北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

十勝へ その3 しほろ温泉からオンネトー

26日朝、雨は上がっていました。

十勝の畑は秋色。
e0004756_2103732.jpg


しほろ温泉→本別→足寄→オンネトー
オンネトーの湖面ははとても美しい。
訪れる度にうっとり。
青空も湖面に映ってます。
e0004756_2163239.jpg

雌阿寒岳(左)と阿寒富士が並んで見えました。
e0004756_2134878.jpg

まだ夏の湖。
e0004756_2143324.jpg


オニヤンマがたくさん飛んでいました。
e0004756_2175721.jpg

黄色い花はハンゴンソウ。
e0004756_2192530.jpg


国道沿いには、オオハンゴンソウやアラゲハンゴンソウ、オオアワダチソウなど
外来植物ばかりがが群生して黄色の花を咲かせていました。
オンネトーで在来種のハンゴンソウの黄色の花を見ることができてほっとしました。

オンネトーからは阿寒湖→弟子屈→川湯とのコースの予定でしたが、
黒雲の出現により断念。

オンネトー→津別
どしゃぶりとなりいっとき待避所で待ちましたが、
大型トラックが何台か通ったので後ろからついていくことに。
釧北峠を抜けると雨足は弱まってほっと一息。

津別・相生・道の駅にて休憩。

アエプの石窯パンを買い、
名物のお豆腐と厚揚げも。
そしてお蕎麦でランチ。

津別→美幌→女満別→網走
美幌を過ぎ、国道を回避して農道を走っていたのですが、
大空町女満別に近づくと雨足がまた強くなりました。
ワイパーの速度をあげても追いつかないくらい。
再び国道に出ると、側溝から水が溢れ出て、道路を流れています。
それでもなんとか無事信号に引っかかずに通り抜けられ、
自宅へ帰ることができました。

皆様、ゲリラ豪雨にはお気をつけ下さい。
[PR]
by hokui44do05 | 2011-08-31 21:09 | | Trackback | Comments(0)

十勝へ その2 忠類から襟裳岬

中札内→忠類へ
24日、宿泊はナウマン温泉ホテル arco236
温泉は透明のぬるぬるでお肌ツルツル。
長湯はできない私にとってもいいお湯でした。

翌日、朝食後外は雨降り。
昨日の夕方は雲間に見えていた日高山脈の山々もぜんぜん見えません。

宿舎のお隣には道の駅、並んで忠類ナウマン象記念館があります。
e0004756_21472026.jpg

「1969年にナウマン象化石が忠類で農道の工事中に発見。
その後1970年11月まで発掘調査。
発見された化石は約12万年前のもので24歳ぐらいの雄の象と推定。
ここに展示されているのは復元品です。
出土した全骨格の70~80%にあたる47個の産出化石骨は
北海道開拓記念館に所蔵」とありました。
e0004756_226594.jpg


忠類→大樹→広尾
雨の中、国道236号線を南へ走りました。

広尾からは通称天馬街道を走って浦河へ。
山間の道です。
秋の紅葉が綺麗そう。
途中、4,230mの長~い野塚トンネルを通過。
このトンネルはほぼ直線でしたが、
通過するまでトンネルの長さを認識していなかったので驚きました。

浦河が近づいてくると、馬の牧場が見られます。
サラブレッドの産地なんですね。
雨が降っているせいか馬たちの姿はあまり見られませんでした。

浦河→襟裳岬 
海沿いの道路です。
えりも町までは風はあまり吹いてなかったのですが、
岬に近づくにつれ強まってきました。
e0004756_21272928.jpg

岬にて昼食。
e0004756_21263363.jpg

名物ラーメンを食べました。
e0004756_2128797.jpg


↑食堂兼お土産屋さんと↓風の館とは雰囲気にずいぶんギャップがありました。

風の館に展望室があるらしいので入ってみました。
e0004756_21285643.jpg

風の館は、岬の景観に寄り添うような建物で入り口までの回廊はこんなふう。
e0004756_21424357.jpg

展望室からの眺め。
岬はゼニガタアザラシの生息地です。
ゼニガタアザラシは岩と同じ色をしているので見分けが難しい。
望遠鏡を使ってで目をこらしてみましたが見つけられず・・・。
e0004756_21455146.jpg

e0004756_21465959.jpg


風のシアターで上映されていた「アザラシの棲む岬」はなかなかよかった。
自然写真家倉沢栄一撮影。
残念なことに倉沢氏は昨年知床にて急逝されていました。(享年49歳)

e0004756_22142573.jpg

風の館には入館せずに螺旋階段を上ると、岬の突端へ続く遊歩道に出られます。
雨も降ってるし強風につき、撮影不能で早々にひきあげました。
e0004756_22145789.jpg

晴天の日に来たかった!

襟裳岬→広尾
襟裳岬から黄金道路と呼ばれている海沿いの道を広尾に向かいました。
海に沿った道はカーブしていて遂道も多い。
えりも黄金トンネルは、天馬街道のトンネルよりさらに長くて4、941m。
このトンネル、カーブもあっておまけに途中工事中で片側通行の箇所もあり、ちょっとドキドキ。
原付バイクや自転車での旅行者も見かけましたが、長いトンネル通過はシンドイだろうなあ。

この黄金道路とても立派。
非常にお金がかかっているのはうなずけます。
見合っているかどうかは??

