人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

白樺細工のコースター

先週土曜日に受けた講習会でお持ち帰りになった白樺樹皮の切り出しをして
コースターを作ってみました。
角の作り方は講習会で習っていたので忘れないうちにということで。
e0004756_20464373.jpg
左側のは二番皮、右のは1番皮です。
e0004756_20484708.jpg
切り出しにはこちらの道具を使いました。
e0004756_20504554.jpg
幅1.5センチ長さ25センチを20本くらい切っただけなのに、
翌朝、親指のつけ根が痛かった(トホホ)。
e0004756_20512315.jpg
切り出した帯状樹皮は霧吹きしてから油鞣し。
e0004756_20534027.jpg
e0004756_20540258.jpg
二番皮はまだ少し残っているので、
また何か作れるかな。


樹皮剥ぎもしてきました。
by hokui44do05 | 2019-06-27 21:24 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

庭にピンクや紫の花々

今日は晴れて気温上昇。
といっても空気は乾いてからっと。内陸のような暑さにはなってません。

バラが咲き始めました。
ピエール・ド・ロンサール。
e0004756_20020702.jpg
e0004756_20250815.jpg
ムスク・マロウは昨年より小型でちょうどいい感じ。
e0004756_20054658.jpg
e0004756_20263786.jpg

蔓性ではない木立クレマチス。
e0004756_20074740.jpg
瀧口(ロウグチ)。つる性です。
e0004756_20144246.jpg

モモノハキキョウも。
e0004756_20090105.jpg
ラミウムも。
e0004756_20160435.jpg
この花の名、忘れてしまったけれど、
ホタルブクロの仲間。
e0004756_20165584.jpg
玄関脇のロックガーデン。
チャイブスとイブキジャコウソウ。
e0004756_20202584.jpg
ラベンダーは蕾。
e0004756_20205874.jpg
ツルコケモモの花が咲き始めました。
e0004756_20214478.jpg
こちらのコケモモはもう実になってる!
e0004756_20225752.jpg


by hokui44do05 | 2019-06-26 20:34 | | Trackback | Comments(0)

さくらんぼがもう赤くなって

早くも庭のさくらんぼが色づいてきました。
e0004756_20353621.jpg
たくさんなっているけれど、粒は小さめ。
e0004756_20371074.jpg
冬に雪が少なく、
春から雨も少ないことの影響なのか、、、。
今週末はまた気温が下がって雨が降るとの予報なのでどうなることやら。

小粒と言えば、先週青森から送られてきたグズベリー、
今まで以上に小粒でした。
e0004756_20462691.jpg
小粒なので花付きを取るのに時間がかかります。
e0004756_20465703.jpg
でも、小粒な分、酸味が濃くてジャムになるととっても美味。
ワインジャムを作りました。
e0004756_20481865.jpg
↑まず、白ワインで煮ます。
グズベリーの半量のグラニュー糖を加えてアク取り。
実が崩れ始めたら火を止めて瓶詰め。
e0004756_20584675.jpg
甘さ控え目なので、
肉料理のソースにも使えます。




by hokui44do05 | 2019-06-25 21:01 | | Trackback | Comments(0)

夏至の日に 白樺樹皮で編むミニマット

6月22日北方民族博物館で開かれた白樺細工の講習会に参加してきました。
講師は、山辺朋子さん。
今回作るのは右のマットです。
e0004756_21030973.jpg
e0004756_21045615.jpg
始めにコースターの角の作り方を習いました。
e0004756_21471991.jpg
e0004756_21473840.jpg
この後、講師の山辺さんが白樺細工を習った東シベリアイルクーツク州の村の様子、
白樺の生えてる森のこと、
白樺樹皮採取から白樺細工をするまでの準備の話を聞きました。
村では基本的に白樺の伐採は禁じられていますが、
樹皮剥ぎは許可をとらなくても自由にできるそうです。
立木から樹皮を剥ぐのですが、
適切に樹皮剥ぎがされれば、木は枯れることはありません。
剥いだ部分は、直後は黄色い木肌がむき出しになりますが、
時が経つと黒くなり、そして下にはまた白い肌が再生されて、
黒い部分はかさぶたのようにはがれていくそうです。

