北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

青森へ女子旅 5 ねぷた村へ 

弘前では街中に宿泊。
ホテルに荷物を置き、近辺を少し歩きました。
マタニというレトロな洋菓子店があったので懐かしお菓子をお土産に。
左のはクッキー風ドーナッツ、右のはココナツ入りメレンゲどちらも懐かしの味で美味しかった。
e0004756_2125356.jpg

こぎん刺しも見たいということで
8年前に行った洋裁材料店のつきやとしまやにも行ってみました。
私はまたつきやさんでこぎん刺し用に麻布のハギレを少し買いました。
e0004756_21222322.jpg


百石会館の中のcafé「ことり」でコーヒータイム。
その後向かいのお菓子屋さん「笹の舎」ラグノオ佐々木でもお土産を買いました。
e0004756_21304032.jpg

果林(のしりんごみたいなお菓子)の包装紙はりんごの花。
ふじは旅行中は見かけず11月になってから出回るようでした。
e0004756_21341694.jpg

印度りんご、最近は全く見かけません。ふるさとはアメリカのインディアナ州なのでこの名が。
e0004756_21343356.jpg

未希ライフ。早生の品種で、酸味と甘味のバランスがあるそう。食べたことないなあ。
e0004756_21345517.jpg


翌日は友人の案内で、弘前ねぷた村へも行きました。
e0004756_21391851.jpg

弘前のねぷたは扇型。
e0004756_21394391.jpg

ねぷたやねぶたのお祭りは各所で形が違ってます。
e0004756_21422996.jpg

e0004756_21524813.jpg

ここでは、前田セツこぎん研究会のこぎん刺しの展示が充実していました。
津軽三味線の演奏もあり、聞いてきました。
庭園からは岩木山。
e0004756_228286.jpg


昨年10月にオープンの津軽工房社へも。
e0004756_22131398.jpg

e0004756_22124631.jpg

ここでは十数名の作家さんたちのこぎん刺しが置かれてました。
e0004756_2216261.jpg

私には作れそうにない小ささなので。
e0004756_22171766.jpg

草木染めのこぎん糸と刺し子糸を。
e0004756_2220964.jpg

友人は長財布を。
e0004756_22284354.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-31 22:28 | | Trackback | Comments(2)

シーズン最後の収穫

借りている菜園へ行ってきました。
午前中は風もなく陽射しがありましたが、
午後からは時折の風。重ね着して行きました。

長ネギは土掛けが今ひとつですが太くて鍋向き。
人参は間引きそこねて小さめがたくさん、バケツいっぱいになりました。
辛味大根、紅芯大根、小カブも少し、残ったビーツは小っちゃいのばかりでした。
e0004756_11112037.jpg

芽キャベツもそこそこに、ブロッコリーのわき芽もちょっとだけ。
小さなズッキーニは霜を免れた?
e0004756_11214414.jpg

これで畑仕舞いです。
e0004756_11123555.jpg

お隣の畑の大根は出来がよくなかったよう。
e0004756_1114798.jpg

菜園は今月いっぱい。
e0004756_11152493.jpg

もう冬はそこまで。
e0004756_11362789.jpg


我が家のキッチンガーデンも冬支度。
e0004756_11335091.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-30 22:09 | 菜園 | Trackback | Comments(0)

アイヌの編み袋、サラニプ(背負い袋)

今日は風の冷たい一日でした。気温も最高で6度くらい。
朝から北方民族博物館でアイヌの編み袋サラニプの講習を受けてきました。
e0004756_2120943.jpg

サラニプは、
「オヒョウニレやシナノキなどの木の内皮、ヤマブドウのツルの皮などを編んで作る袋」です。
e0004756_21252036.jpg

e0004756_21253851.jpg

オヒョウニレの方がやわらかく体になじみます。
e0004756_2126173.jpg


木の皮をはぐのは雪解けのすすむ頃、樹木の外側が水分を吸い上げている時です。
木の皮は細く裂いてから撚って紐状にしてから編みます。
ここまでの作業に時間と手間がかかりますね。