広尾→大樹→忠類→幕別→しほろ温泉
25日はしほろ温泉に宿泊。
しほろ温泉はモール温泉で湯の色は茶褐色。
しっとりツルツルで気持ちのいいお湯でした。
[PR]
by hokui44do05 | 2011-08-30 21:49 | | Trackback | Comments(0)

十勝へ その1 中札内美術村

相方が遅い夏休みで(8月24~26日)一緒に十勝へ行ってきました。

北緯44度からは、約3時間半。
津別→足寄→本別→幕別→中札内のコースです。

まずは中札内美術館内のポロシリにて腹ごしらえ。
e0004756_10314393.jpg

豆おこわにキャベツのサワー漬け。
e0004756_100991.jpg

野菜グラタン。トマトたっぷりでさっぱり味。
e0004756_20432461.jpg

林の中に美術館などが点在。
e0004756_20501574.jpg

秋の花いろいろも。
キク科の花?
e0004756_20522171.jpg

ハギ(萩)とツリガネニンジン(釣鐘人参)?
e0004756_20535447.jpg

e0004756_2101431.jpg

e0004756_2125336.jpg

林にはカシワ(柏)が多い。
e0004756_21102664.jpg

オオイタドリ(大虎杖)の花。
e0004756_21105578.jpg

キンミズヒキ(金水引)
e0004756_21172478.jpg

廃線になった旧国鉄広尾線で使われていた枕木を敷いた木道を歩きます。
e0004756_1122439.jpg

いちばんに目指すは小泉淳作美術館。
小泉淳作は鎌倉生まれの日本画家。
50代半ばでようやく日本画家として認められ今年で86歳。
e0004756_21251726.jpg

私たちがここに来たのは2回目。
前回(2004年8月)は、京都建仁寺の天井絵、二つの龍の絵を奉納後間もない頃でした。
今回は、奈良東大寺本坊にふすま絵、垂れ桜と蓮の花の絵が昨年奉納されたばかり。
どちらの絵も制作は中札内(廃校になった小学校の体育館や美術村内)で行われたとのこと。
現在美術館ではこれらの絵の小下絵が見られます。
他の風景画や静物画も見応えがあるものばかりでした。
e0004756_10335847.jpg

次は相原求一郎美術館。この建物は、帯広市内にあった銭湯を移築したもの。
e0004756_10364452.jpg

相原求一郎は川越出身の洋画家。
山の絵が多い。この山は、北緯44度からよく見える斜里岳(1995年)。
e0004756_10475118.jpg

こちらは十勝平野の冬の景色でしょうか。(1992年)
e0004756_10512280.jpg

この美術村にはもちろん坂本直行の絵もあります。
e0004756_10554439.jpg

e0004756_10563068.jpg

美術館内から森を眺めるのもまたいい。
e0004756_10545259.jpg

e0004756_10532278.jpg

e0004756_10525155.jpg


ちょっとさみしかったこと。
[PR]
by hokui44do05 | 2011-08-28 11:13 | | Trackback | Comments(2)

森にも秋の気配

風が涼しくなってきました。
久々に森へ。
e0004756_2044295.jpg

ノリウツギ(糊空木)は夏の名残り。
e0004756_20114322.jpg

小さい秋見っけ。
e0004756_2055449.jpg

ただいまお食事中。
e0004756_2064369.jpg

食欲旺盛なお母さんリス?
e0004756_207647.jpg

オホーツク海沖に小さく漁船。定置網漁でしょうか。
今、オホーツクサーモン(カラフトマス)獲れてます。
e0004756_2083944.jpg

ではまた今度。
e0004756_2015758.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2011-08-22 20:26 | 散策 | Trackback | Comments(0)

カリカリ赤梅の甘漬け

今年は昨年に引き続き、
6~7月の低温と長雨、雹害もあったりで梅の出来がよくありません。
それでも、近くの野菜即売所でかたい梅を見つけたので2キロ購入。
e0004756_20571787.jpg

一晩水に漬け、翌日20%の塩をまぶしてがっちり重しをして漬け込みます。
キッチンの足元に置いておき、時々上下をかえて1~2日おいてしっかり水が上がったら
梅を取り出して流水にさらしながら半割りにして種をとります。
梅酢は甘漬けでは使わないので別に保存。
e0004756_2155337.jpg

かたい梅はなんなく種がとれます。
e0004756_217020.jpg

半割にした梅は半日塩出ししてから瓶に詰め、甘酢(酢3カップ、砂糖400g)をかけ、
もみ紫蘇で蓋をして漬け込み完了。一カ月たったら食べられます。
e0004756_2045434.jpg

