北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

小樽にて(追記あり)

駅の近くのお蕎麦屋から宿泊先のホテルまで歩きました。
このホテル、大正12年(1923)に建てられた旧拓銀の建物です。
e0004756_2059234.jpg

かつて小林多喜二がここで働いていました。
『蟹工船』1929年を書いた後、『不在地主』を書いたため拓銀を解雇されたのです。
それから68年の後、平成9年(1997)に拓銀は経営破綻しました。
その後美術館になったり、1-2-3ホテルになったり、現在ははヴィブラントホテルです。
e0004756_210223.jpg

2階まで吹き抜けのホテルのロビー。
6本の白い大きな柱。2階には回廊があります。
国会議事堂の設計に携わった、矢橋賢吉の設計。
e0004756_211691.jpg

ホテルに荷物を預けて運河沿いを歩きました。
北運河に向かいました。栄えていた頃の建物がそのまんまに残されています。
e0004756_2115293.jpg

北海製罐の工場や倉庫が並んでいます。
e0004756_216438.jpg


e0004756_21173097.jpg

e0004756_211817100.jpg

人力車のえびす屋さんが小樽にも。
e0004756_2130893.jpg

e0004756_21324527.jpg

e0004756_2133438.jpg

e0004756_21333531.jpg


ホテルの部屋。ちょうど運河バスターミナルの真向かい。
e0004756_21101811.jpg

ホテルの廊下。
e0004756_21112210.jpg


つづく



『蟹工船』はずいぶん前、20代前半に読んだことがありました。
他の作品は読んだことがありません。
今回小樽を旅して、多喜二の家庭の雰囲気を知りたくなりました。
三浦綾子が『母』という小説を実際に取材して書いたそうです。
図書館で探して読んでみようかな。
[PR]
by hokui44do05 | 2010-09-07 21:15 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hokui44.exblog.jp/tb/13196414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30