北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

空からと新幹線の車窓からの東北

7月4日。
女満別9時40分発の飛行機にて羽田へ飛びました。
空からの東北。福島市から郡山市あたり。
e0004756_21305981.jpg

茨城あたりへ来ると、雲のずっと向こうに富士山が見えました。
e0004756_21335881.jpg


7月5日
東京駅で相方と待ち合わせて新幹線で仙台へ。
e0004756_2137342.jpg

新青森行きのはやてに乗車。大宮から仙台まではノンストップ。
はやてと秋田行きのこまちは盛岡までは連結されています。
e0004756_21382457.jpg

私たちが乗ったのはこまち車両でした。
e0004756_2215413.jpg

私のお弁当は柿の葉寿司。
e0004756_2232156.jpg

茨城から福島あたりは水田が続いてます。
e0004756_21473926.jpg

e0004756_2148547.jpg

e0004756_21482833.jpg

仙台で仙石線に乗り換え。
本来は石巻行きがあるのですが
松島海岸の次の高城町駅から陸前小野駅までは未だ不通となってます。
e0004756_2149866.jpg

私たちはここで下車。駅付近も津波で冠水。
付近には取り壊されたビルの跡もあり、
建設中の建物あり、そのまま使われていない建物もあり。
e0004756_22215555.jpg

今回お世話になった3番目のお義兄さんの家は高台にあります。
e0004756_22232360.jpg

e0004756_22242257.jpg

下に見える国道も冠水しました。
e0004756_2225825.jpg

e0004756_22253736.jpg




相方は男ばかりの五人兄弟の末っ子。
昨年2月に病気療養中だったすぐ上のお兄さんを亡くし、
今度は2番目のお兄さんが心不全で急逝。
2年続けての悲しいお別れをしました。
お兄さんの冥福をお祈りいたします。

私たち家族が埼玉に住んでいた頃は、両親はまだ健在で
夏休みのお盆前、ちょうど仙台の七夕祭りの頃に
家族四人、東北自動車道を利用して車で遊びに行ってました。
あの頃よく海水浴しに行った、野蒜や七が浜の海岸も昨年の地震による
津波の被害がひどかったそうです。

北緯44度に引っ越してからも子どもらが小学生だった頃は夏休みには毎年のように、
苫小牧からフェリーを利用して仙台港から相方のふるさとへ行ってました。
仙石線で松島へ行って水族館や瑞巌寺を見学、
帰りは観光船で松島湾の島々を見ながら港へ。
女川を通って、牡鹿半島の先端牡鹿で鯨記念館見て、
モーターボートで金華山へ行ったこともあったっけ。
外海でのモーターボートの乗り心地はすざまじく、
船が苦手な私は恐怖の連続。景色を楽しむ余裕もなく、
鹿たちがたくさんいた島に着いてもどこを見学したのかまったく記憶にありません。
またモーターボートに乗らなければ帰れないことが気になってばかりで・・・。

今、相方のふるさとの街は、復興にむけて活気づいているように見えます。
でも住んでいる人たちは心の内に不安な気持ちをかかえながら生活していて
かなり疲れているように思いました。
これはバブルのようだと気がついているからかもしれません。
先に繋がる復興がのぞまれています。
[PR]
by hokui44do05 | 2012-07-16 22:12 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hokui44.exblog.jp/tb/18366587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-07-18 22:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hokui44do05 at 2012-07-19 07:52
>鍵コメさま
ご心配ありがとう。
節目の時でしたので、
これからのことなんかいろいろ考えさせられました。
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30