北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ドライブ( 114 )

気温は上がったけれど流氷接岸中

今日は気温がプラスになりました。
雪が融けて道路には水たまりが出来てました。
風も冷たくはありません。
流氷は沖に遠のくかと思いきや、
まださらにびっちりと接岸中。

e0004756_22061193.jpg
e0004756_22065544.jpg
e0004756_22062957.jpg
↑残念ながら知床の山々は見えません。
e0004756_22075162.jpg
↑網走港を臨む。



[PR]
by hokui44do05 | 2018-02-23 22:23 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

阿寒からの帰り道

行きは津別経由、帰りは弟子屈経由にしました。
こちらの道からは雄阿寒岳が見えます。

e0004756_20261216.jpg
このあたりまだ路面に雪は少ない。
すいすい走れます。
なので景色を楽しみました。
e0004756_20264660.jpg
e0004756_20271461.jpg
直線道路はまだいいのですが。
e0004756_20273485.jpg
カーブはどうも、、、。
正面に再びの雄阿寒岳。
e0004756_20283458.jpg
e0004756_20295116.jpg
左に少し雪の頂が見えているのは雌阿寒?かしら。
e0004756_20301227.jpg
ここからは下りカーブ、アイスバーン状態路面が多くなり、
助手席にいても滑りそうでヒヤヒヤだったので画像はなしです。
無事帰れてよかった。


[PR]
by hokui44do05 | 2017-12-30 20:55 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

阿寒へ

今年は夏に道内旅行しなかったので久々の温泉行き。
途中の津別相生道の駅でお昼ご飯のはずでしたが、
お蕎麦屋さんの営業日は昨日までとのこと。

e0004756_20233680.jpg


クマヤキでひとまずの腹ごしらえ。
前日気温が上がり雨が降った翌日また気温は急降下。
車道には雪はないのですいすい来られましたが
駐車場から道の駅の建物までは恐怖のツルツル路面でした。

阿寒湖畔のお蕎麦屋にて昼食。
アイヌコタンのチニタ民芸店に行ってきました。
ここはアイヌ刺繍家の西田香代子さん夫婦のお店。
ご主人がお店の前で雪掻き中でした。
外では足下危ういので撮影どころではなく画像なし。

e0004756_20264120.jpg


やっぱり籠に目がいきます。

e0004756_20270807.jpg


こちらの籠、シナの皮を編んだもの。

e0004756_20271880.jpg

↑織りの持ち手も素敵です。
籠はどれも非売品でした。

もちろん刺繍の作品も飾られていました。

e0004756_20273952.jpg


秋に習ったカラミップ。
赤い糸で刺された部分はエタラカ。
チェーンステッチを崩して?刺すのだそう。

e0004756_20275028.jpg


前掛け。左のはアッツ織り布も使用。

e0004756_20281852.jpg


こちらは衣裳全体に刺された
チンジリ(チェーンステッチ)。

e0004756_20282819.jpg


針目がひとつひとつまあるくてきれいです。
来年は北方民族博物館でまた講習あるといいな。
作品展も是非やっていただけたらと。

お目当ての針入れのチシボや糸巻きは現在作者が製作中ということで
現物はありませんでした。
春になったら並ぶらしい。

宿泊の温泉宿は、湖畔ではなくちょっと釧路方面へ行く途中の
阿寒川沿いの宿です。
相方の入浴中私は川を眺めつつぐるぐるのノールビンドニングしました。

e0004756_20330022.jpg


夕飯も川を観ながら。

e0004756_20362336.jpg
つづく


[PR]
by hokui44do05 | 2017-12-28 21:18 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

寒々しい景色

昨日は空港へ行く途中に北方民族博物館へ寄ってきました。

e0004756_21111639.jpg
まだ雪景色になってません。
なんだかとても殺風景。
e0004756_21115136.jpg
ロビーでは「サハの伝説と昔話の世界ーナタリャ・ネウストローエヴァ展」開催中。
残念ながら撮影禁止でした。
龍など模った切り紙細工が精緻で見事でした。
スギナ娘の話も面白かった。
永久凍土のサハにあってはスギナはありがたい植物のようです。
網走では畑や庭でははびこる雑草として除草の対象になってますが。
e0004756_21123866.jpg
今朝はうっすらと久々の雪の花壇。
e0004756_21181580.jpg
↓キッチンガーデンにも。
e0004756_21184975.jpg
数少ない庭のエゾノコリンゴ、
シバレて鳥につつかれたのかな。
e0004756_21193241.jpg
e0004756_21200407.jpg


[PR]
by hokui44do05 | 2017-12-04 22:12 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

今年は実りが少ない?

