北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雪の道

ボランティアからの帰り、新雪の道を歩きました。
e0004756_20305064.jpg

昼前後から雪が降り出し、1~2時間で結構積もりました。
e0004756_20332728.jpg

途中いつもの珈琲屋さんで珈琲豆を購入。
e0004756_2036331.jpg

e0004756_20365888.jpg

はぜや珈琲、10周年を迎えたんですね。
e0004756_20372087.jpg

オリジナルドリップ・パックのプレゼントいただきました。
e0004756_20405721.jpg


家の庭にも雪が積もり冬仕様。
e0004756_20442191.jpg

11月もあと一日。
e0004756_2046522.jpg

今年はゆっくり秋を見送ることなく冬に突入しています。
e0004756_20465476.jpg

e0004756_20481253.jpg


そろそろクリスマスと年末準備しなくっちゃ。
e0004756_20513836.jpg

ちょっと前に仕込んだシュトーレン用ドライフルーツのラム酒漬け。
夏ミカンピール、クランベリー、干しぶどうに加えて
大空町女満別のドライブルーベリーも入れてみました。
[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-29 20:59 | 散策 | Trackback | Comments(3)

北で編まれるバスケット つづき

北西海岸インディアン/トリンギット(アラスカ・カナダの先住民族)のバスケット。
トウヒの根を使い、もじり技法で精緻に編まれたバスケット。
水を入れ、焼き石を入れて煮炊きにも使えた。
e0004756_2050728.jpg

↑↓どちらも1880年頃。
e0004756_20531659.jpg

北西海岸インディアン/ヌートカ(カナダの先住民族)
シダー樹皮製の庶民の帽子。
内側には頭の大きさにあわせたベルトが編み込まれている。
e0004756_20113021.jpg

北西海岸インディアン 交差技法で作られたシダー樹皮製の取手つきのバスケット。
e0004756_2016024.jpg

北西海岸インディアン/マカー もじり技法のバスケット。
e0004756_20221126.jpg

北西海岸インディアン 交差技法で作られたシダー樹皮製バスケット。
e0004756_20271319.jpg

エスキモー(アラスカ)の袋。アイヌのサラニプに似ている。
e0004756_20303265.jpg

エスキモーのフラットバスケット。ハマニンニク製。
e0004756_20321154.jpg

e0004756_2033633.jpg


このロビー展は、明日11月27日まで。
[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-25 21:24 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

北方民族博物館ロビー展 北で編まれるバスケット

先月29日から始まってます。
e0004756_20511219.jpg

こんな大きな容れ物もありました。インディアンのシダー樹皮のバスケット
e0004756_20525970.jpg


北海道アイヌの交差技法で作られたバスケット。素材はニレの樹皮。
e0004756_20552236.jpg

サラニプもありました。サラニプはもじり技法。
e0004756_20564334.jpg

e0004756_20581324.jpg

交差技法ともじり技法。
e0004756_20583156.jpg

バスケット編みの技法は三種。
e0004756_20593253.jpg

e0004756_210490.jpg

e0004756_2102239.jpg

ロシア・カムチャッカのコリヤークのバスケット
e0004756_2142065.jpg

↑↓もじり技法ですね。
e0004756_2143939.jpg

こちらも。
e0004756_2158100.jpg

小さなバスケット。
e0004756_2173163.jpg

白樺細工の器は交差技法。
e0004756_2164736.jpg

白樺の樹皮を折って作られた器。
e0004756_2123199.jpg

e0004756_2120391.jpg

e0004756_21202410.jpg

e0004756_21204321.jpg

サハの器には馬の毛が糸として使われている。
e0004756_2121135.jpg

これは巻き技法で。
e0004756_2185572.jpg

e0004756_2192299.jpg

巻き技法の始まりはこんな風。
e0004756_2110402.jpg


つづく
[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-24 21:00 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

森の冬景色を見に。

今日は朝から雪降り。
地震のニュースに落ち着かずでしたが、
買い物ついでに近くの森を歩いてきました。
森を歩くのはかなり久しぶりです。
e0004756_21372618.jpg

昨シーズン、モモンガのいた穴。
e0004756_2141109.jpg

白樺が気になります。
e0004756_21461822.jpg

白樺の倒木。
e0004756_21464330.jpg

今年はオオウバユリの立ち枯れ、たくさんあります。
e0004756_21493179.jpg

e0004756_21494930.jpg

海の見える方へ続く道。
e0004756_21503749.jpg

e0004756_21505188.jpg

オホーツクの海、今日は穏やか。
e0004756_2152528.jpg

e0004756_21523839.jpg

クマザサに雪。
e0004756_21541795.jpg

マユミにも。
e0004756_21551516.jpg


わが庭にも、小鳥たちがやってきて。
e0004756_21572823.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-22 22:05 | 散策 | Trackback | Comments(2)