いよいよ作業開始。
残念にも忙しく画像は撮ってません。

紐状になった樹皮の一部厚み調整をしました。
今回20本必要のうち4本でしたが。
厚みのある皮は、2枚から3枚に剥いで調整。
木部に近い部分から1番皮2番皮となります。
剥いだ皮は油なめし。
この作業は一枚ずつ丁寧に行います。
e0004756_20580715.jpg
使う油は、台所にあるものでもOK。
今回は椿油を使っていました。

編む順序。
e0004756_21321833.jpg
e0004756_21322939.jpg
e0004756_21323880.jpg
e0004756_20220481.jpg

↑完成間近。
e0004756_20223133.jpg
↑仕上がった方も。
e0004756_20214994.jpg
手前のは私の。
帰ってから翌日仕上げました。
e0004756_21324699.jpg
↑ちょっとぐすぐす気味ですがいいことに。
e0004756_21043492.jpg
↑コースター用に切り出す樹皮はお持ち帰りになりました。

e0004756_20270157.jpg
↑最近のロシア土産の白樺細工。
ナナカマドの柄。
e0004756_20304071.jpg
アカマツの根。
これで籠編みする人もいる。
e0004756_20364340.jpg
↑山辺さん愛用のバッグと眼鏡ケース。
使われてこその白樺細工です。
自分用のものは二番皮を使って作るのだそう。
とてもしなやかで軽いです。



by hokui44do05 | 2019-06-24 21:37 | 手芸 | Trackback(1) | Comments(0)

今日も晴れたので

久しぶりに、森を歩いてきました。
一カ月前の新緑の頃とは違ってます。
木々の葉が茂っり、草もうっそうと生えていました。
e0004756_20074105.jpg
少し暗めの森のあちこちにサイハイラン咲いてます。
e0004756_20085972.jpg
e0004756_20094447.jpg
e0004756_20103063.jpg
ツルアジサイも。
e0004756_20120900.jpg
シャク群生。
e0004756_20143787.jpg
花は終わったようですが。
e0004756_20151429.jpg
海は引き潮。
e0004756_20165587.jpg
左海別岳、右に斜里岳。
間の木がずいぶん伸びた!
e0004756_20172776.jpg
知床連山と穏やかな海。
e0004756_20195888.jpg
11年前になりますが、
ちょうど今頃森を歩いていたら、笛の音色が聞こえてきました。
S.K.さんの吹くケーナでした。

久しぶりに今日は「ジョッピンカッタカ」を何度も聞きました。
どこでどんな姿の鳥が鳴いているのかは見つけられませんでしたが。
e0004756_20213891.jpg
残念なことにS.K.さんは今年2月の始めに急逝。
あの時も笛の奏でるメロディーの合間に
小鳥たちのさえずりがひっきりなしだったこと思い出しながら歩きました。

いつもと違う森の出口を通ってきたら、ヤマボウシの花満開。
e0004756_20524328.jpg
e0004756_20541451.jpg
e0004756_20550485.jpg
もうすぐ夏至ですね。

by hokui44do05 | 2019-06-19 20:58 | 散策 | Trackback | Comments(0)

蝦夷梅雨は明けるのか。

今日は久々の陽射し。

ブラックベリーの花が咲き始めてました。
e0004756_21211534.jpg
西側のキッチンガーデンは元気。
e0004756_21245920.jpg
ワイルドストロベリー。
e0004756_21282691.jpg
ジューンベリーはまだ上を向いている。
e0004756_21383948.jpg
ナツユキカズラの花も咲き出して。
e0004756_21424628.jpg
サクランボ。
e0004756_21495455.jpg
我が家のはまだ緑だけれど、早くも赤くなってるところもあるらしい。

これからは晴れが続きますように。

by hokui44do05 | 2019-06-18 22:10 | | Trackback | Comments(0)