昨日、収穫祭へ行く前に立ち寄ってきたお宅の庭です。

e0004756_18511656.jpg


入り口への階段。
ここに来たのは10年ぶりぐらい。
背丈ほどだった桐の木が大木になっていてびっくり。

e0004756_18560483.jpg
e0004756_18564301.jpg

↑桐の葉たち。

e0004756_18561787.jpg

e0004756_18562770.jpg
りんごがいくつか。
e0004756_19282374.jpg

↑こちらはヤマボウシ。
今年の実りは全くよくないと家主。

お茶をいただいたコーナーに白樺細工の器が。

e0004756_18573113.jpg
庭の白樺を伐った時に家主が樹皮を剥いで作ったもの。
何年か前に下川町へでかけて白樺細工を習ってきたそう。
このあたり周囲の山林は白樺だらけですから!


[PR]
by hokui44do05 | 2017-10-10 19:23 | ドライブ | Trackback | Comments(2)

東藻琴へ

昨日、九月にオープンしたばかりの東藻琴の道の駅へ行ってきました。
e0004756_21155865.jpg
e0004756_21165858.jpg
この道の駅には珍しくホテルが併設。
この場所には旧東藻琴村で唯一の旅館、佐々木旅館がありました。
e0004756_21171071.jpg
佐々木旅館は60年間営業。
食堂旅館の風情で宿主自ら採取する山菜料理が名物でした。
今はもう以前とは雰囲気の違う建物があります。
ここでSさんと待ち合わせ。

Sさんのお庭も見せていただきました。
e0004756_21203403.jpg
前回来たのは、夏前の6月で庭はみどりあふれておりました。
e0004756_21221266.jpg
もうすっかり秋の庭。
e0004756_21211926.jpg
e0004756_21231405.jpg
e0004756_21235833.jpg
芝生はまだ青々としています。
e0004756_22033833.jpg
夏の花もまだちょっと咲いてます。
e0004756_21243499.jpg
e0004756_21222195.jpg
どんぐりもみっけ!
e0004756_21552244.jpg
むくげの花もまだ少しだけ残っていました。

[PR]
by hokui44do05 | 2017-09-26 22:05 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

ワッカ原生花園の夏の花

昨日は朝から晴れて気温も27度まで上昇。
ワッカ原生花園へ行ってきました。
海辺なのに風もなく、蒸し暑くて花々も元気がありません。

e0004756_21544093.jpg

咲いている花たち。

e0004756_22010721.jpg


修学旅行の中学生の一団が自転車に乗って次々出発。
私たちは近場を歩くことにしました。

ハマヒルガオは夏らしい。

e0004756_22045831.jpg


クサフジ。

e0004756_22081172.jpg


家にあるチャイブの花に似ているのでエゾネギかと思ったけど
ミヤマラッキョウでした。

e0004756_22091775.jpg

カワラナデシコとムシャリンドウ。

e0004756_21352796.jpg
エゾスカシユリ。
e0004756_21374620.jpg
シシウド。
e0004756_21395010.jpg
コウゾリナ。
e0004756_21404165.jpg
ミヤコグサ。
e0004756_21413928.jpg
チシマフウロ。
e0004756_21423639.jpg
ハマボウフウの花とハマヒルガオ。
e0004756_21452272.jpg
秋にまた来たら自転車に乗ろう!

e0004756_21490745.jpg



[PR]
by hokui44do05 | 2017-07-09 21:51 | ドライブ | Trackback | Comments(1)

白樺林 その3 硫黄山のつつじが原へ

6月18日のことです。
山辺さんと硫黄山のふもとのつつじが原を散策。

e0004756_20495825.jpg


イソツツジの花が見頃でした。

e0004756_20553032.jpg

白樺の木が多い。

e0004756_21255263.jpg


白樺の若葉がきれい。

e0004756_20572270.jpg


エゾマツやハイマツもあります。
ハイマツの花が咲いてました。

e0004756_21001304.jpg


道脇に伐採されていた白樺の木。
山辺さんが樹皮をめくるときれいにとれた!
内側が緑色できれい。まだ若い木だから?