白樺樹皮のバスケットの講習会

昨日午前中また北方民族博物館で講習受けてきました。

念願の越後屋さんこと山辺朋子さんの講習会です。
山辺さんはシベリアで白樺樹皮に絵を描いているラリーサさんから白樺細工を習いました。

作るのは小さなバスケット。蓋付き脚付きです。
e0004756_13413374.jpg

白樺の樹皮は1㎝幅、40センチにカットしてあるものを使います。
e0004756_13383042.jpg


はがされた白樺の樹皮。この白樺の樹皮はシベリア産。
e0004756_13464469.jpg

樹皮の内皮が外側になって丸まっています。
e0004756_1347494.jpg


講習生は20名。まず、幅にカットされた樹皮をはいでいきます。
樹皮の状態にもよりますが、外皮から内皮まで幾重にもなっているので
少なくとも2枚になるように剥ぎます。
今回使うのは内皮側の一枚。12本必要ですが、6本は準備されているので
各人6本は自分で剥ぎます。
e0004756_14161955.jpg

剥いだら、油でなめします。今回使ったのは椿油ですが、サラダ油などでもOK。
油はやわらかな木綿のメリヤス地などに浸ませて右手で持ち、
左手で樹皮もって、メリヤス地をすべらせてなめします。
艶が出てしなやかになります。
この後、両端をカット。
e0004756_14292877.jpg

両端の表裏に番号を書きます。
e0004756_1430243.jpg

いよいよ籠作りの始まり。
ありがたい工程表です。
e0004756_1433433.jpg

白樺樹皮の内皮を表に中央から重ねていきます。
e0004756_1433575.jpg

e0004756_14345145.jpg

これで底内側が組み上がり。
e0004756_14351038.jpg

ひっくり返します。
e0004756_14352656.jpg

角を作って側面に入ります。
e0004756_1436255.jpg

まずは角を高さまで編みます。
e0004756_1440397.jpg

裏側はすいているので整えながらクリップで仮止めして作業を進めます。
e0004756_14402454.jpg

角の間も高さまで編み、手前に置いてある縁用の白樺樹皮をあて、
樹皮テープを外側に45度に折り編み込んでいきます。

この間は、集中作業のため画像がありません。

ここまで出来て時間切れ。
e0004756_1446845.jpg


受講生には樹皮のお持ち帰りがまだありました。
e0004756_151513.jpg

こちらは外皮よりのもの。こちらも使えます。
e0004756_1513347.jpg


家にあった網走の白樺の樹皮。
e0004756_154835.jpg

こちらは薄くて焚きつけ用。
e0004756_1554240.jpg


白樺の樹皮は古くても、霧吹きなどでゆっくり湿らせると使えるようになるそう。
白樺の樹皮剥がしは、白樺の芽吹きの頃に行います。
この時期になると内皮と幹の間に油分が含まれるのです。
根から水分を吸い上げる樹液を採る時期より少し遅い?
芽吹き以外の季節に無理矢理剥いだ部分(基本的には剥げませんが)は使えません。

★持ち帰って脚をつけました
[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-22 21:34 | Trackback | Comments(4)

アイヌ刺繍のワークショップ

週末は気温が平年並みに戻りました。
我が家の周りの雪はほとんど融けたけれど
天都山にある北方民族博物館あたりはまだ雪景色。
e0004756_13222384.jpg

カラマツの黄葉が美しい。
e0004756_1323428.jpg

アイヌ刺繍の講座に参加してきました。
e0004756_13252731.jpg

まずは講師の西田さん作のタペストリーの前で。
e0004756_13271796.jpg

e0004756_1328495.jpg

アイヌ刺繍は主に衣裳にほどこされ三種あります。
チンジリ(チジリ)。
衣服の布に直に刺繍されているもの。
e0004756_13314790.jpg

e0004756_13322282.jpg

e0004756_1332467.jpg

ルウンペ。
テープ状にした布の使って模様を描き、土台布におき、周囲と上に刺繍されたもの。
テープは布を効率的につかったため布目にそっている。
バイヤスではないのでカーブはたたんでから縫ってある。
e0004756_13535393.jpg

e0004756_13544340.jpg

これもルウンペ?
e0004756_1411480.jpg

e0004756_143255.jpg

カパラミプウ。
あらかじめ布を模様にくりぬいておき上から刺繍されたもの。
e0004756_1415285.jpg



今回私たちが習ったのはチンジリ。
イケマの実の模様。
e0004756_14231856.jpg

イケマはアイヌにとって魔除けとなる大切な植物。
蔓は長く伸びる。秋に実がつく。
e0004756_14172355.jpg

種を包んでいる外皮はとんがっている。
e0004756_14183057.jpg

根っこの部分を春に山菜と一緒に掘る。
生では臭いが強いが、乾燥させると無臭。
このまま袋に入れて持ち歩いてお守りにしたり、磨いて首飾りにも用いられる。
e0004756_1411239.jpg

e0004756_14242529.jpg


刺繍の技法はチェーンステッチです。
e0004756_14252992.jpg


私もなんとか仕上げました。実は・・・。
[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-13 14:47 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

