北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小さな赤蕪と小さな袋

今日は晴れて暖かな一日。
夕方畑へ行って最後の収穫。

情けないほど小さな赤蕪です。
明日から3日ばかり南下します。
留守中、干しておきましょう。
帰ってから、塩漬けして甘酢漬けにします。
e0004756_22271370.jpg


アクセサリー入れを作りました。
蓋部分の丸みがきれいではありませんね。
e0004756_22291763.jpg

こちらは残り布。
e0004756_22313440.jpg


27年前に他界した父が使っていたネクタイです。
太めのタイプのネクタイなんですね。

ネクタイはまだまだあるので次はもうちょっと丁寧にアイロンがけして丸みをきれいに出したいと思います。
[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-31 22:40 | 菜園 | Trackback | Comments(2)

収穫最終

今日は晴れて妙に暖かな一日でした。

菜園は、10月いっぱいまでなので
最後の収穫に行ってきました。
e0004756_2029578.jpg

こちらは先週の収穫。
e0004756_2042265.jpg

まだ元気なブロッコリーや芽キャベツ。
e0004756_20302964.jpg

赤蕪はさっぱり成長してません。
e0004756_20423970.jpg

ぎりぎり31日金曜日にもう一度きてみることにしました。

ちょっとだけ採れた芽キャベツと3個だけ残っていた小蕪、ミニミニ人参の付け合わせ。
e0004756_20343495.jpg

ビーツは、りんごと一緒に、ヨーグルトマヨネーズで。
e0004756_2036015.jpg

ミニミニ人参はピクルスにちょうどいい。
e0004756_20502347.jpg

ビーツも小さいからピクルスにしようかな。
e0004756_20511010.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-26 20:52 | 菜園 | Trackback | Comments(0)

お細工物の講習会

先週日曜日、北方民族博物館にて
お細工物の講習を受けてきました。
講師は、北見にお住まいの浜田智津子さん。

作ったお細工物は、ハマナスの花。
e0004756_215208.jpg

ハマナスの花、作りながらの画像です。
花芯から作り始めます。
e0004756_2214474.jpg

e0004756_2223754.jpg

e0004756_2225375.jpg

花びらは全返し縫いで合わせます。
裁ち切りにして、内側2ミリを縫い線なしで針を進めます。
ひっぱりぎみに細かく縫うと綺麗なカーブに仕上がるようですが・・・。
e0004756_22392.jpg

e0004756_2235774.jpg

3時間以上かかってなんとかようやく完成。


古裂合わせ浜田智津子の四季のお細工もの
10月11日~26日まで北方民族博物館ロビーにて作品展示中です。
e0004756_21511141.jpg

作品の写真撮影は不可だったので遠目の写真を。
e0004756_21571280.jpg

見上げれば天井から下げ物の展示もありましたが高すぎ~。
e0004756_2158929.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-22 22:24 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

落ち葉の季節

今年もやってきました。
落ち葉の季節。

昨日は午前中強い南風吹きました。落葉もすすんでます。
久々に森を歩きました。
e0004756_19335031.jpg

e0004756_19341412.jpg

e0004756_19375342.jpg

e0004756_1938861.jpg

e0004756_19382659.jpg

海はしずかでしたが、知床連山はまったく見えませんでした。
e0004756_19384046.jpg


庭のさくらんぼの葉っぱも黄色くなってます。
e0004756_19313533.jpg

落ち葉入れも設置。
e0004756_19323483.jpg

コスモスはまだ咲き続けてます。
e0004756_19431136.jpg

エゾノコリンゴの実はもう収穫せずにつけておくことにしました。
e0004756_19443436.jpg


今日は午前中は雨が降り、午後からは気温が急降下。
明朝は寒そうです。
[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-21 19:49 | 散策 | Trackback | Comments(0)

イタリア旅行 フィレンツェ編 その5(追記あり)

イタリアでの田舎の料理教室で習ったお料理、再現しようと思いながらも
お盆過ぎたら盛夏はすぎていてあっという間に秋深まってしまいました。

習ったお料理の中で、作って見ようと思っていたのは
パプリカの詰め物(マグロとパプリカのインヴォルティーニ)。
持っていた本(『バッポの手作りプーリア料理』奥村千穂著 料理アントネッロ・アグルスティ2011年主婦の友社刊)に載っていました!
料理人のアントネッロさん。
e0004756_20361816.jpg

e0004756_2154992.jpg

料理教室ではマグロは切り身のまんま炒めてからほぐしてました(血合いは取り除いて)。
出来上がりはこんなふう。
e0004756_22104986.jpg


近所の野菜即売所で8月にはイタリアで見たのと同じくらい大きなパプリカ売ってました。
9月になったらぐっと小型になっていました。
次の夏が来るまで再現はお預けになります。

