北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

奈良と京都へ その4 藥師寺

唐招提寺と同じ西ノ京にある藥師寺へも行ってきました。
このお寺には2005年の秋に行っています。
e0004756_20522183.jpg

金堂の両脇には三重の塔があります。
こちらは西塔。
「西塔は享禄元年(1528年)に焼失し、昭和56年に453年ぶりに創建当時の白鳳様式をもって復興されました」
e0004756_2128040.jpg

東塔は現在大修理中です。(2009~20019完成予定)
藥師寺のほとんどの堂や塔は焼失していたものを復興したものですが
東塔だけは白鳳時代のものが残りました。
e0004756_21313790.jpg

東塔の相輪の上に取り付けられていた水煙が下ろされて展示されていました。
水煙降臨拝観展(平成25年9月16日~11月30日)開催中。
e0004756_21512587.jpg

飛天の透かし彫りがあります。横笛を吹いている飛天、舞い降りてくる飛天2体。
e0004756_2155831.jpg

表と裏に3体で6体これが4枚あるので24体の飛天が彫られていることになりますね。
東塔の水煙は、銅製なのでしょうか。「長年の風雪に耐え」た貫禄があります。

ここは発掘調査中。藥師寺の建物は龍宮造りと呼ばれていたそうです。
回廊もいずれ復興されるのでしょうか。
e0004756_19232716.jpg

e0004756_19242117.jpg


藥師寺の東塔の復興は、お写経勧進によってなされています。

10月18日
[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-31 23:14 | | Trackback | Comments(0)

奈良と京都へ その3 唐招提寺 つづき

鑑真和上御廟(お墓)に向かいます。
e0004756_2056183.jpg

e0004756_20582276.jpg

e0004756_20585932.jpg

e0004756_210116.jpg

e0004756_211451.jpg

e0004756_2112661.jpg

e0004756_2115562.jpg

e0004756_2122523.jpg

e0004756_213569.jpg

e0004756_213287.jpg

平成の修復を終えた金堂を観にくることができてよかった!
中学時代に訪れた唐招提寺、おぼろげではあるけれど記憶の片隅にありました。
e0004756_20435537.jpg

1250年の歴史を感ずることの出来る建物が、
「威容を取り戻し」て未来へ繋がることが今とても大切ことと感じられました。
e0004756_2016264.jpg

次回は花の頃に来てみたい。
e0004756_2135191.jpg

e0004756_2153129.jpg

唐招提寺を後にして藥師寺へ向かいました。
e0004756_21632.jpg


10月18日
[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-29 22:30 | | Trackback | Comments(0)

森の落ち葉は黄金色に輝いて

旅のレポートはちょっとお休みです。
e0004756_1956073.jpg

今日はは久々の青空なので買い物ついでに森を散歩してきました。
e0004756_19513928.jpg

マユミの実がはぜ始めてます。
e0004756_1953140.jpg

かさこそ音がすると思ったら表れたのはエゾリス。
e0004756_19583913.jpg

e0004756_2002196.jpg

e0004756_2041390.jpg

海からはゴーゴーと波の音。
知床連山は見えませんでした。
e0004756_202592.jpg

沖に定置網の浮子が並んで見えます。

アキアジ獲れてます
[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-28 20:31 | 散策 | Trackback | Comments(0)

奈良と京都へ その3 唐招提寺

唐招提寺へ行ってきました。
e0004756_19213685.jpg

e0004756_19223567.jpg

ここに来るのは、中学の修学旅行以来のこと。
2005年の秋に、お隣の藥師寺へは行ったのですが、
唐招提寺金堂は、平成の大修理(2000~2009年)中だったので拝観しなかったのです。
修理中に唐招提寺展、東京や札幌でもやってましたね。
平成の大修理についてはこちら

唐招提寺の境内は緑が多い。
e0004756_19235135.jpg

e0004756_1053692.jpg

金堂の左手を行くと戒壇があります。
戒壇とは僧ととなるための受戒の場所です。
建物は焼失のため残るは3階段のみ。
上に乗っかっている円形建物は後からインドのお寺を模してます。
e0004756_19431436.jpg

e0004756_19434845.jpg

e0004756_19442276.jpg

戒壇の脇から蓮池があります。
e0004756_10462289.jpg

e0004756_1054113.jpg

菖蒲の実でしょうか?
e0004756_1055819.jpg

紅葉はまだ。
e0004756_10571273.jpg

e0004756_10573818.jpg

e0004756_1057584.jpg

萩の花は盛りを過ぎたようですね。
e0004756_1059619.jpg

開山堂には鑑真和上身代わり像が展示されておりました。
e0004756_111119.jpg

本物の鑑真和上座像は御影堂にあります。
御影堂は6月6日開山忌舎利会の前後日で3日間(今年は前後2日で5日間と10月5~7日にも)の公開。

10月18日
つづく
[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-28 10:29 | | Trackback | Comments(0)