キルターズのお針箱拝見


毎週金曜日は街の文化センターでキルターズの例会をしています。
皆さんのお針道具入れ拝見。
e0004756_20595637.jpg
↑K.K.さんのお針入れ。
眼鏡ケースはウィルタ刺繍で。
e0004756_21014838.jpg
↑Oさんのお針入れ。
e0004756_21044642.jpg
↑M.N.さんのお針箱。
e0004756_21061494.jpg
↑T.K.さんのお針箱。

e0004756_21081220.jpg
↑T.Y.さんのお針箱。
e0004756_21350783.jpg
↑M.K.さんのお針入れ。
e0004756_21121955.jpg
↑すっきりポーチに収まってます。
e0004756_21094825.jpg
↑K.T.さんのお針入れ。
e0004756_21252326.jpg
↑ハリネズミの針刺し。
e0004756_21245663.jpg
↑陶器のウサギさんと針山。
e0004756_21250990.jpg
↑クルミの殻の針山。
e0004756_21135658.jpg
↑エゾノコリンゴのお針箱。

e0004756_21311042.jpg
毎回楽しみなのはIさんの本日のキャラ弁当です!

by hokui44do05 | 2019-06-15 21:59 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

つつじが原へ

川湯温泉駅で、網走から車で来たふたり、北見からのSさん、釧路からのYさんと合流。
バスと車に分乗で川湯温泉街へ。
夏期間のみオープンのカフェ美森家(みりや)にてランチコースをいただきました。
e0004756_21182272.jpg
総勢14名に。
e0004756_21322692.jpg
e0004756_21341195.jpg
↑これにサラダ、デザートと珈琲。

食後はホテルのチェックインまで時間があるので、
温泉駅へ戻って買い物グループとつつじが原までのお散歩グループに分かれました。
e0004756_21351725.jpg
↑大鵬記念館の前で。
e0004756_21362561.jpg
森の中の道はウッドチップが敷かれて作られてから数年がたって
苔むしてふかふかと歩きやすい。
e0004756_21440891.jpg
イソツツジが咲き始めていました。
e0004756_21451296.jpg
e0004756_21453826.jpg
e0004756_20361023.jpg
遊歩道は硫黄山の麓まで続きますが、
このあたりで引き返しました。
e0004756_20495223.jpg
↓林間に咲く小さな6弁の花はツマトリソウ。
初めて見ました。
ゴゼンタチバナと見間違えましたが、
ゴゼンタチバナの花は4弁でした。
e0004756_21554074.jpg
マイヅルソウも咲いていました。
e0004756_21571643.jpg
これはシカさんの落とし物。
e0004756_21582864.jpg
Iさんがクマゲラを見つけました。
e0004756_20375032.jpg
↑↓頭の上が赤いのだけれど画像ではよく見えませんね。
e0004756_20383265.jpg
入り口にこの看板ありましたが、
クマには出会わず戻ることができました。
e0004756_20424382.jpg
ホテルへ行く途中の空き地にルピナス群生。
e0004756_20465265.jpg
e0004756_20472759.jpg
ホテルの前で。
e0004756_21171227.jpg
e0004756_21305377.jpg
帰りも川湯温泉から列車に乗って。
e0004756_21183145.jpg
駅舎は昭和36年に改築されたものが残ってます。
e0004756_21384748.jpg
e0004756_21391081.jpg
駅事務室はレストラン「オーチャードグラス」。

e0004756_21423791.jpg
帰りは仲間とのおしゃべりで画像はほとんどありません。
e0004756_21433970.jpg
e0004756_21443042.jpg



by hokui44do05 | 2019-06-11 21:46 | 散策 | Trackback | Comments(0)