フィレンツェで買ったキッチン用のもの。

レモン搾り。
e0004756_21351793.jpg

左から、すりこぎ、ニョッキやパスタ用ころがし板、ラビオリ型抜き。
e0004756_21355293.jpg

オリーブオイルの注ぎ口。
e0004756_21361625.jpg

↑中央市場の入り口の向かいにあるキッチン用品の老舗(カーサリンギCasalinghi)にて購入。
このお店、キッチン用品いろいろごちゃごちゃたくさんあって見ていて飽きません。
お店の人(おばあちゃんと息子親子)がとても親切。
お客は私たちだけだったので手振り身振り交えていろいろ説明もしてくれました。

中央市場にて購入の缶入りオリーブ油。
e0004756_21363863.jpg

ドライトマト。
e0004756_2137172.jpg

乾燥ボルチーニ。
e0004756_21372527.jpg

市場内には生鮮食料品の肉、魚、野菜の他にハムなどの肉加工品の並ぶ店、
乾物屋さんやお土産に出来そうなものがたくさんありました。
e0004756_11415732.jpg

次の目的地オリヴィエートに向かう日の朝だったので時間不足。
フィレンツエが旅の最終地ではなかったのが残念でした。

中央市場一階は月~土朝7時から14時まで
中央市場の2階には今年春にオープンしたフードコートがあります。
ここは年中無休で朝は10時から夜24時までオープン。

フィレンツェ滞在最終日の夜は中央市場のフードコートで夕食をとりました。
生ビールも銘柄いろいろあって飲み比べできました。
サラダやハムやサラミ、チーズの盛り合わせ、各種パスタ、ピザやキッシュ、サンドウィッチ、
肉料理などの店が並び、中央にあるテーブルへ持ってきて食べられます。
シーフードの揚げたてフリットも美味しかった。
e0004756_11413144.jpg

デザートのお店もありました。

中央市場前にはテントのお店が並んでます。
お財布など革製品の店もありました。
e0004756_2120986.jpg

お財布購入。お札入れもついていますが日本の紙幣にはちょっと小さい。
e0004756_21204257.jpg


e0004756_21243628.jpg

↑↓ここでもらったおつり後から見たらなんだか変でした。
e0004756_2127653.jpg

明らかにユーロではありませんね。
e0004756_21241555.jpg


素敵なキッチンとお庭の畑でした
[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-19 22:13 | | Trackback | Comments(0)

エゾノコリンゴのジャムとジェリー

今年は我が家の木にも実がつきました。
先週末に収穫。
e0004756_20443959.jpg

右の白樺籠のが我が家のコリンゴ。左の竹籠のは友人宅のコリンゴです。
友人宅のは赤みが強くて真ん丸タイプ、我が家のは赤みと黄色みもあるタイプ。
e0004756_20451225.jpg

どちらも虫食いが多いので、半割にして確かめてからよいものを選んで煮ました。
結局三分の一くらいは虫食いで、正味900gくらいになりました。
e0004756_20481327.jpg

透明感があるのがジェリータイプ、不透明な方は果肉を裏ごしてあります。
e0004756_2051763.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-14 21:00 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)

曇天なれど紅葉狩りへ

今年の紅葉は例年より少し早いようです。
一昨日の大風で、ずいぶん散ってしまったかしらと思いながらも
屈斜路湖畔の川湯へ行ってきました。
e0004756_2151299.jpg

いつものように和琴半島を歩いてきました。
e0004756_2164665.jpg

まだ冷え込みが厳しくないせいか色づきがまだ今ひとつ。
e0004756_2111685.jpg

見上げると色づいたカエデが。
e0004756_21131326.jpg

ナナカマドは葉を落とし、実だけに。
e0004756_21142468.jpg

このあたりオヤコツ地獄といわれて地熱が高く火山活動が見られ、
温泉が湧き出ています。
e0004756_2115918.jpg

e0004756_2119403.jpg

e0004756_21233231.jpg

ミズナラのどんぐりがたくさん落ちてました。
e0004756_2123572.jpg


硫黄山の噴煙、あちこちから上がってます。以前より増えている気がする・・・。
e0004756_21273355.jpg

川湯温泉駅へ。
e0004756_21281648.jpg

お昼時の森のホールは混んでました。
e0004756_21302529.jpg

e0004756_2130574.jpg

蕎麦粉の石臼挽き用に水車のあるお蕎麦屋さんで。
e0004756_21315372.jpg

e0004756_21322477.jpg


台風19号、やって来てますね。
明日はこちらにも影響があるらしいです。
[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-13 21:39 | ドライブ | Trackback | Comments(3)

