北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

タグ:ソウル ( 10 ) タグの人気記事

昌徳宮まで

もう、2カ月も前のことになってしまいましたが、
ソウル旅行のつづきです。
こちらも、重たい写真になりました。

最終日の午後、明洞から南大門市場を歩きました。
ここの奥のカウンターでお昼。
トッポギと、青唐辛子の詰め物と餃子のてんぷら、おでん、など。
不可思議な水の入ったビニール手袋何のため?
e0004756_2195432.jpg


この巨大なアロエ。露地物栽培なんだろうな。
家にあるアロエベラの鉢植えとは大違い。
e0004756_2116425.jpg


土曜日だったせいか、どこも大混雑。
どこか静かなところでのんびりということで、タクシーでチャンドックンへ向かいました。
着いたのは、4時半を回っていて日本語ガイドツアーはありません。
ここは、ガイドツアー参加での見学のみ。
頼みの友人は昼のKTXに乗ってプサンへ向かったので、
韓国語だめな三人でしたが、仕方なく韓国語ガイドツアーで見学。
途中から、あなた達は、あちらへどうぞと日本語ガイドツアーに合流させられたので
どこかはしょるはめになった。

昌徳宮は、森の中に建物が点在しています。

印象に残ったのは、李方子様が晩年住まわれていたところ。

e0004756_21393362.jpg


e0004756_2142733.jpg


e0004756_21304861.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2005-08-25 21:51 | | Trackback | Comments(2)

両水里(ヤンスリ)にて


スモールピクチャー紛失につき本日の画像は少々重い。
ごめんなさい。

ヤンスリの「百年韓屋」にて夕食をいただきました。
列車の走っている音が時々聞こえていた。
ここの店主は、ウルサン出身。友人の幼馴染みのお姉さん。
e0004756_20214989.jpg


家の周りには、甕がたくさん。
e0004756_20253311.jpg


天井はこんな風。
e0004756_20284146.jpg


壁には、韓紙が貼られていました。
e0004756_20305268.jpg


陽が暮れてから訪れた川べり。南漢江と北漢江の合流するところらしいのだけれど・・・
ベンチに座っている二人にはこの夜景がいいんだろうなあ・・・
ドラマの撮影によく使われる場所だとか。
e0004756_20331986.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2005-07-26 20:47 | | Trackback | Comments(2)

民俗村にて その2

瓦利用の植栽。野いちごが。
e0004756_2130162.jpg


お昼はここで。
e0004756_21321349.jpg


どんぐりのトウフ?
e0004756_21344821.jpg


こちらは、緑豆のパジョン
e0004756_21403853.jpg


訪れた日は平日で、遠足の幼稚園児や小学生が多かった。みんなお弁当持参なのか
昼時なのに、アジョシとアズモニはヒマそう。
e0004756_21483495.jpg


玉味噌が四角い。
e0004756_21501592.jpg


お土産にこれを買いました。ひょうたんの半割の形。
e0004756_21532877.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2005-07-15 21:56 | | Trackback | Comments(0)

ソウルのデパ地下で買い物

旅の三日目。
翌日は朝十時の飛行機なので7時には、ホテルを出発しなければならない。
ソウル滞在最終日の午前中は、ホテルの近くの現代百貨店の地下の食料品売り場で買い物。

野菜類は、お馴染みのものも多いがよく見るとちょっと違っているものも。

ちしゃ類が、一枚一枚積み上げられて売られている。焼肉用というわけ?
e0004756_21413552.jpg


左端の根っこはなんだろうか?ヤマイモのたぐい?
e0004756_2146113.jpg


大根の先っぽがまあるい。甘みの強い品種なのだろうか。
e0004756_21485973.jpg


お茶類をいろいろ購入。

ほうれんそうの粉入りのはったい粉も購入。ミックス容器はおまけ。
インサドンのお茶屋で味見して気に入ったので。幼い頃食べた記憶の麦焦がしの味。
e0004756_2152950.jpg


その他佃煮風のものを各種購入。ラップで厳重包装で汁漏れ、臭い漏れ防止完璧だった。
[PR]
by hokui44do05 | 2005-07-04 22:12 | | Trackback | Comments(2)

雨の景福宮 その3

慶会楼の内部。
障子(?)が張ってある戸板はすべて天井から吊るされて内部は開放的な空間となる。
e0004756_8454651.jpg


しばし欄間(?)の格子模様に注目。
e0004756_903521.jpg


外を眺めると、柱の内側が額縁のように装飾されて絵を見ているよう。
e0004756_9235323.jpg


床材は赤松。敷物は、イグサではなくヨシか?
裏はこんなふう。滑り止めのポチポチまでオリジナルのようだ。特注品だとか。
一緒に回っていたアズモニたちは、この敷物が特産の地方からの方々だった。
似たようなのは、市場でたくさん売られているよと教えてくれた。
e0004756_9384168.jpg


