを活かして。
e0004756_20453192.jpg

エゾノコリンゴ作。
e0004756_20103997.jpg

e0004756_20113721.jpg
e0004756_20122133.jpg


e0004756_20134483.jpg

H・Kさんの作品。
e0004756_20185716.jpg

e0004756_20193896.jpg
e0004756_20204387.jpg


e0004756_2018127.jpg

やはりH・Kさんの作品。こちらも和のキルト。
e0004756_20255856.jpg

e0004756_20281482.jpg
e0004756_20285488.jpg


初参加のM・Oさんのお姑さん作。
e0004756_20351727.jpg

e0004756_20361615.jpg

e0004756_2045152.jpg

K・Tさん作。
e0004756_21221682.jpg

こちらは、K・Tさんがパターンをもらいうけてチャリティー制作したキルト。
e0004756_21143175.jpg

e0004756_205426100.jpg
e0004756_20545470.jpg


A・Kさん作。コラージュ作品です。
e0004756_2121296.jpg

e0004756_2134270.jpg

M・Oさんの初めてのキルト作品はウォーターカラー。
e0004756_2145023.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-23 21:55 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(2)

第8回キルト・フェアinオホーツク 昨日無事終了 

昨日は最終日でした。
お天気にも恵まれて盛況で終了することができました。
e0004756_9245673.jpg

e0004756_9255870.jpg

e0004756_927626.jpg
e0004756_9283844.jpg

観に来てくださった方々、
OG出品して下さった方々、
友情出品して下さった方々
ブログで観て下さる皆さん(こちらはまだ続きます)
ありがとうございました。
e0004756_922068.jpg
e0004756_9212988.jpg


和のキルトやポジャギのコーナーについては後ほど。
e0004756_930211.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-23 09:32 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(4)

第8回キルト・フェアinオホーツク 二日目(追記あり)

雪こそ降ってきませんが、曇りがちな一日でした。
今日もたくさんの方々に来ていただきました。
e0004756_21261447.jpg

旭川から観に来てくれたキルターズOGのUさんを囲んで。
e0004756_2123699.jpg

このフレンドシップキルトは、K・Kさんの作品。
e0004756_21395694.jpg

e0004756_2134514.jpg

ばらのキルトはT・Kさんの作品。ベッドカバー大。
e0004756_21403887.jpg

e0004756_21433166.jpg

ダブルウェディングのキルトは、Y・Oさんの作品。
e0004756_2146193.jpg

丁寧に刺されたチューリップの刺繍。
e0004756_19465566.jpg

e0004756_21493610.jpg

ホワイトワークが緻密なS・Oさんの作品。
e0004756_2152475.jpg

トラプントです。
e0004756_19475576.jpg
e0004756_19481412.jpg


こちらもS・Oさん作、第5回の出品作にさらにキルティングを加えた。
e0004756_22153745.jpg

レインボーカラー糸を使ったキルティング。
e0004756_19524077.jpg

花園のイメージのT・Yさんの作品。
e0004756_22141717.jpg

花刺繍の額縁を囲んで構成されてます。
e0004756_19541319.jpg
e0004756_19543457.jpg


e0004756_22204278.jpg

こちらもT・Yさん作。
e0004756_21272722.jpg

e0004756_2128076.jpg

Y・Nさんの作品。
e0004756_22245027.jpg

周囲には四つ葉のクローバーのキルティング。
e0004756_2228572.jpg

e0004756_2233291.jpg

続きはまた後日。
16時を過ぎ、外へ出たら空に月が。
e0004756_22352745.jpg


展示は明日の15時まで。
[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-21 22:30 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

始まりました

第8回キルト・フェアinオホーツク始まりました。
e0004756_205618.jpg

たくさんの方々に観に来ていただいています。
e0004756_2073445.jpg

e0004756_2084816.jpg

ポジャギのコーナーは前回よりぐっと広くなりました。
e0004756_2092711.jpg

e0004756_20233822.jpg

エコーセンターのロビーにある展示コーナーです。
e0004756_20104422.jpg

ロビーからは網走川の向こうに街が見えます。
河口に近いので漁船が並んでいます。
e0004756_20223293.jpg


今朝はうっすらと雪が積もっていましたが昼間は気温が上がりとけました。
夕方になってまた冷え込んで16時に展示を終了させて会場を出た頃には
早くも日はとっぷり暮れていて道路は凍結状態。
冬の始めは運転も慎重になります。

