人気ブログランキング |

カテゴリ:旅( 220 )

釧網線に乗って

7日金曜日キルターズの仲間と釧網線に乗って川湯温泉へ行ってきました。
同行ふたりと藻琴駅で釧路駅行きに乗車します。
e0004756_22044720.jpg
無人駅ですが、駅舎を利用した食堂があります。
同行のKさんが初めて釧網線に乗ったのは昭和31年だったそう。
当時はまだディーゼル列車ではなく蒸気機関車で、
釧路に着く頃には顔が真っ黒にすすけたと、、、!
e0004756_20021595.jpg
午前中の釧路行きは2本。
私たちは網走駅10時24分発の快速知床摩周号に乗車。
網走駅から乗車した3名、次の桂台で乗車した3名と合流です。
e0004756_20061524.jpg
e0004756_21211072.jpg
列車がきました。
一両編成です。
e0004756_20165696.jpg
10時35分藻琴駅出発。
ここからしばらくは進行方向左手にオホーツク海を見ながらの走行です。
e0004756_20184649.jpg
次駅は北浜。
e0004756_20221339.jpg
流氷到来の頃にはこの展望台からの眺めは圧巻。
e0004756_20220108.jpg
e0004756_20222479.jpg
夏期間のみ乗降できる原生花園駅付近には観光客がたくさん。
e0004756_20280037.jpg
濃いピンクのハマナスや黄色いエゾキスゲ、オレンジ色のエゾスカシユリ
などもちらほら咲き始めていました。
でも結局ここからは誰も乗車せず。
e0004756_20303504.jpg
e0004756_21181025.jpg
止別(やんべつ)駅舎の付近にはルピナス群生。
ルピナスは北海道に自生していたわけではなく、
外来種。冷涼な気候にあっているのか繁殖力は凄い!
別名上り藤。
e0004756_20424021.jpg
蕗の葉っぱはまだみずみずしく新緑。
e0004756_20444719.jpg
もうすぐ知床斜里駅。
e0004756_20460782.jpg
雲間からは知床連山が。
e0004756_20474278.jpg
ウナベツ岳には雲がかかって見えません。
e0004756_20495103.jpg
斜里川を渡ります。
e0004756_20503046.jpg
しれとこしゃり駅では、
網走方面へ向かう列車と待ち合わせ。
5分停車です。
e0004756_20530237.jpg
網走へ向かう列車には、流氷模様。
e0004756_20534402.jpg
ここからはもう海は見えません。
e0004756_20561880.jpg
左側に迫るように見えるはずの斜里岳も雲隠れしていました。
e0004756_20575947.jpg
e0004756_20584607.jpg
↓みどり駅をすぎると次駅は川湯温泉駅。
e0004756_20592586.jpg
総勢10名の列車女子旅です。
e0004756_21025754.jpg
e0004756_21032151.jpg
11時56分川湯温泉駅に到着。
私にとっては初めての釧網線乗車でした。
e0004756_21065953.jpg

e0004756_21052226.jpg

つづく

by hokui44do05 | 2019-06-09 21:21 | | Trackback | Comments(2)

ルート・ブリュック 蝶の軌跡 

先月29日から上京。
出かける前こちらが暑かったので涼しく感じました。
昨日は昼の便で帰りましたが、
東京ステーションギャラリーへ開館前に並んで
「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展を観てきました。
「北欧フィンランドを代表するアーティスト」で
「陶器メーカーアラビアの専属アーティストとして50年にわたる活躍」。
没後20年「日本で初めて網羅する展示会」なのだそう。
e0004756_20213012.jpg
3階に展示されている初期のものは撮影可でした。
e0004756_20250932.jpg
鳥をモチーフにしたものが愉しい!
e0004756_20275278.jpg
e0004756_20361681.jpg
e0004756_20364992.jpg
平面的なものばかりではありません。

e0004756_20375223.jpg
橋の中にも。
e0004756_20390110.jpg
ノアの箱舟にも。
e0004756_20400523.jpg
お皿。
e0004756_20404687.jpg
壺やティーポットなどにも。
e0004756_20421754.jpg
ポストカードのためのスケッチ。
e0004756_20445418.jpg
鳥籠。
e0004756_20484957.jpg
スズランはこちらにも。
e0004756_20515913.jpg
↑↓こちらにもスズラン!
e0004756_20531115.jpg
なんといってもこれが愉しい。
e0004756_20551533.jpg
↑↓ライオンに化けたロバ。
e0004756_20550359.jpg
2階には蝶の研究者であったお父さんを偲んでの小さな蝶々の陶板が
たくさんありました。(撮影不可)

2階の展示室の壁は、旧駅舎の煉瓦なのでまた違った雰囲気の空間になってました。
e0004756_21071594.jpg
↑↓お葬式。(3階の展示)
e0004756_21082650.jpg
そして、後半の作品である数十枚~数千枚ものタイルを組み合わせて作られているモザイク壁画は
また違った魅力のあるものばかりでした。(撮影不可)

ルート・ブリュックは、やはりデザイナーの夫とともにフィンランド北部のラップランド、ロバミエに夏季休暇に滞在していたそうです。
タイル壁画「流氷」がありました。夏だけではなく冬にも行ったのかしら?

