人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

蝦夷梅雨は明けるのか。

今日は久々の陽射し。

ブラックベリーの花が咲き始めてました。
e0004756_21211534.jpg
西側のキッチンガーデンは元気。
e0004756_21245920.jpg
ワイルドストロベリー。
e0004756_21282691.jpg
ジューンベリーはまだ上を向いている。
e0004756_21383948.jpg
ナツユキカズラの花も咲き出して。
e0004756_21424628.jpg
サクランボ。
e0004756_21495455.jpg
我が家のはまだ緑だけれど、早くも赤くなってるところもあるらしい。

これからは晴れが続きますように。

by hokui44do05 | 2019-06-18 22:10 | | Trackback | Comments(0)

キルターズのお針箱拝見


毎週金曜日は街の文化センターでキルターズの例会をしています。
皆さんのお針道具入れ拝見。
e0004756_20595637.jpg
↑K.K.さんのお針入れ。
眼鏡ケースはウィルタ刺繍で。
e0004756_21014838.jpg
↑Oさんのお針入れ。
e0004756_21044642.jpg
↑M.N.さんのお針箱。
e0004756_21061494.jpg
↑T.K.さんのお針箱。

e0004756_21081220.jpg
↑T.Y.さんのお針箱。
e0004756_21350783.jpg
↑M.K.さんのお針入れ。
e0004756_21121955.jpg
↑すっきりポーチに収まってます。
e0004756_21094825.jpg
↑K.T.さんのお針入れ。
e0004756_21252326.jpg
↑ハリネズミの針刺し。
e0004756_21245663.jpg
↑陶器のウサギさんと針山。
e0004756_21250990.jpg
↑クルミの殻の針山。
e0004756_21135658.jpg
↑エゾノコリンゴのお針箱。

e0004756_21311042.jpg
毎回楽しみなのはIさんの本日のキャラ弁当です!

by hokui44do05 | 2019-06-15 21:59 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

つつじが原へ

川湯温泉駅で、網走から車で来たふたり、北見からのSさん、釧路からのYさんと合流。
バスと車に分乗で川湯温泉街へ。
夏期間のみオープンのカフェ美森家(みりや)にてランチコースをいただきました。
e0004756_21182272.jpg
総勢14名に。
e0004756_21322692.jpg
e0004756_21341195.jpg
↑これにサラダ、デザートと珈琲。

食後はホテルのチェックインまで時間があるので、
温泉駅へ戻って買い物グループとつつじが原までのお散歩グループに分かれました。
e0004756_21351725.jpg
↑大鵬記念館の前で。
e0004756_21362561.jpg
森の中の道はウッドチップが敷かれて作られてから数年がたって
苔むしてふかふかと歩きやすい。
e0004756_21440891.jpg
イソツツジが咲き始めていました。
e0004756_21451296.jpg
e0004756_21453826.jpg
e0004756_20361023.jpg
遊歩道は硫黄山の麓まで続きますが、
このあたりで引き返しました。
e0004756_20495223.jpg
↓林間に咲く小さな6弁の花はツマトリソウ。
初めて見ました。
ゴゼンタチバナと見間違えましたが、
ゴゼンタチバナの花は4弁でした。
e0004756_21554074.jpg
マイヅルソウも咲いていました。
e0004756_21571643.jpg
これはシカさんの落とし物。
e0004756_21582864.jpg
Iさんがクマゲラを見つけました。
e0004756_20375032.jpg
↑↓頭の上が赤いのだけれど画像ではよく見えませんね。
e0004756_20383265.jpg
入り口にこの看板ありましたが、
クマには出会わず戻ることができました。
e0004756_20424382.jpg
ホテルへ行く途中の空き地にルピナス群生。
e0004756_20465265.jpg
e0004756_20472759.jpg
ホテルの前で。
e0004756_21171227.jpg
e0004756_21305377.jpg
帰りも川湯温泉から列車に乗って。
e0004756_21183145.jpg
駅舎は昭和36年に改築されたものが残ってます。
e0004756_21384748.jpg
e0004756_21391081.jpg
駅事務室はレストラン「オーチャードグラス」。

e0004756_21423791.jpg
帰りは仲間とのおしゃべりで画像はほとんどありません。
e0004756_21433970.jpg
e0004756_21443042.jpg



by hokui44do05 | 2019-06-11 21:46 | 散策 | Trackback | Comments(0)