e0004756_21030525.jpg

剥いだ皮です。
持ち帰りました。

e0004756_21071571.jpg

何か作れるかな?
この後は和琴半島へ。

e0004756_21141988.jpg


こちら側は風はなく静かな湖面ですが
反対側は大風でそうそうに退散。
美幌峠へ。

e0004756_21161926.jpg


ここもいつものことながら風が強かった!
美幌の街で珈琲タイム。
スーパーで買い物も少し。

女満別空港の近くで夕陽を拝みました。
e0004756_21200277.jpg


山辺さんは夜の便で帰京。
お疲れ様でした。
また来てね。

講習会と白樺細工についてはまた後日。


[PR]
by hokui44do05 | 2017-07-06 21:30 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

小清水原生花園と斜里の丘カフェ(追記あり)

昨日はキルターズの皆と斜里に新しくオープンした丘カフェでランチ。
行く途中に小清水の原生花園にてお花見です。

e0004756_21321777.jpg
エゾスカシユリが満開。
e0004756_21345738.jpg
花シーズン中は釧網線はここ原生花園駅に停車です。
e0004756_21401881.jpg
海の向こうに右から海別岳と知床連山のシルエット。
e0004756_21394137.jpg
斜里岳。
e0004756_21445777.jpg


クサフジかな?

e0004756_21560677.jpg

海辺のエゾニュウ。

e0004756_20225936.jpg


エゾキスゲやハマナスの赤い花もちらほら。

e0004756_20450318.jpg

正面奥の山は藻琴山です。


小清水原生花園での画像をよく見ていたら気がついたことがありました。
入り口付近の通路脇のフェンスが新しくなっていたのです。
前のは一番始めの画像にあるような木製でした。新しくなってからは金属?製。
なんだか原生花園には全くそぐわない感じでがっかりです。

e0004756_20514586.jpg


この後は斜里の丘カフェへむかいました。

e0004756_21584586.jpg

ロックガーデンが素敵です。

e0004756_22002169.jpg

ランチは野菜たっぷりの豚ドン。
いちばん上に載っている白い花のついた葉はクレソン。

e0004756_22034273.jpg

まさに畑の真ん中、ガーデンカフェでした!

e0004756_22091203.jpg
e0004756_20593006.jpg
e0004756_22163910.jpg
帰りがけに途中の浜小清水の道の駅はなやかにていちごミックスソフト。
e0004756_22240745.jpg


[PR]
by hokui44do05 | 2017-07-01 22:17 | ドライブ | Trackback | Comments(2)

白樺林 その2


一週間以上前の白樺林巡りの続きです。


北方民族博物館での講習会のために来網中だった山辺さんと一緒に
東藻琴のSさんのお庭へ。

e0004756_22091888.jpg


sさんの庭の周りに住み始めた当初は30本近くの白樺を植えたそうです。
白樺の生長は早くて日陰を作り、庭造りの妨げになったのでやむなく伐る羽目になったそうです。

e0004756_22043721.jpg

今回はSさんの知人が20年くらい前に植林した白樺林に連れて行ってもらいました。
e0004756_22200996.jpg
白樺のみが植えられている林です。
e0004756_22213800.jpg
白樺林のお隣には山菜畑。
ワラビやクサソテツ(幼芽はコゴミ)がたくさん。
e0004756_22210545.jpg
山辺さんが「これで作るスープは美味しいの!」というので
よく見るとオオイタドリ。よく路肩の植え込みに迷惑雑草となって生えてますね。
オオイタドリは別名スカンポだから以前は食べていたという話は聞いていたけれど
私はまだ食べたことはありません。
e0004756_22221446.jpg
ここのフキはっきれいな緑色。
Sさんが根元から刈り取ると水滴が落ちてきてとってもみずみずしいフキでした。
ここの白樺林では皮剥ぎはせず、山菜採りをいたしました。
この林は道路の脇にあり、白樺ばかりの林なので、
皮を剥いで黄色の樹皮が露わになると目立つかもしれません。
伐採予定があるわけでもなさそうなので、皮剥ぎはみおくったのでした。
この後、Sさんとは別れて、川湯へ向かいました。


途中の藻琴山登山口、小清水展望台にて。
斜里岳が見えます。手前に見えるのはダケカンバの林。

e0004756_19585942.jpg
風の強いので枝ぶりもまっすぐとはいきません。
e0004756_22273585.jpg
屈斜路湖の向こうに見える山々。中央の奥の高い山は雄阿寒岳。
e0004756_20081440.jpg
川湯では、蕎麦粉を水車で挽いている畑の中のお蕎麦屋さんで田舎蕎麦をいただきました。

e0004756_20132426.jpg
つづく


[PR]
by hokui44do05 | 2017-06-27 20:18 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30