北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

富本憲吉記念館のざくろ

奈良・京都へ その1 斑鳩の里

まず富本憲吉記念館へ。
JR関西線法隆寺駅から小さなバスに乗って東安堵で下車。
徒歩3分、昔ながらの住宅地の中にありました。
e0004756_19285918.jpg


e0004756_19375444.jpg


門をくぐると、中庭に赤くなった実をつけているざくろの木がお出迎え。
ざくろの木は懐かしい。
小さい頃よく行ったおじいちゃんの家の庭にあったから。
e0004756_19305157.jpg
e0004756_19332880.jpg


離れの床の間にもざくろの掛け軸。
e0004756_19342356.jpg


お皿にもざくろ。
e0004756_19364272.jpg


憲吉がパターン化した模様の定家かずらの花は五月に咲き、今は葉と蔓だけ。
e0004756_19384162.jpg


これが、あのお皿。この模様(四弁花連続模様)作ったのは、奈良から東京祖師谷に居を移してから。
e0004756_19524710.jpg


記念館は生家そのままではなく、昭和49年再生して建てられたもの。
[PR]
# by hokui44do05 | 2005-10-24 19:51 | | Trackback | Comments(2)

鮭皮の靴

網走湖畔で今、カムバック・サーモン祭りが開かれています。
e0004756_206288.jpg

e0004756_202938100.jpg


川には、オホーツクサーモン(カラフトマス)が上ってきています。
e0004756_207873.jpg

e0004756_20291882.jpg


私の目的はこの小さな靴作り。
ウィルタの刺繍のグループの方が教えていた。
e0004756_2081487.jpg


川に上った鮭の皮をなめしたもの。
e0004756_20101696.jpg


ロールした皮をまわしながら叩く。
e0004756_20123277.jpg


時々、しごく。
e0004756_20134545.jpg


柔らかになめされるのは一日がかり。

昔、ウィルタの人たちはこんな靴を作って履いていました。
e0004756_20164189.jpg


私が作った、鮭皮のミニシューズ。
e0004756_20393831.jpg

[PR]
# by hokui44do05 | 2005-10-16 20:29 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

山葡萄のシロップ

体育の日、北緯44度は小春日和。
山葡萄を採ってきました。
今年は実成りがいいようです。
e0004756_2023641.jpg


房からはずして、正味1.5キロ。
1キロのグラニュー糖をふりかけて一日おいておきました。

昨晩煮ました。
アクがふわふわきめ細やかなムースのよう。
e0004756_20245639.jpg


種と皮は引き上げて、シロップをとりましたが、これを捨ててしまうのはもったいない。
水を加えてジュースをとって、ゼリーでもつくりましょうか。
e0004756_2029075.jpg

[PR]
# by hokui44do05 | 2005-10-12 20:34 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31