釧網線に乗って

7日金曜日キルターズの仲間と釧網線に乗って川湯温泉へ行ってきました。
同行ふたりと藻琴駅で釧路駅行きに乗車します。
e0004756_22044720.jpg
無人駅ですが、駅舎を利用した食堂があります。
同行のKさんが初めて釧網線に乗ったのは昭和31年だったそう。
当時はまだディーゼル列車ではなく蒸気機関車で、
釧路に着く頃には顔が真っ黒にすすけたと、、、!
e0004756_20021595.jpg
午前中の釧路行きは2本。
私たちは網走駅10時24分発の快速知床摩周号に乗車。
網走駅から乗車した3名、次の桂台で乗車した3名と合流です。
e0004756_20061524.jpg
e0004756_21211072.jpg
列車がきました。
一両編成です。
e0004756_20165696.jpg
10時35分藻琴駅出発。
ここからしばらくは進行方向左手にオホーツク海を見ながらの走行です。
e0004756_20184649.jpg
次駅は北浜。
e0004756_20221339.jpg
流氷到来の頃にはこの展望台からの眺めは圧巻。
e0004756_20220108.jpg
e0004756_20222479.jpg
夏期間のみ乗降できる原生花園駅付近には観光客がたくさん。
e0004756_20280037.jpg
濃いピンクのハマナスや黄色いエゾキスゲ、オレンジ色のエゾスカシユリ
などもちらほら咲き始めていました。
でも結局ここからは誰も乗車せず。
e0004756_20303504.jpg
e0004756_21181025.jpg
止別(やんべつ)駅舎の付近にはルピナス群生。
ルピナスは北海道に自生していたわけではなく、
外来種。冷涼な気候にあっているのか繁殖力は凄い!
別名上り藤。
e0004756_20424021.jpg
蕗の葉っぱはまだみずみずしく新緑。
e0004756_20444719.jpg
もうすぐ知床斜里駅。
e0004756_20460782.jpg
雲間からは知床連山が。
e0004756_20474278.jpg
ウナベツ岳には雲がかかって見えません。
e0004756_20495103.jpg
斜里川を渡ります。
e0004756_20503046.jpg
しれとこしゃり駅では、
網走方面へ向かう列車と待ち合わせ。
5分停車です。
e0004756_20530237.jpg
網走へ向かう列車には、流氷模様。
e0004756_20534402.jpg
ここからはもう海は見えません。
e0004756_20561880.jpg
左側に迫るように見えるはずの斜里岳も雲隠れしていました。
e0004756_20575947.jpg
e0004756_20584607.jpg
↓みどり駅をすぎると次駅は川湯温泉駅。
e0004756_20592586.jpg
総勢10名の列車女子旅です。
e0004756_21025754.jpg
e0004756_21032151.jpg
11時56分川湯温泉駅に到着。
私にとっては初めての釧網線乗車でした。
e0004756_21065953.jpg

e0004756_21052226.jpg

つづく

by hokui44do05 | 2019-06-09 21:21 | | Trackback | Comments(2)

ルバーブそして山菜

昨日から気温が下がりました。
肌寒いので、オーブン使用。
友人からいただいたルバーブがあったのです。
e0004756_21152481.jpg
根元の赤い部分を飾り用に。
e0004756_21171339.jpg
ほどよく甘酸っぱくて美味しいケーキ。

↓我が家の庭のルバーブ。
e0004756_21241159.jpg
増やした株も充実です。
e0004756_21242703.jpg
たくさん採れそう。
e0004756_21244292.jpg
地元のいちごを手には入ったら一緒に煮てジャムにしようかな。