絵葉書が欲しかったけれど、時間がなかったのでミュージアムショップは通過しました。


機上から着陸前の風景
by hokui44do05 | 2019-06-02 21:38 | | Trackback | Comments(0)

青い布

e0004756_21545346.jpg

いいタイミングで上京。
初日に行ってきました。
今回は青い布を持ち帰りました。

e0004756_22074871.jpg
1mずつあるので、ブラウスなら二枚できるかな。

昨年は赤い布を。
フレンチスリーブのブラウスになりました。
e0004756_22111579.jpg
翌日は羽田に向かう途中に自由が丘の岩立ミュージアムへ。
e0004756_22162046.jpg
藍の布を見てきました。
e0004756_21173116.jpg
会場の真ん中にありました。
e0004756_22144883.jpg
↑アフリカ・ナイジェリアの男性用衣装。
e0004756_22182543.jpg
デニム地のようなどっしりとした藍染め木綿に
絹糸で刺繍がほどこされています。
刺繍の技法はチェーンステッチ。
遙か南のアフリカの刺繍なのに、
北の刺繍にも共通するような。
そしてまた刺繍部分ははレースのようにも見えます。
e0004756_22243216.jpg
今回寄贈があったという田中昭夫氏の染め布も展示されていました。
e0004756_21282932.jpg
↑↓我が家にちょっとだけある田中昭夫氏の藍染め布。
鋏を入れられないのでそのまま両端を縫って覆い布にしています。
e0004756_21290755.jpg





by hokui44do05 | 2018-08-26 21:43 | | Trackback | Comments(0)

庭園美術館へ

先週土曜日から上京していました。
日曜日の午前中神戸から上京の娘と庭園美術館へ行ってきました。

e0004756_22265936.jpg
e0004756_22280226.jpg


大きく育った木々の緑が鮮やか。
庭園美術館の旧朝香宮邸はアール・デコ様式の館。

扉が素敵。

e0004756_22240153.jpg
e0004756_19510263.jpg


スチームカバー。

e0004756_19552333.jpg
e0004756_19553253.jpg


階段にも。

e0004756_19570934.jpg
e0004756_19573816.jpg
e0004756_19574868.jpg


タイルの床。

e0004756_19593522.jpg


↓マリー・ローランサンの絵付けがほどこされてます。

e0004756_20012060.jpg


新館では鹿島茂コレクション
フランス絵本の世界開催中。

e0004756_20084183.jpg


↓一部撮影可の展示から。

e0004756_20142049.jpg

e0004756_20153480.jpg

e0004756_20161342.jpg

e0004756_20165715.jpg

奥のカフェで。
e0004756_20233901.jpg

e0004756_20244902.jpg

午後から予定がありこれで時間切れ。
次回はゆっくり庭園の中も歩いてみたい。


by hokui44do05 | 2018-05-25 20:29 | | Trackback | Comments(0)

横浜でお花見

先週月曜日から相方の春休みで一緒に上京。
水曜日はすっかり春陽気の横浜でお花見してきました。
e0004756_20172621.jpg


エゾヤマザクラの花はピンク色なので、
東京のサクラはずいぶんと白いと思いましたが、
近づいてよくよくみると薄ピンク色なんですね。

e0004756_20184597.jpg
e0004756_20190021.jpg
e0004756_21051961.jpg
e0004756_20192959.jpg
e0004756_20275742.jpg


ハナニラやムスカリ。

e0004756_20201427.jpg


バラはまだだけど花壇も華やか。

e0004756_20203873.jpg


異人館べーリックホールではイースターのしつらえも。

e0004756_20225426.jpg
e0004756_20223446.jpg


e0004756_20235159.jpg
e0004756_20582401.jpg
e0004756_21064602.jpg
木曜日、昼の便で網走に戻りました。
こちらも水曜日は17度まで上がったそうで
女満別空港付近、雪はほとんどなくなってました。
e0004756_20574567.jpg
今日からもう四月です。
新年度の始まり。


by hokui44do05 | 2018-04-01 21:07 | | Trackback | Comments(0)

