人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

畑仕舞いとマルメロ(追記あり)

昨日の午後、菜園へ行ってきました。

e0004756_20181503.jpg

これで最終の収穫。

e0004756_20183038.jpg
e0004756_20183926.jpg

帰りに、果樹園にてマルメロをゲット。

e0004756_20185789.jpg

玄関に並べたら香りが半端ない。
二つ残してジャムにしました。

e0004756_20192297.jpg

e0004756_20193172.jpg
周りのうぶげを洗って四つ割り。
種はぴっちりと入っていますが、柔らかい。
e0004756_20194344.jpg
薄切りにして塩水につけておきます。
半量のグラニュー糖をかけて半日放置。
e0004756_20195772.jpg
芯と種はひたひたの水を入れ、10分ほど煮ました。
ガーゼで漉した煮汁を加えて
グラニュー糖をかけておいたマルメロの鍋を火にかけます。
e0004756_20220423.jpg
30分くらい煮てとろみが出てきたら瓶に詰めました。
もうちょっと赤っぽくなることを期待していたけれど
これ以上煮詰めると固めになりそうなのでこのくらいで仕上がり。

酸っぱさのある濃厚なジャム。
e0004756_20020347.jpg
これぞマルメロという味?!
南国のフルーツ、マンゴーやパパイヤを思わせます。
e0004756_20021389.jpg
今回使ったマルメロは、まだ充分に熟していなかったかも。
熟すと仕上がりの色が紅くなるように思われます。

そう言えば3か月くらい前ハスカップ摘みに果樹園へ行った時に
マルメロの木があることに気がついていたのでした。
e0004756_20013576.jpg
↑すごくたくさん実がついている!(7月半ばに撮影)
マルメロの実は熟すと周りについていたウブゲ(綿毛)がとれてくるらしい。
そうするときっと黄色い実がぶら下がっているようになるのだな!
そして周囲にはあの芳香が漂っているに違いありません。
と言ってもこれからは寒くなるから熟さないで冬になってしまうかしら。
果樹園は11月半ばまでだそうだから、もう一度行ってみようと思ってます。


by hokui44do05 | 2018-10-29 21:54 | 菜園 | Trackback | Comments(5)

暖かな日々

このところ昼間は暖かです。
紅葉していた街路樹のエゾヤマザクラは散り始めて、
歩道の落葉掃き欠かせません。
庭のコスモスがまだ咲いてます。

e0004756_21495844.jpg

ワイルドストロベリーも。

e0004756_21501267.jpg

友人が近くの空き地でたくさん咲いていたヒマワリを
花束にして持ってきました。

e0004756_21503768.jpg

網走キルターズの作品展まで残すところ2週間足らず。
なんとか仕上げなくては。

e0004756_21512660.jpg





クッキー焼きました
by hokui44do05 | 2018-10-25 22:46 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

黄色い秋に

白樺の葉が黄色くなってきました。

e0004756_21015958.jpg

こちらには黄色の茂みには小さな青い実がぶら下がってます。

e0004756_21021263.jpg

コクワ(サルナシ)です。
熟して落ちた実を拾ってきました。

e0004756_21022282.jpg
キゥイのミニチュア版。
e0004756_21024652.jpg

e0004756_21030063.jpg
甘くて美味。
朝のご馳走。


by hokui44do05 | 2018-10-22 21:13 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

今日も行ってきました

昨日は旧友たちと一緒に、
今日はアイヌ刺繍の講習会で連日北方民族博物館へ。

e0004756_19374008.jpg


常設展では、
少し前に習ったアラスカのチルカット織りの元となるデザインをじっくり観察。

e0004756_19473442.jpg
e0004756_19474488.jpg
e0004756_19472493.jpg

講習会の講師は阿寒在住の西田香代子さん。
一年前にカラミップを教えていただきました。

e0004756_20025356.jpg

今回習うのはルウンペです。

e0004756_20011215.jpg

テープ状に切った布を留めつけていきます。

e0004756_20012507.jpg

曲げる時は布をたたみます。
畳んだ山は縫いとめます。

e0004756_20013752.jpg

↑テープ状の布を留めつけた上から刺繍します。
角には尖りを刺繍。

今回の図案。

e0004756_20052156.jpg

ブックカバーになります。

e0004756_20065989.jpg

続きは、キルトを仕上げてからに。


by hokui44do05 | 2018-10-20 20:13 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