今回の講習では、ホームセンターで仕入れた麻紐を使いました。
e0004756_21354656.jpg

e0004756_21371156.jpg


ここまでは準備されていました。
e0004756_21401523.jpg

e0004756_214039100.jpg

e0004756_21433912.jpg

きっちり編んでいくのはなかなか難しい。私は2回もほどき直しました。
e0004756_2144778.jpg

e0004756_2155278.jpg

e0004756_2155495.jpg

四つ編みの紐をつけたらペットボトル入れ、完成です。
e0004756_21482957.jpg

このまま、お持ち帰りできます。
e0004756_21522355.jpg


講師の山田さん。白老のアイヌ民族博物館から来られました。
e0004756_2213173.jpg


私は家に持ち帰って仕上げました。
e0004756_21594362.jpg

ニンニク入れにでもしようかしら。

こちらの展示も始まってます。10月29日~11月27日まで
e0004756_2282658.jpg

こちらのレポートは後日。
[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-29 22:14 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

青森へ女子旅 4 津軽のりんご

黒石から弘前へ向かう途中、道路の両側、あちこちにりんご畑。
どこでも大きな赤い実がたくさん生ってます。
風の被害はあまりなかったんですね。
友人の実家のある住宅地の近くのりんご園へ行きました。
e0004756_20153225.jpg

e0004756_2017941.jpg

今採れている「大紅栄」。名前の通り紅色で大きい。
e0004756_20202037.jpg

中国で人気で高値がつくそう。
傷ついたものをいただいてきました。
家にある紅玉と並べると大きさがわかります。
酸味はなく、シャリッとした触感で蜜ははいりませんが、甘い!
私は酸っぱい方が好き、と言ったらジョナ・ゴールドも味見させてもらえました。
e0004756_20261270.jpg

木箱に入ったりんごが屋根付きの作業場にたくさん並んでいました。
おじいちゃん、親子二代の老若夫婦二組の5人で仕分け作業してました。
e0004756_20364934.jpg

洋梨「ラ・フランス」も作ってます。
こちらのハネ品もいただいてきました。
e0004756_21115740.jpg


お土産用のりんごは大きめなんですね。
e0004756_2044187.jpg

黄色っぽいりんごは「とき」です。
e0004756_20444546.jpg


夕食にいただいたりんごの冷製スープ。
e0004756_20505278.jpg

デザートの洋梨タルトとバニラアイス。
e0004756_21171430.jpg

りんごのお菓子もいろいろ持ち帰りました。
e0004756_2053268.jpg

     ↑↓道の駅にて。
e0004756_2054753.jpg

こちらも干しりんご。
e0004756_20552699.jpg

これは砂糖菓子。
e0004756_2056272.jpg

これはのしりんご風お菓子。
e0004756_20572518.jpg


りんごの季節に弘前に来られてよかった!
[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-28 21:30 | Trackback | Comments(2)

青森へ女子旅 3 いなかだての道の駅

黒石から弘前へむかう途中、田舎館の道の駅に寄りました。
ここでも網走では見たことのない地元産食べ物が並んでました。
入り口には大きなプリンが。
e0004756_2114182.jpg

食用菊。黄色の菊を友人からよくもらってました。
酢の物にすると美味しいです。
紫のは「もってのほか」というそう。
e0004756_2163454.jpg

お餅類がいろいろありました。
e0004756_2194728.jpg

e0004756_21102362.jpg

e0004756_21105578.jpg

お総菜もあります。
e0004756_21131166.jpg

ほっけ寿司とあるけれど、北海道の飯寿司とはちょっと違う。醤油漬け?
e0004756_21165481.jpg

これ買ってきたかった。ソース焼きそば時々とっても食べたくなるのです。
e0004756_21143986.jpg


いなかだて道の駅には田んぼアートされている様子を見る展望台があります。
もう稲の収穫は終わってしまったのでもう見られませんでしたが。

稲わらのニオが見られました。
e0004756_21285539.jpg

青森の新しいお米は「晴天の霹靂」
昨年デビューのお米です。
[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-27 21:48 | | Trackback | Comments(0)