鎌倉、鶴岡八幡宮へ

鎌倉では小町通りでお昼を食べてから鶴岡八幡宮へ。
寒牡丹を観ました。

e0004756_21162523.jpg
e0004756_21165640.jpg
e0004756_21172608.jpg
お参りもしてきました。
e0004756_21183633.jpg
e0004756_21190347.jpg
e0004756_21193173.jpg
e0004756_21223933.jpg
寒かったけれど晴天に恵まれてよかった。
e0004756_21194918.jpg
e0004756_21245785.jpg
若宮大路の段葛の始まる鳥居。
左側にある豊島屋本店の向かいに出来たカフェに立ち寄りました。
e0004756_21253811.jpg
金柑ケーキ。
e0004756_21255061.jpg
私が食べた、置き石。
アーモンド入りエクレア。
皮がパリッと美味でした。
e0004756_21260447.jpg
友人二人が食べたパフェ。
アイスクリームはやはり北海道の方が美味しいかもと。


by hokui44do05 | 2018-02-03 21:37 | | Trackback | Comments(0)

鎌倉の額縁屋さん

先週金曜日上京二日目は鎌倉へ。

e0004756_20520133.jpg

目的地はスワニーだったのですが、

50メートル手前の額縁屋さんに立ち寄りました。

e0004756_20521913.jpg
魅力的な額がたくさんありました。
e0004756_20523614.jpg

こちらを購入。

e0004756_20560227.jpg

チークの古材利用のものなのでクギの跡などあり。

e0004756_20561843.jpg

↓10センチほどの小ささ。

e0004756_20563076.jpg

この後スワニーでお買い物。


e0004756_20532675.jpg
小町通りには修学旅行の中学生が大勢います。
e0004756_20540905.jpg
どこも混雑でお蕎麦屋さんに並んで入りました。
e0004756_20541955.jpg
↑しらす丼定食。
↓蕎麦コロッケ定食。
e0004756_20543096.jpg


by hokui44do05 | 2018-02-01 21:24 | | Trackback | Comments(0)

渡月橋をわたって 落柿舎まで 

JR山崎駅に戻って、さらに阪急線の大山崎駅から電車で桂へむかいました。
桂で京都在住の友人と待ち合わせ。
桂離宮向かいの中村軒でお茶タイム。
e0004756_20102158.jpg
生麩餅とお薄をいただきました。
店内は明治37年築の古い茶店。座敷の奥に中庭もあり、さらに奥には椅子席も。
広いですが、休日は混み合うらしい。
友人は焼き餅と栗入りのおぜんざい。
冬には白味噌雑煮もあるというのでまた来てみたいな。

この後は友人の車で嵐山へ。
阪急線嵐山駅近くで駐車して歩きます。
最初にわたったのは渡月小橋。
台風21号の影響で桂川は濁流です。
e0004756_20190183.jpg
渡月橋が見えてきました。
e0004756_20105239.jpg
車道には車ばかりでなく、自転車や人力車も。
e0004756_20205081.jpg
こんな日は保津川下りはできませんね。

e0004756_20560098.jpg
橋の欄干は木製ですが、橋桁と橋脚はコンクリート製です。
4年前の台風で周辺のお店などが浸水、橋も冠水しましたが壊れませんでした。
橋をわたったら嵯峨野方面へ歩きます。
e0004756_20211290.jpg
e0004756_20234001.jpg
竹林の道。
ここを歩くのは何十年ぶりになるでしょうか。
二十代前半の学生時代に訪れました。
あの頃より道が狭く思えるのは人が多いからなのか。
↓ここにも台風のつめあと。
e0004756_20243436.jpg
e0004756_20250693.jpg
野宮神社。
e0004756_20241293.jpg

↓途中のJR山陰本線(嵯峨野線)の踏切。
線路内立ち入り撮影禁止の立て看あり。

e0004756_20253301.jpg

竹林の中に人力車用の小道ができてました。

e0004756_20255301.jpg


ようやく視界が開けました。

e0004756_20265991.jpg


落柿舎が見えます。

e0004756_20273624.jpg
e0004756_21233607.jpg

以前は柿の木が40本近くあったらしい。

e0004756_21250442.jpg
落柿舎は松尾芭蕉の弟子向井去来の家でした。
芭蕉は3度訪れて逗留。
当時(1687年)の家が残っているわけではなく後に再建(1770年)されました。

e0004756_21260371.jpg
庭には四季折々の花が咲きます。
e0004756_21494189.jpg
ホトトギスとマンリョウ。
e0004756_21531739.jpg
フジバカマ。
e0004756_21543314.jpg
柿。
e0004756_21564423.jpg
e0004756_21595808.jpg
e0004756_22083409.jpg
日も暮れ始めたのでJR桂川駅まで送ってもらい、
駅に隣接の大きなイオンモールで夕飯の買い物して神戸へ戻りました。
この日の歩きは二万歩越え。
10月26日



by hokui44do05 | 2017-11-03 22:48 | | Trackback | Comments(2)