釧網線に乗って

7日金曜日キルターズの仲間と釧網線に乗って川湯温泉へ行ってきました。
同行ふたりと藻琴駅で釧路駅行きに乗車します。
e0004756_22044720.jpg
無人駅ですが、駅舎を利用した食堂があります。
同行のKさんが初めて釧網線に乗ったのは昭和31年だったそう。
当時はまだディーゼル列車ではなく蒸気機関車で、
釧路に着く頃には顔が真っ黒にすすけたと、、、!
e0004756_20021595.jpg
午前中の釧路行きは2本。
私たちは網走駅10時24分発の快速知床摩周号に乗車。
網走駅から乗車した3名、次の桂台で乗車した3名と合流です。
e0004756_20061524.jpg
e0004756_21211072.jpg
列車がきました。
一両編成です。
e0004756_20165696.jpg
10時35分藻琴駅出発。
ここからしばらくは進行方向左手にオホーツク海を見ながらの走行です。
e0004756_20184649.jpg
次駅は北浜。
e0004756_20221339.jpg
流氷到来の頃にはこの展望台からの眺めは圧巻。
e0004756_20220108.jpg
e0004756_20222479.jpg
夏期間のみ乗降できる原生花園駅付近には観光客がたくさん。
e0004756_20280037.jpg
濃いピンクのハマナスや黄色いエゾキスゲ、オレンジ色のエゾスカシユリ
などもちらほら咲き始めていました。
でも結局ここからは誰も乗車せず。
e0004756_20303504.jpg
e0004756_21181025.jpg
止別(やんべつ)駅舎の付近にはルピナス群生。
ルピナスは北海道に自生していたわけではなく、
外来種。冷涼な気候にあっているのか繁殖力は凄い!
別名上り藤。
e0004756_20424021.jpg
蕗の葉っぱはまだみずみずしく新緑。
e0004756_20444719.jpg
もうすぐ知床斜里駅。
e0004756_20460782.jpg
雲間からは知床連山が。
e0004756_20474278.jpg
ウナベツ岳には雲がかかって見えません。
e0004756_20495103.jpg
斜里川を渡ります。
e0004756_20503046.jpg
しれとこしゃり駅では、
網走方面へ向かう列車と待ち合わせ。
5分停車です。
e0004756_20530237.jpg
網走へ向かう列車には、流氷模様。
e0004756_20534402.jpg
ここからはもう海は見えません。
e0004756_20561880.jpg
左側に迫るように見えるはずの斜里岳も雲隠れしていました。
e0004756_20575947.jpg
e0004756_20584607.jpg
↓みどり駅をすぎると次駅は川湯温泉駅。
e0004756_20592586.jpg
総勢10名の列車女子旅です。
e0004756_21025754.jpg
e0004756_21032151.jpg
11時56分川湯温泉駅に到着。
私にとっては初めての釧網線乗車でした。
e0004756_21065953.jpg

e0004756_21052226.jpg

つづく

by hokui44do05 | 2019-06-09 21:21 | | Trackback | Comments(2)

ルバーブそして山菜

昨日から気温が下がりました。
肌寒いので、オーブン使用。
友人からいただいたルバーブがあったのです。
e0004756_21152481.jpg
根元の赤い部分を飾り用に。
e0004756_21171339.jpg
ほどよく甘酸っぱくて美味しいケーキ。

↓我が家の庭のルバーブ。
e0004756_21241159.jpg
増やした株も充実です。
e0004756_21242703.jpg
たくさん採れそう。
e0004756_21244292.jpg
地元のいちごを手には入ったら一緒に煮てジャムにしようかな。

今日は相方が山菜を採ってきました。
なんとしても山ウドが食べたいらしい。
皮はきんぴらにします。
e0004756_21325352.jpg
8本分なので中華鍋いっぱい。
e0004756_21363372.jpg
中の白い部分は、さっと湯がいて薄切りのは味噌マヨネーズ和えに、
太いままのは、味噌漬けにしました。
e0004756_21331511.jpg
山ウドの芽はもちろん天ぷらです。
タランボとコゴミも少し。
e0004756_21352190.jpg
フキはもうちょっと硬めでした。
e0004756_21402798.jpg
シャリシャリ感のある煮物にしました。
e0004756_21404995.jpg
オホーツクの山の春の恵み、ご馳走様でした。


by hokui44do05 | 2019-06-06 21:53 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る