奈良と京都へ その2 奈良倶楽部

幾度観てもうっとりしてしまうポジャギたちが、迎えてくれるお宿です。
e0004756_2143887.jpg

奈良倶楽部の朝食、美味しさはかわらずに。
中央の硝子ボウルにはカリフラワーのスープが。
e0004756_215385.jpg

テーブルには小さなお花。
e0004756_2116866.jpg

ロビーの窓辺のポジャギ。
e0004756_21164035.jpg

e0004756_21173754.jpg

2階、奥の窓辺。
e0004756_21182955.jpg

お花のしつらえもやっぱり素敵でした。
e0004756_21211755.jpg

e0004756_2123490.jpg


今回は図書室でゆっくりできなくて残念。
e0004756_19301364.jpg

e0004756_1932812.jpg

カイズカイブキの葉っぱが綺麗。
可愛らしい実がついていました。
e0004756_1933737.jpg

e0004756_21255454.jpg

e0004756_2126923.jpg


次回はどんな季節に来ようかな?
e0004756_2133563.jpg

e0004756_21341762.jpg


奈良倶楽部のHPはこちら
10月18日
[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-23 21:05 | | Trackback | Comments(4)

奈良と京都へ その1 夕暮れの東大寺付近

先週木曜日から日曜日まで関西へ行ってきました。
水曜日は台風26号の影響で大嵐、道内雪の降った所もあったようですが
オホーツク海側は雪にはならず暴風雨でした。
翌朝は天候は回復し飛行機は予定通り9時25分出発。
関西までの直行便はないので
羽田乗り換えで伊丹へ。
奈良まではリムジンバスを使いました。

お宿の奈良倶楽部に到着は、16時を回っておりました。
奈良倶楽部に泊まるのは、2007年3月以来だから6年半ぶりなんですね。

日が暮れないうちにと東大寺へとお散歩です。
奈良倶楽部の並びの五劫院。
e0004756_2031355.jpg

東大寺の境内に入ると鹿達が。
e0004756_20323621.jpg

e0004756_2033342.jpg

e0004756_20333130.jpg

↑大仏殿、横から。
↓大仏殿、正面。遅かったので大仏様の拝観はならず。
e0004756_20335390.jpg


e0004756_20344879.jpg

↑兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)
↓持国天
e0004756_20351730.jpg

奈良国立博物館にて、正倉院展は26日(土)から始まります。16日間の開催。
e0004756_20461935.jpg

e0004756_21314058.jpg


夕ご飯は、きたまちに昨年オープンのかやくにて。
e0004756_21152516.jpg

おばんざいセット美味しかったです。すみません画像は一皿目のみ。
その後は、お造り(といっても生刺身ではなく酢〆の鯖と焼〆まぐろ)
カマスの焼き物(炭火焼き)、天ぷら(サツマイモに京イモと他一品)でした。

そして後でいただいたかやくご飯(羽釜炊き)の焼きおにぎりがいちばん!
お味噌汁は赤だしでした。

寒いので熱燗をいただきました。奈良も前日より10℃近く下がったようです。
それでも震えていたら、ハロゲンヒーターを出してもらえました。
道民は部屋の寒さに弱いのです。
室温20℃を下るとストーブつけてしまいます。
私は17℃くらいまでは我慢していますが。

このお店、ランチもよさそうです。

ゆっくりと暖まって外へ出たら、
満月2日前の月の明るいこと!
e0004756_21205063.jpg


10月17日
[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-22 21:44 | | Trackback | Comments(0)

霜の降りる前に収穫

昨日は午後菜園へ。
ビーツ、インゲン、ズッキーニ、韓国カボチャ、
そして一つだけ残っていた日本カボチャは今季最終の収穫。
e0004756_2104810.jpg

ビーツ(バケツの中)は結局あまり大きくなりませんでした。

霜に当たっても大丈夫な
紫色の大根と長ネギ、人参と赤カブ、
カリフラワーと芽キャベツはまだ残してあります。
草もたくさん生えたけど霜よけになるかもと放置。

家のキッチンガーデンのミニトマトも最後の収穫。
e0004756_21362897.jpg


ツルコケモモはこれだけ、昨年より少ないかも。
e0004756_21413952.jpg


昨年相方がもらってきた球根いろいろの中にあったつるっと丸い球根のは、
春には葉っぱだけでしたがいつの間にか葉っぱはなくなり秋になったらピンクの花が咲きました。
この辺りの庭でよく見かけるイヌサフラン(別名コルチカム)でした。
イヌサフランはユリ科ですが、球根にも茎にも毒があるらしい。
ミョウガと間違ったり、ギョウジャニンニクの間違って食したりすると危ない。
e0004756_13485181.jpg