大山崎山荘へ

京都の大山崎山荘へ行ってきました。
神戸からは大阪を通ってJRで1時間ちょっとでした。
e0004756_21010299.jpg
山荘は天王山中腹にあります。
駅からは高齢者優先の無料送迎バスがあるようでしたが、10分ほどなので歩きました。
坂道をひたすらのぼります。
e0004756_21082757.jpg
山荘入り口のトンネル。
e0004756_21085050.jpg
入り口からは庭園内の道。
e0004756_21103993.jpg
楓に目がいきます。
e0004756_21092663.jpg
木々の緑もまだ美しい。
e0004756_21095115.jpg
なんとまだツワブキの黄色い花が咲いてました。
e0004756_21101803.jpg
見上げて少し黄色味帯びてる楓の葉。
e0004756_21111697.jpg
ようやく建物が。
山荘の本館は実業家加賀正太郎が設計。
大正時代建てられた英国のチューダー・ゴシック様式を基本に。
e0004756_21121989.jpg
手前左の垂れ下がって枝にはよく見ると青い実。
e0004756_21140498.jpg
ヌマスギの実。
e0004756_21141306.jpg
山荘は美術館になっていて、ちょうど有元利夫展開催中でした。
e0004756_08172471.jpeg
美術館をとしては、右手の白い回廊の向こうに安藤忠雄設計の「夢の館」山手館があります。
そこに有元利夫の大きな作品の展示がありました。
展示室内は撮影不可。

本館の2階には旧加賀夫妻の寝室とテラスが喫茶室となってます。
e0004756_20093801.jpg
e0004756_20100569.jpg
e0004756_20092242.jpg
この廊下から続く地中にはもう一つ安藤忠雄設計の館が。
e0004756_20102575.jpg
e0004756_20104225.jpg
右手扉を開けると半円形の展示室。
山荘美術館所蔵のモネの睡蓮やルオー、ピカソ、モディリアニ、ムアなどの絵、
ロダン、マイヨール、ジャコメッティの彫像がありました。
本館の常設展示は浜田庄司や河井寛次郎、バーナード・リーチ、富本憲吉の陶器を陳列。
これらのコレクションは、民芸復興運動を支援していたアサヒビール初代社長山本為三郎によるものです。
これらの展示、見覚えがありました。
たしか、何年か前、東京上野でのウィリアム・モリス展だったような。
e0004756_21043603.jpg
↑この古木、アラカシの木かな?

美術館を後にして住宅街を少し歩きました。
e0004756_21030532.jpg
柿の実がたくさん。
e0004756_21095350.jpg
e0004756_21263976.jpg
イチジクはまだ青い?
e0004756_21112225.jpg
パン屋さんに到着。
e0004756_21121962.jpg
e0004756_21124579.jpg
e0004756_21131198.jpg
お腹が空いていたのでお昼はサンドイッチ。
イタリアパンのフォッカチャサンドみたいで美味しかった。
お店の名前はフランス語みたいだけど。

10月26日

つづく

by hokui44do05 | 2017-11-01 21:39 | | Trackback | Comments(0)

21号と22号のはざまに

先週水曜日、台風の去った後のオホーツクの地は穏やかでした。

e0004756_21165921.jpg

女満別空港の搭乗待合室から。

e0004756_21171742.jpg

斜里岳は雪化粧。

e0004756_21173463.jpg

ウナベツ岳方面。

e0004756_21182532.jpg

機上からの阿寒方面。
二日前に降った雪が残っていました。

女満別から千歳経由で伊丹空港へ飛びました。
伊丹着は19時。

e0004756_21213946.jpg
e0004756_21215155.jpg

大阪上空です。

帰りは昨日。
関西方面では朝から雨降り。
伊丹空港10時30分発羽田経由で14時5分女満別着。

e0004756_21383232.jpg

カラマツの葉が黄金色になってます。

e0004756_21384435.jpg
秋まき小麦畑は緑色。

今日は午前中に菜園へ行って最後の収穫。
e0004756_21440865.jpg
昼過ぎから雨が降ってきました。
e0004756_21453141.jpg

キッチンの窓から。

車のタイヤも冬仕様のスタッドレスに履き替えました。

旅の様子は後日。


by hokui44do05 | 2017-10-29 21:55 | | Trackback | Comments(0)

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る