個々の作品については後ほど。

2週間前に完成した私の出品作です
[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-20 20:11 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

いよいよ明日から

午後から搬入に行ってきました。
e0004756_19572617.jpg

12人で3時間かけてなんとか展示終了。
e0004756_19575427.jpg

たくさんの方々に観ていただけますように。
[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-19 20:11 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

雪が降りました

今朝、目覚めてキッチンのブラインドを上げたら外は雪降り。
さくらんぼの木の葉っぱはほとんどなくなって。
e0004756_20594523.jpg

エゾノコリンゴも、実はまだたくさん残っているけれど。
e0004756_2121017.jpg

e0004756_213459.jpg

暖房のない部屋に置いてある水栽培のヒヤシンス。
e0004756_2191018.jpg

水苔栽培も試してみました。
右はヒヤシンスで左のはムスカリ。
以前はクロッカスを植えてあったオランダ製のポットです。
茎の長いムスカリがどんな風に咲くのか楽しみ。
e0004756_2194692.jpg

作品展の和小物飾り用に、久しくご無沙汰の紐結びをしてみました。
本と首っ引きで悪戦苦闘。
特に房作りは難しい。
本に載っている房は、打ち紐をほどいて作るとあるのだけれど・・・
使っている打ち紐は固めで結びやすいのだけれどほどくのは至難。
諦めて絹の縫い糸を巻き巻きして作りました。
指先の乾燥で絹糸扱うのは辛いです。
e0004756_21215762.jpg
e0004756_2122534.jpg


まだすぐには根雪にはならないと思うけれど、
雪を見るともう心は春待ちになってしまいます。
[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-11 21:42 | | Trackback | Comments(0)

あと2週間足らず

パッチワークサークルの作品展まであと12日。
e0004756_21523626.jpg


先週末は冬の寒さだったのに、
昨日は暖かく穏やかな一日。
能取岬へ出かけてきました。
e0004756_2157556.jpg

オホーツク海の向こうに見えるのは知床連山。
e0004756_21593521.jpg

牧場にはもう馬や牛たちの姿はなく、広がる景色はすでに冬枯れていました。
e0004756_2201318.jpg


自分の出品作は仕上がったので。
[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-08 10:02 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

収穫のしめくくりは、赤と紅!

急に寒くなりました。
今朝は、雪もちらついていました。
e0004756_1914389.jpg

先週末に車のタイヤを冬用に履き替えておいてよかった!
でもまだ内陸のように積もったりはしていませんが。

先月末までに菜園や庭の収穫もすませ連日越冬準備です。
e0004756_8174725.jpg
八月の半ばに蒔いた赤蕪、例年の半分くらいの収穫でした。
二日間干して、薄切りにして塩漬けしました。
水が上がったら甘酢に漬けます。
e0004756_818927.jpg


e0004756_8192128.jpg
紅芯大根はよくできました!
紅芯は中が紅くなるのだけれどたまに間違って外側が紅いのもあります。
遺伝子が組み変わってしまうのだろうか・・・。
紅芯大根は改良品種なのかもしれませんね。
e0004756_819468.jpg


庭のエゾノコリンゴも赤い!
e0004756_8304342.jpg

コリンゴの大きさはさくらんぼくらい。
凍(しばれ)る前に収穫です。
e0004756_8313077.jpg

やっぱりジャムにしました。
e0004756_834872.jpg
ひたひたの水を入れて、
果肉が煮くずれるまで火にかけます。
e0004756_835229.jpg


e0004756_8362839.jpg
ガーゼを敷いて、ポタポタ落ちる汁と果肉にわけます。
しぼったりしてはいけません。ひたすらポタポタを待ちます。
e0004756_8365686.jpg


2キロの収穫で、1リットルの透明な汁がとれました。
砂糖500グラムを加えて、さらに煮つめてジェリーに。
e0004756_8373277.jpg

残った果肉は、ガーゼをはずして裏ごし。
1.5キロあったので、半量の砂糖(750グラム)を足して火にかけてジャムを作りました。
ちょっと酸っぱめのジェリーとジャムです。
e0004756_8391030.jpg


紅いといえばボルシチも。
[PR]
by hokui44do05 | 2009-11-02 20:15 | 菜園 | Trackback | Comments(0)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30