青森へ女子旅 2奥入瀬渓流

奥入瀬渓流の温泉ホテル、部屋からの眺め。
e0004756_21201756.jpg

翌朝早くに。中央向こうにに見えてるのは八甲田山。雪があるように見えますが。
この朝、酸ヶ湯の道路は積雪があり、通行止めになったらしい。
e0004756_21363093.jpg

午前中、渓流沿いの散策路を少し歩きました。
e0004756_21423197.jpg

前日は強風で落ち葉がシャワーのようだったそうです。
e0004756_21441968.jpg

奥入瀬川の流れは速い。
e0004756_21451132.jpg

カメラマンはもちろん多いけれど絵描きさんもいました。
e0004756_21471167.jpg

木道の両脇の丸太、苔むしてます。
e0004756_21492470.jpg

小さな滝があったりも。
e0004756_2153119.jpg

緩やかな渓流となり。
e0004756_21541641.jpg

向こう側に岩肌が見えて。
e0004756_21551299.jpg

私たち三人は、石ヶ戸から馬門岩まで30分ほどだけ歩きました。
風もありかなり寒いのでホテルで待機していた友人に途中車で拾ってもらい、
十和田湖畔、子の口(ネノグチ)へむかいました。
e0004756_222134.jpg

湖畔の休屋で昼食。
この辺りはちとさびれぎみです。
震災の影響が直接津波の被害のなかった地域にも及んでいたのだと思われました。
ゆずりはのお店は健在でしたが、湖畔沿いの十和田観光ホテルはもう営業していませんでした。

強風のため遊覧船もお休みのようで早々に弘前へと湖畔沿い西側の道を走りました。
ここを境に秋田県になります。
途中、「和井内」という地名が目につきました。
「和井内貞行→ヒメマス養殖→十和田湖」は小学校の時教わり知ってました。
昼食をとった食堂の箸袋に、
十和田湖のヒメマスは、北海道の阿寒湖原産のものが支笏湖経由でやってきた、
と書かれていました。
ヒメマスは海に出ればベニサケ。
あの店でヒメマスの燻製お土産に買って帰ればよかった、、、。
阿寒湖では、ワカサギの佃煮はよく売られてますがヒメマスの燻製見かけたことがありません。

道々、色づく木々がトンネルのようで綺麗でした。
でも北海道と違って道が細めで中央線もなし、路肩もはっきりせず
カーブにミラーや標識も少ないので走りにくい。
こちら側の道は渓流沿いの道ほどの混雑はまったくなかったので助かりましたが。
それでもなんとかまた青森県に出られてホッとしました。

つづく
[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-26 22:26 | | Trackback | Comments(0)

青森へ女子旅 1

先週木曜日、朝8時45分に女満別を発ちました。
e0004756_14391921.jpg

千歳乗り換えで、ほぼ11時には青森空港へ到着。
風が強く、小さめ飛行機なので着地がスムーズではなかったので降りたらホッとしました。
e0004756_1441398.jpg

空港へは友人夫妻が出迎えて下さり、車で野辺地へ向かいました。
友人宅へ到着です。
e0004756_14421678.jpg

e0004756_14425820.jpg

e0004756_14442629.jpg

お昼ご飯をいただいてから、食後にお茶とお手製の栗のお菓子をいただきました。
強風なのでお庭を歩くことはなく快適なお部屋でしばしおしゃべり。
りんごとコーヒーもいただいてこれからは女子旅です。
e0004756_14445432.jpg


十和田市を通って奥入瀬に向かいます。途中の七戸で道の駅に立ち寄りました。
e0004756_1515020.jpg

このあたりは軍馬の産地でした。
物産館には地元の味がたくさん。
まずはこのとりあわせにびっくり。せんべいサンドの中身はお赤飯。
ここいらのお赤飯はとっても甘いのだそう。
e0004756_15381714.jpg

カシス味のお餅もありました。このお餅、柔らかくてそのままいただけます。
e0004756_1539521.jpg

ジョノ実って何?と思ったらガマズミのことでした。ジュースやお酒用。
飲んだことないけどどんな味なのか?ジャムにはならないのか?友人も知らないらしい。
e0004756_15432369.jpg