寒い日々

11月とは思えない寒い日々。
昼間は陽射しはあるのに庭にはまだ雪が残ってます。
e0004756_19581798.jpg

お向かいの家の屋根の雪も。
e0004756_19584181.jpg

歩道の雪もまだ融けません。凍っているので下ばかり見て歩きます。
e0004756_20303.jpg

昨晩からの強風で落ち葉も積もってますね。
e0004756_2045935.jpg


雪が降ると、こぎん刺ししたくなるかなと図書館から借りてきた新刊本。
e0004756_209792.jpg


青森女子旅へ同行したT子さんがねぷた村から持ち帰った前田せつ研究所のりんごのこぎん刺し。
e0004756_20141350.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-10 20:25 | | Trackback | Comments(0)

冬囲いまだなのに

朝起きたら、雪積もってました。
e0004756_2163189.jpg

湿った重たそうな雪です。
e0004756_2183910.jpg

バラの冬囲いまだなのに。
e0004756_2193278.jpg


昼間は時々薄日が射しましたが、気温は上がりません。

ヒヤシンスのガラスポットでの水栽培開始しました。
しばらくは2階の暖房しない部屋に置きます。
e0004756_21123761.jpg


菜園では全滅だった赤蕪、生協で購入。二日間干しました。
e0004756_2115353.jpg

まずは塩漬けに。
e0004756_21165520.jpg


タブレット用持ち運び袋完成。
e0004756_21191441.jpg

通販で購入した、ランチバッグのキットの布を使いました。
e0004756_21193679.jpg

ペンギン柄、大きいのはペットボトル入れ、小さい柄ではランチバッグ用にと。
さてこれで何作ろうかな?
e0004756_21234798.jpg


明日は晴れとの予報ですが最高気温は3度ですって!
根雪にはならないと思うのですが・・・。
e0004756_212727.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-06 21:32 | | Trackback | Comments(0)

青森へ女子旅 6青森駅付近

今日は、雨降りの一日、夜になって霙混じりですが積雪とはならないかな。

青森への女子旅の最終レポートです。
10月22日
お蕎麦屋さんで昼食した後、友人に弘前駅まで送ってもらいました。
実家のある秋田へ向かうT子さんと別れて、E子さんと私は青森駅へ。
奥羽本線普通列車で43分ほどで到着。
青森駅から歩いて10分弱の8年前と同じホテルに宿泊です。
海に面しているアスパムが目の前。
夕食前にアーケード街をぶらつきました。
CHANDORAで食べたモンブラン。
サクサクなメレンゲが土台で、中のクリームにも栗のつぶつぶ入り。
e0004756_2142937.jpg

残念だったのは、お土産屋さんの「むらた工芸」が倒産閉店(今年6月末)でシャッターが下りていたこと。
伝統工芸の店「雪の道」は健在でした。

夕食は、居酒屋さんにて。
e0004756_2251081.jpg

ホタテ味噌の貝焼き。ちょっとしょっぱい!
e0004756_2261688.jpg

イカメンチ。
e0004756_227935.jpg


10月23日
朝食前に駅の近くのアウガの地下にある新鮮市場へ。
日曜日でしたが開いてました。でもお客さんは少なく閉まっているお店もありました。
e0004756_22125720.jpg

e0004756_22131631.jpg


帰りは駅からリムジンバスにて青森空港へ。
13:00発の飛行機で千歳経由で女満別15:05到着。
途中見えた、冠雪の雌阿寒岳と阿寒富士。
e0004756_2020474.jpg

こちらは屈斜路湖と(元)津別のスキー場。
e0004756_20202282.jpg

千歳経由で女満別空港15:05着。
[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-03 20:50 | | Trackback | Comments(0)

冬の始まり

11月になりました。
e0004756_2112173.jpg

今朝の庭。
e0004756_21125072.jpg

うっすら白くなってました。
e0004756_21134988.jpg

夏の終わりに取り寄せておいた本、そろそろ読み始めます。
e0004756_21151924.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2016-11-01 21:23 | | Trackback | Comments(2)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31