赤いめしべを乾燥させて、ブイヤベースなどに使われるサフラン(アヤメ科)も秋に咲く花で
花びらの色はイヌサフランそっくり。
サフランも植えたことあったけれど、いつの間にか消えてしまいました。

左の花はラミウム(オドリコソウ)。
e0004756_1431555.jpg

ナツユキカズラがまだ咲いてます。
e0004756_1441966.jpg

キッチンガーデンのタイバジルの花。
e0004756_1445572.jpg


余市産の洋梨ブランデーワイン追熟中。
小ぶりでずんぐり。今のところ芳香なし。
e0004756_14125738.jpg


大型台風来てますね。大きな被害などないように通過しますように。
[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-15 19:58 | 菜園 | Trackback | Comments(0)

ルバーブといちごのジャムと洋梨のコンポート

ここのところ温かい日々です。

霜が降りる前にと庭のルバーブを採りました。
植えっぱなしになっているので細いものしか採れず500gぐらい。
冷凍庫にあったいちごサマーベリー500gと一緒に
グラニュー糖500g加えて煮ました。
e0004756_2034428.jpg

強火で煮上げて色よく仕上げ。
e0004756_20422567.jpg

すだちも絞って仕上げに加えました。
e0004756_20393696.jpg


余市産の洋梨バートレット。
e0004756_21251178.jpg

完熟したらすぐに食べないと傷みが早いので残りを煮ました。
シロップ煮したものは10分ほど煮たら一度引き上げておきます。
e0004756_21111410.jpg

アニスシードと白ワインを加えて煮詰めてから冷ましておきます。
e0004756_21134550.jpg

引き上げておいた梨と一緒に瓶に詰めます。冷蔵庫で保存。

すみません。食べた後のお皿です。
e0004756_21104997.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-10 21:37 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

絹笠浩子さんのパッチワークキルト展 その2 木綿のキルト

ドランカーズパスのベッドカバー。
お孫さんのために制作したベッドカバー。
現在使用中のものを拝借です。
e0004756_2047152.jpg

こちらも別のお孫さん用。
カレイドスコープのパターン。
e0004756_20522746.jpg

円の重なり100×120センチ。
e0004756_20562720.jpg

四角二分割の連続模様。紅葉と空。100×120センチ
e0004756_20595520.jpg

ウールのマット。ツイードのコートをリメイク。
e0004756_215684.jpg

モノトーンの40センチ角。
e0004756_21141974.jpg

藍のチューリップ。40センチ角。
e0004756_21151422.jpg

糸巻き「の40センチ角。
e0004756_21161762.jpg

ログキャビンのサンプラー、40センチ角。
e0004756_21171535.jpg

会津木綿の40センチ角。
e0004756_21181462.jpg

和切れ遊び。40センチ角。
e0004756_21185817.jpg

40センチ角、3枚。
e0004756_2110013.jpg

40センチ角2枚と秋の古民家飾り。
e0004756_21104841.jpg

中央の棚には小物コーナーも。
e0004756_21222383.jpg

e0004756_21295637.jpg


e0004756_21301281.jpg

e0004756_2130282.jpg

近隣の町からも観に来ていただきました。
e0004756_21322173.jpg

お世話になった方々、流氷硝子館の皆様ありがとうございました。
e0004756_21354895.jpg

そして何より絹笠浩子さんお疲れさまでした。
e0004756_21364266.jpg

e0004756_21373099.jpg

2年後の網走キルターズの作品展にむけて、
これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-08 21:26 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

絹笠さんのパッチワークキルト展 その1 和のキルト

e0004756_20491142.jpg

2日間のパッチワークキルト展盛況のうち昨日無事終了いたしました。
観に来て下さった皆様ありがとうございました。

展示作品、まずは和のキルトをご紹介。
e0004756_20525929.jpg

お母様が着ていた紬の着物をほどいて作ったキルト。
「母の遺したもの」2007年作。
e0004756_21245170.jpg

↑パイナップルのパターン。本体のキルティングには赤い糸が使われてます。
ラティス部分のキルティングは和模様で。
e0004756_21242657.jpg

こちらも紬使用。
e0004756_21313112.jpg

金の糸でキルティング。
e0004756_21325374.jpg

e0004756_21334785.jpg

これも紬の着物2着分。
e0004756_21341576.jpg

キルト芯の入っていないキルトです。
e0004756_21374047.jpg

古い絹の着物地使用のキルトたち。
e0004756_21401447.jpg

e0004756_21410100.jpg

e0004756_21412330.jpg

e0004756_21433157.jpg

こちらは現代の日本の木綿地使用。「花火」2009年作。
e0004756_2146485.jpg

藍染めとヨモギ染め木綿地のサンプラーキルト。
e0004756_2149315.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2013-10-06 21:00 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31