知床と能取岬、そして天都山から

旧友がやって来たので、
昨日は一緒に知床へ。

e0004756_22345405.jpg
雲が垂れ込めて連山の全貌は見えませんでした。
e0004756_23023181.jpg
風も強くて寒かった!
e0004756_22340069.jpg
帰りの天に続く道。
e0004756_22374013.jpg
オホーツク海へも道は続いてます。
e0004756_22435909.jpg
今日は晴れ。
能取岬へ行ってきました。
e0004756_22495716.jpg
海は満ち潮。
e0004756_22514546.jpg
e0004756_22550912.jpg

そして夕方は天都山から。

e0004756_22572164.jpg
秋深まってきました。


by hokui44do05 | 2018-10-19 23:09 | ドライブ | Trackback | Comments(2)

小さめだけど

今日は朝から晴れたので菜園へ。

e0004756_21342617.jpg

人参をすべて収穫。
間引きしそこねたので小さめ。
ビーツもピンポン玉くらい。

e0004756_21371400.jpg

まだ残っているけれど、これからはもう大きくならないだろうな。

e0004756_21374207.jpg

昨日の雨で土がぬかるんでいるので、
長ネギや小ネギも残してきました。

e0004756_21413813.jpg

帰りがけに果樹園にマルメロがないかと寄ってみましたが、
まだこれからとのこと。
大きなプルーンと梨三種を買ってきました。

e0004756_21445433.jpg
e0004756_21454433.jpg
e0004756_21492234.jpg
カラマツはまだ緑ですが、エゾヤマザクラなど紅葉が始まってます。
e0004756_21494298.jpg

ナナカマドも紅い。



by hokui44do05 | 2018-10-13 21:52 | 菜園 | Trackback | Comments(0)

一カ月後に

第11回キルトフェアinオホーツク網走キルターズの作品展まで
後一カ月となりました。

e0004756_20302541.jpg

まだ自分の作品のキルティングが終わっていない!
昨日も今日もお天気がよくないので少しはかどりましたが。

晴れると庭仕事が待ってます。
最近よく見かけてんとう虫、これは珍しい?

e0004756_20370539.jpg

まだまだ採れてるブラックベリー。

e0004756_20363333.jpg

ブランデーワインという洋梨と一緒にジャムにしました。

e0004756_20424462.jpg

少し前には栗をいただいたので、

e0004756_20380999.jpg

栗ご飯や甘露煮、

e0004756_20375039.jpg

手羽先と一緒に味噌煮にも。

e0004756_20375830.jpg

この後また、青森の友人からの庭で採れた栗もいただいたので、
とりあえず茹でて中身を取り出してクッキー用に冷凍保存。

e0004756_20371564.jpg




by hokui44do05 | 2018-10-08 21:03 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

チルカット織りのペンダント

昨日は北方民族博物館でチルカット織りのペンダントの
講習会を受けてきました。

e0004756_20522029.jpg

チルカット織りはトーテムポールの模様にあるような図案が織り込まれます。
博物館所蔵のチルカット織りのマント。

e0004756_21251343.jpg
マントは民族の儀式の時に使われます。
e0004756_21244852.jpg
e0004756_21253108.jpg
e0004756_21254631.jpg

経糸はアラスカや北アメリカ高地に棲むシロイワヤギの毛とスギの樹皮を撚って作られます。
緯糸はシロイワヤギの毛。黒やブルー、黄色に染めたものも使われています。
広げると幅は2メートル。
織り台の横板のビームは2メートル以上になり、
一模様ずつコツコツ仕上げていくので織り上げるには2~3年はかかるそうです。

講習会では縦糸は太めのたこ糸で、緯糸は中細毛糸で代用。
各人に織り枠が用意されていました。

e0004756_21134490.jpg

まずは経糸を準備。

e0004756_21410295.jpg
e0004756_21413467.jpg
私の画像はここまで。
e0004756_21454495.jpg
是恒さんの製作中のもの。
e0004756_21485208.jpg
↑出来上がり見本。
e0004756_21490373.jpg
↑裏側です。
講習は、お弁当持ちで朝9時半から夕方の16時半まで行われました。
細かい作業なので目が疲れてしまい、午後には集中切れ。
丸の途中までしかすすまずでした。

今日は一日中雨降り。
でも昼間はやはり明るいので少し織りすすめました。
e0004756_21551921.jpg
e0004756_21553681.jpg
要領を忘れないうち
日中明るい時にちょっとずつすすめることにしました。
テキスト見ながらですが果たしてちゃんと出来上がるのか、、、。


by hokui44do05 | 2018-10-01 22:12 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る