天然キノコもありました。
e0004756_165374.jpg

ミズもまだ採れるんですね。
e0004756_1652215.jpg

マコモダケは田んぼで採れるそう。食感がシャリシャリでタケノコみたいとか。
e0004756_16540100.jpg

サトイモの親イモですって。売られているのを初めて見ました。
e0004756_1655232.jpg

子芋や孫芋と同じように煮物にしたり、揚げても美味しいよと。
e0004756_166982.jpg



この後は、十和田市を通って、奥入瀬温泉のお宿へ向かいました。
[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-25 19:47 | | Trackback | Comments(0)

青森へ女子旅

20日から3泊で青森へ行ってきます。
e0004756_20494864.jpg

網走の仲間二人と、一昨年網走から下北引っ越していった友人を訪ねます。

青森へは2008年7月に行きました。
津軽の弘前のこぎん刺しが目的の旅。
あの時は、関東からの友人二人と弘前で合流の女子旅。
行きは22時発の札幌まで深夜高速バスを利用。札幌からは列車で函館乗り換え、
津軽海峡トンネルを通って津軽半島で青森でまた乗り換えて弘前へ行きました。
翌日14時ごろに駅前のコーヒーショップで友人二人と会えましたっけ。
網走から弘前まで14時間ぐらいかけての長旅でした。

今回は飛行機利用。女満別8時45分発で千歳空港で乗り換え青森着は10時55分。
なんと2時間足らずで行けてしまう!
青森空港から下北半島の野辺地へ。
十和田を通って、1泊目は奥入瀬です。

弘前と青森でも宿泊予定。

帰ってきたらレポートいたします。
[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-19 21:36 | | Trackback | Comments(2)

落ち葉の季節に

このところ昼間は暖かい。
それでも季節は進んでいます。
さくらんぼの葉っぱは黄色くなって落ちてきます。
e0004756_2061886.jpg

e0004756_2012140.jpg

歩道に落ちるさくらんぼの葉っぱなどは箒で掃き集めここに重ねておきます。
e0004756_2073424.jpg

エゾノコリンゴも実が目立つようになってきます。
e0004756_201330100.jpg

コスモスや
e0004756_201512.jpg

イヌサフランなどまだ咲いてます。
e0004756_20165151.jpg


弘前の紅玉が届きました。今年のはしっかり固く酸っぱくて美味。
e0004756_2018104.jpg

いつもながら煮りんごにしたり、
e0004756_20192815.jpg

パイ用りんごも作りました。
e0004756_20203049.jpg

キッチンガーデンの中型の青トマト(約1キロ)でチャツネを作りました。
e0004756_2022099.jpg

青トマトは種など取り除いてざく切りに、
紅玉(1個)の薄切りと干しレーズン(80g)に素焚糖(150g)とリンゴ酢(180cc)
を加えて40分ぐらいコトコト煮ました。そのまま一晩おいてから明朝瓶に詰めます。
e0004756_2022229.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-18 20:36 | | Trackback | Comments(0)

とりあえずはダブルフックアフガン編みから

寒くなってきたので編み物始めました。
アフガン編みから。
現在進行中のハンドウォーマー。
e0004756_22171285.jpg

先週編み上げたハンドウォーマー。
e0004756_22193867.jpg

友人からの草木染め毛糸使用。
e0004756_2220026.jpg

e0004756_2220587.jpg

お彼岸の頃編んだハンドウォーマー。
e0004756_22221157.jpg

こちらも手染めです。
e0004756_22224757.jpg


図書館から借りてきた今年の編み物本。
e0004756_22235810.jpg

e0004756_22242968.jpg


昨シーズンは、時間のかかる手のこんだ編み方ばかりだったので
今年は毛糸減らしできるようにちゃっちゃか編まなくては。
e0004756_2233587.jpg

とりあえずはまたアフガン編みで春先にほどいたバルキー毛糸で椅子マットでも作ろうか。
e0004756_22293874.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2016-10-15 22:36 | 手芸 | Trackback | Comments(0)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31