チェリーピロー

オホーツク海側、北緯44度は昨日の夕方から暴風吹きまくり。
今日になり風は昼前にようやく収まりましたが、雨が降りだしました。

外仕事は出来ないので家でチクチク。

今年のチェリーピロー。手染め木綿ブッチャーがまだあったので使ってみました。
e0004756_2104436.jpg

まださくらんぼの種はこれだけ残っている。
e0004756_20593728.jpg

あと二つくらいできるかしら。
e0004756_211656.jpg


少し前に作った、口金具入りポーチ。
e0004756_2132282.jpg

充電用コードなどの収納にぴったりでした。
e0004756_2134149.jpg


8月初め旅行前日に収穫したラズベリーとカシス、
砂糖をかけて冷凍保存してあったものを解凍して煮ました。
e0004756_2194022.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-11 21:13 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

イタリア旅行 フィレンツエ編 その4

フィレンツエ郊外トスカーナ・ヴァーリアの田舎のお料理教室へ参加してきました。
e0004756_143671.jpg

        ↑トスカーナの丘陵 カレンダーより 
ヴァーリアへは、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から列車に乗ります。
乗車券は、タバッチ(駅構内のタバコ屋さん)で買いました。
並んでいると後ろでこんなつぶやきが。
「ドゥーエ・ビリエッティ・ディ・トレーノ・レジョナーレ・トレンタ・キロメートリ・・・・」
そうそうこのフレーズ私も覚えてきました!
振り向くと、後ろのお二方は一緒に料理教室参加する若い方々でした。
30キロ分のローカル線のチケット2枚です。これで片道二人分。
e0004756_21451863.jpg

8時40分発のファエンツア行きに乗る予定でした。
列車発着案内の電光掲示板にホームの番号が出るのを確認しなければなりません。
発車時刻がせまっているのになかなか番号が表示されません。
ずいぶんやきもきして同行の方々の姿も見当たらなくなって不安になり携帯で千穂さんに電話してしまいました。結局定刻10分遅れで14番ホームと出ました。
ホームの検札器でガチャンとしないとならないのですが差し込んだだけではガチャンとなりません。
しばらくいろいろ試して右から左へすればガチャンと印字されることが判明。
これが印字されていないと、乗車中に検札に来た場合に料金の何倍も払わされるはめになるらしい。
10分遅れで8時50分に発車した列車、ヴァーリアには定刻9時8分に到着しました!
降りたら、お隣の車両から若い二人も降りてきて無事合流。
ヴァーリアの駅は無人駅です。駅には千穂さんが車で迎えに来てくれました。

駅から走ること15分くらいから舗装道ではなくなり急に山道になります。
ごろごろ岩の狭い急坂の狭いガタガタ道をのぼっていくとお家はありました。
元は僧院だった石造りの建物です。
千穂さんの夫アントネッロさんが自ら改造しながら暮らしてきて12年目になるそう。
買う時この家は茨と蔦に覆われた廃屋だったそうです。
年季のはいった修復はお見事。素敵なお住まいでした。
残念ながら私の撮った画像はないのですが、★千穂さんのブログでお家の様子がきっとわかります。
そしてこちらの本★でも。

さてアントネッロに教わったお料理は前菜2品、鯛のラビオリ、ズッキーニとエビのソース、パプリカの詰め物(マグロ入り)、デザートのアーモンドの冷たいお菓子です。

ちょうど昨日、夏の名残の料理にとナスのカポナータを作ってみました。
e0004756_15143761.jpg


庭のセロリの茎が堅めだったのでみじん切りにしてタマネギと一緒に炒め、菜園のズッキーニも1本あったので入れましたが洋梨はいれてません。
ゆっくり炒めたのに近くの野菜即売所で買ったナスの皮がかたくてちょっと残念な仕上がりでしたが、いつも作るラタトゥユとはまた違う美味しさでした。
ナスは塩してアク抜きしてから使うと油の吸収が抑えられるようです。

そういえば、8月半ばに近くの野菜即売所で買った米ナスとパプリカはトスカーナの野菜に負けないくらい大きかった。
e0004756_15531651.jpg

トマトも真っ赤になって甘かった。
e0004756_15533591.jpg

ちょうど息子が帰省中でオーブン焼きにして食べてしまいました。
e0004756_15535120.jpg


ナスやトマトにパプリカやズッキーニこれはやっぱり夏のお野菜たちですね!

フィレンツェ編 田舎の料理教室 つづく

★カポナータのレシピ
[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-09 21:30 | | Trackback | Comments(4)

赤い月

今日は皆既月食。
少し雲がありましたが、何とか見えました。
夜7時すぎくらい。
e0004756_21292727.jpg

8時50分くらい。
e0004756_2132693.jpg

↑街灯の真上になって明るすぎますね。
e0004756_2133336.jpg

9時40分くらい。まんまるお月様になってました。
e0004756_2140720.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2014-10-08 21:43 | らくがき | Trackback | Comments(0)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30