こちらは千秋殿の内部。
e0004756_9493318.jpg


こちらは思政殿から。
e0004756_9522633.jpg


天井はこんな風。すべて手描きだそう。職人仕事。
e0004756_9545496.jpg


景福宮の拝観は2コース。高い方にしてよかった。
ガイド付きでないと入れない慶会楼をゆっくりみることができたから。
今回もまた、裏手にある国立民俗博物館には行かなかった。
次回のお楽しみに。
[PR]
by hokui44do05 | 2005-07-03 10:15 | | Trackback | Comments(0)

雨の景福宮 その2

今日の北緯44度は晴天。
久しぶりの青空で爽やかな一日。

ソウル旅行記の続き。

景福宮では、大長今の復元工事中だった。
現在は基礎を造っているところ。

e0004756_2021267.jpg


石塀の模様がいろいろ。連続模様の部分は赤いレンガが埋め込んである。
e0004756_2081540.jpg


模様の部分は、石が版画のように彫ってあるように見えるのだが・・・
e0004756_2085265.jpg


e0004756_20184790.jpg


e0004756_2094581.jpg


ここは、オンドルの炊きつけ口。
e0004756_20113514.jpg


カチ(かささぎ)が屋根の上に。
e0004756_20212877.jpg


こちらには、7羽もいた。
e0004756_2024447.jpg


景福宮 その3につづく
[PR]
by hokui44do05 | 2005-07-01 20:41 | | Trackback | Comments(0)

雨の景福宮

北緯44度は昨晩やっと雨が降りました。
今朝は、ほどよいお湿りがあったせいか緑が鮮やかに感じられました。

ソウル旅行中は半日だけ雨に降られました。
キョンポックンを訪れた日でした。
三年前の八月のソウル旅では連日大雨でやはり傘をさして光化門をくぐったのでした。
その時は、景福宮は復元工事中でした。
初めて見学する景福宮です。

向こうの岩山には霞がかかっていました。
e0004756_21151612.jpg


回廊が美しい。
e0004756_21295025.jpg


屋根も美しい。
e0004756_21332698.jpg

e0004756_2135534.jpg


池の睡蓮が白い花を咲かせていました。つきだして咲いている黄色い花はコウホネ。
睡蓮は早朝から昼前までしか咲きません。
午前中、そして雨に映える花を見られて幸運でした。
e0004756_21384869.jpg

e0004756_21432035.jpg


景福宮 その2へ続きます
[PR]
by hokui44do05 | 2005-06-26 21:50 | | Trackback | Comments(1)

美味しいもの 広蔵市場篇

今晩も無事にPCは立ち上がった。
ソウル旅行記の続き。

広蔵市場のアーケードの中央には、屋台が軒を連ねている。
e0004756_2012788.jpg


遅いお昼ご飯のアズモニたち。次に訪れたらここで昼食を。
あのソーセージも味見したかった。
e0004756_20161473.jpg


海鮮キムチやら素材などがいろいろ並んでいる。ワタリカニの姿も。
e0004756_2021916.jpg


この大きなきゅうり(オイ)は漬物用。こりこりした歯触りの漬け物になるそうだ。
日本では見かけたことがない。ピクルス用ともまた違っている。種が欲しかったなあ。
e0004756_2021503.jpg


青い唐辛子。リヤカーに載せたまま販売。
e0004756_20305231.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2005-06-22 20:40 | | Trackback | Comments(0)

ソウルで出会った刺繍

インサドンを歩いていて、たびたび引き寄せられたのが韓服の上着。
e0004756_6265844.jpg


薄絹に刺繍のものがたくさんで、うっとりと眺めてきました。

東大門の広蔵市場では、シルク屋さんで見たチョゴリ用反物。
e0004756_6353441.jpg


同行の友人たちと、これは「夏帯にしたら素敵」とか、「単衣の着物にしたらいいわよ」
などとたくさん反物を見せていただいた。
「でも、刺繍はあくまでチマ・チョゴリ用に配置されているんだわ」
結局この店で買ったのは、タフタ風幅広(110cm)の白の絹布2メートルのみ。
これなら、ちょっと大きめのポジャギの裏地になるでしょ。
布を買ったのは私だけなのに店のアズモニは私たち四人分に冷たいドリンク剤をとってくれた。
e0004756_6384413.jpg


こちらも広蔵市場のチョゴリ屋さん。
e0004756_744139.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2005-06-19 07:06 | | Trackback | Comments(3)

ご挨拶

この度、こちらに雑記帳を移しました。
よろしくお願いいたします。

まずは、ソウル旅行(6月8日~12日)で出会ったポジャギたち

e0004756_22533426.jpg

ホテルから、地下鉄の駅に向かう途中のビルの階段下で。
よく見るとガラス工芸だった。

e0004756_22573248.jpg

インサドンのお店で一点だけなら撮影OKと言われ選んだポジャギ。

e0004756_231259.jpg
e0004756_2332318.jpg

こちらもインサドンにて

e0004756_7532443.jpg

左下のバッグも涼しげしょ!

e0004756_7581298.jpg

こちらも、左下のスリッパとバッグに注目!
[PR]
by hokui44do05 | 2005-06-17 23:08 | | Trackback | Comments(5)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31