北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

彼岸荒れ

やっぱりやってきた彼岸荒れ。

低気圧の速度がゆっくりなせいか、
昨晩から大荒れの予報がずれこんで、
今日は夕方から、ひゅーひゅーごーごー、吹雪です。
e0004756_218449.jpg


そんな中、19時頃Suッkaraが届きました。
e0004756_205649.jpg


今月はポジャギの特集。

これからゆっくり読み始めます。
[PR]
# by hokui44do05 | 2006-03-20 21:11 | らくがき | Trackback | Comments(0)

白モシのチマ・チョゴリ

友人のおばあちゃんが着ていたというチマ・チョゴリ。
e0004756_20491314.jpg


夏用の白モシ。
すごくしなやか、韓山モシだと思われる。

おばあちゃんはこれを着た後は、いつも友人のお母さんのところに持ってきた。

お母さんは、チマ・チョゴリを洗う前に、すべての糸をほどくのだそう。
日本の着物をほどいて洗い張りするのと同じ感覚。

そして、ゴシゴシとしたりせずに、優しく押し洗い。
白モシは洗えば洗うほど白くなっていくのだという。

水につけるとすごく柔らかに。
かさは少なくなった感じ。

再び、次の夏に仕立てるのはお母さんの仕事。
ミシン縫いでケッキ。
これまたすごく細く縫い合わさっている。
e0004756_2050218.jpg

e0004756_20522525.jpg


おばあちゃんは、友人よりずっと背が低かった。
このチマは、友人が着ると短かすぎ。
胸からではなく、ウエストからのスカートにすればちょうどいいくらい。
e0004756_20514898.jpg


チマチョゴリをつけるときは、同じく白い下着をつけるのだそう。

とびきり涼しそうなチマチョゴリ。

この白さと透明感はスゴイ。

秋の展示会の折にはポジャギコーナーに飾るため拝借することに。
[PR]
# by hokui44do05 | 2006-03-16 21:03 | 手芸 | Trackback | Comments(9)

雪解けの森

何日かぶりに、気温がプラスになったので、買い物ついでに森を散策。

まず、餌台にいるシジュウカラに出会った。
e0004756_204173.jpg


おばあちゃんと一緒にお散歩の女の子にも。
e0004756_20234540.jpg


e0004756_2025113.jpg


幹の周り 輪っこができて 森の春
e0004756_20253536.jpg


e0004756_20314867.jpg


立ち枯れのオオウバユリがたくさん。鱗茎からはデンプンが採れる。
オオウバユリはウンバイロと呼ばれてアイヌの人たちにとって大切な食料。
凶作の年には、開拓民の救荒食料となった。
このユリ、花が咲ききる頃には葉も枯れてしまう。
e0004756_2028965.jpg


e0004756_2029476.jpg


e0004756_20302562.jpg


オオウバユリは若葉も味噌煮や天ぷらにして食べられるらしい。
この森では、植物採取は禁止。
雪が解けたら、別の場所(山の中)で探してみようかな。

e0004756_20312390.jpg


森から空を眺めると、雲の動きが速かった。
[PR]
# by hokui44do05 | 2006-03-15 20:43 | 散策 | Trackback | Comments(0)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30