追加でまたかたい梅1キロ購入して梅酒も作りました。
e0004756_205983.jpg


庭のトマト、なかなか熟してきません。
e0004756_2064783.jpg

ようやく一つ赤くなったので収穫。
e0004756_2072728.jpg

鋏を扱う手元がくるったのか一緒に青いトマトが落ちてしまいました。
e0004756_2085177.jpg

もったいないので煮ることに。
e0004756_20101057.jpg

35%の砂糖を加えてジャムになりました。料理にも使えそう。
e0004756_20104923.jpg


山母子と鬼百合
[PR]
by hokui44do05 | 2011-08-17 21:21 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)

残暑お見舞い申し上げます

今日はおそらくこの夏いちばんの暑さ。
e0004756_21115476.jpg

夏の陽射しを浴びて、ちょっとぐったり。
e0004756_2112473.jpg

それでも秋の花が咲き始めました。
e0004756_2113533.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2011-08-11 21:44 | ご挨拶 | Trackback | Comments(6)

中標津へ

このところ蒸し暑い日々が続いています。

中標津へ行ってきました。

清里峠を通ります。
途中の裏摩周展望台から。
e0004756_1955356.jpg

ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)。
ヒヨドリ(鵯)ではなくウグイスが啼いていました。
e0004756_19575799.jpg

中標津は牧場の多い町。
e0004756_19533289.jpg

開陽台からは360度の展望。海は見えず残念。
e0004756_21511965.jpg

e0004756_2152340.jpg

暑いからか牛たちは高台に集まっていました。
e0004756_21522958.jpg

手前はノリウツギ(糊空木)、別名サビタ。
e0004756_21525064.jpg

お昼は牧場レストラン牧舎にて。
e0004756_2146184.jpg

レストラン牧舎は佐伯農場の中にあります。
荒川版画美術館も併設。
e0004756_2219489.jpg

こちらには三人の版画を展示。
e0004756_22211170.jpg

他に牛版画も観られます。牛が今にも飛び出してきそうな版画でした。
敷地内を流れる荒川。小さな子どもだったら喜んで遊べそうな川。
e0004756_22255342.jpg

何やらオブジェがあちこちに。
e0004756_2240359.jpg

e0004756_2240565.jpg

e0004756_2301833.jpg

e0004756_2248178.jpg

ススキ。
e0004756_231721.jpg

菜園もオブジェ風に。
e0004756_232148.jpg

花壇もありました。
e0004756_2331416.jpg

e0004756_2333666.jpg


街ではチーズとヨーグルトを買ってきました。
[PR]
by hokui44do05 | 2011-08-07 23:08 | ドライブ | Trackback | Comments(4)

2011年 夏のジャムづくり 

今年もグスベリちょうだいしてきました。
e0004756_20294520.jpg

グスベリは、砂糖をかけただけではあまり水分がでてきません。
それで白ワインと一緒に煮ています。
2キロのグスベリにグラニュー糖1.2キロ、白ワイン600cc。
中火にかけて、アク取りしながら15~20分で仕上げです。
e0004756_20313864.jpg

ジャムがまだ熱いうちに熱くしておいた瓶に詰めます。
蓋をかるく閉じて瓶ごと煮沸し、湯からあげて蓋をきっちり閉めて脱気します。
e0004756_20361633.jpg

使ったワイン。
e0004756_20364975.jpg
リムゼ(アイヌ語で踊り)フランス産の北海道限定ワイン。
赤白あって軽めのワイン。ワンコインで買えます!
e0004756_2037820.jpg


ワインは赤白常備しています。
飲むだけではなく料理にもよく使います。
高いワインは買いませんが
キルク栓のものを選んでます。
e0004756_2042564.jpg

今飲んでる赤ワイン。
e0004756_2043185.jpg


ハスカップはフルーツ園へ採りに行ったのが遅かったのか
1時間以上かけて摘んで1キロにもなりませんでした。
e0004756_20553329.jpg

e0004756_2151417.jpg

鍋の周りについたのもこそげおとしてジュースにします。
e0004756_2163788.jpg

摘みに行ったフルーツ園で、オマケにもらったさくらんぼ。
e0004756_2141897.jpg


家のラズベリーは毎日採れてます。
e0004756_20582183.jpg

毎朝のヨーグルトにはそのまま生で食べますが余ったのは砂糖をかけてためておきます。
[PR]
by hokui44do05 | 2011-08-05 21:15 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)

夏の紫陽花

北緯44度では紫陽花は夏の花。
夏の陽射しに映えて咲いてます。
e0004756_2124227.jpg

こひきやさんの入り口にて。
小さな庭師に会いました。
e0004756_21293583.jpg

どれも美味しかったスィーツ。
左下のは本日のスィーツ・フロマージュ。フレッシュチーズしぼりに苺煮のせ。
中央上のはキャラメルマキアートケーキ。右下のは抹茶ムース。
e0004756_2132268.jpg


こちらはSさんの庭のアナベル。
e0004756_21354456.jpg

こちらはヤマアジサイ。
e0004756_21485013.jpg


友人Kさんの裏山ガーデンにはガクアジサイ。
e0004756_9434668.jpg


我が家の庭のガクアジサイはこれから。
e0004756_945228.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2011-08-03 21:31 | | Trackback | Comments(0)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31