今日は相方が山菜を採ってきました。
なんとしても山ウドが食べたいらしい。
皮はきんぴらにします。
e0004756_21325352.jpg
8本分なので中華鍋いっぱい。
e0004756_21363372.jpg
中の白い部分は、さっと湯がいて薄切りのは味噌マヨネーズ和えに、
太いままのは、味噌漬けにしました。
e0004756_21331511.jpg
山ウドの芽はもちろん天ぷらです。
タランボとコゴミも少し。
e0004756_21352190.jpg
フキはもうちょっと硬めでした。
e0004756_21402798.jpg
シャリシャリ感のある煮物にしました。
e0004756_21404995.jpg
オホーツクの山の春の恵み、ご馳走様でした。


by hokui44do05 | 2019-06-06 21:53 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

クレマチスが咲き始めました

早咲きのクレマチスが咲いています。
e0004756_20200321.jpg
ずいぶん前に友人から苗を分けてもらいました。
秋には枯れたような旧枝から春になると新枝が出てきます。
枝はしっかり硬くてまるで鉄線のよう。
だからテッセン?
植えてつけてから翌年はムラサキ色だったのに、
いつのまにか白い花ばかり。
e0004756_20303852.jpg
ユーホロビアは花が終わった?
e0004756_20345322.jpg
↑黄色い花のラミウム。
左には宿根ビオラ。
e0004756_20370272.jpg
↑ラムズイヤーが大きくなってきました。
ワイルドストロベリーはますます元気!
e0004756_20421663.jpg
↑うすももいろのミヤコワスレ。
2、3年前にクレマチスの苗をもらった友人に
このうすももいろのミヤコワスレの株を分けたのですが、
咲いたのはうすむらさきいろの花だったそう!
土によって変わったのか、、、?
e0004756_20431146.jpg
↑ピンクのスズラン花はそろそろおしまい。
e0004756_20445837.jpg
↑白いドイツスズランはまだ元気。
e0004756_20460254.jpg
↑ラズベリーの花が咲いてます。
e0004756_20465959.jpg
↑アロニアには早くも青い実が。
e0004756_20483905.jpg
↑西南側のキッチンガーデン。
ブラックベリーの枝を整理しました。

スベリヒユの幼芽を見つけました。
e0004756_20505119.jpg
↑畑の雑草ではありますが、
山菜として食べる地方もあるらしい。
まだ一度も試したことはないけれど、
寒冷地ならではの雑草?かもしれません。


by hokui44do05 | 2019-06-04 20:58 | | Trackback | Comments(0)

ルート・ブリュック 蝶の軌跡 

先月29日から上京。
出かける前こちらが暑かったので涼しく感じました。
昨日は昼の便で帰りましたが、
東京ステーションギャラリーへ開館前に並んで
「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展を観てきました。
「北欧フィンランドを代表するアーティスト」で
「陶器メーカーアラビアの専属アーティストとして50年にわたる活躍」。
没後20年「日本で初めて網羅する展示会」なのだそう。
e0004756_20213012.jpg
3階に展示されている初期のものは撮影可でした。
e0004756_20250932.jpg
鳥をモチーフにしたものが愉しい!
e0004756_20275278.jpg
e0004756_20361681.jpg
e0004756_20364992.jpg
平面的なものばかりではありません。

e0004756_20375223.jpg
橋の中にも。
e0004756_20390110.jpg
ノアの箱舟にも。
e0004756_20400523.jpg
お皿。
e0004756_20404687.jpg
壺やティーポットなどにも。
e0004756_20421754.jpg
ポストカードのためのスケッチ。
e0004756_20445418.jpg
鳥籠。
e0004756_20484957.jpg
スズランはこちらにも。
e0004756_20515913.jpg
↑↓こちらにもスズラン!
e0004756_20531115.jpg
なんといってもこれが愉しい。
e0004756_20551533.jpg
↑↓ライオンに化けたロバ。
e0004756_20550359.jpg
2階には蝶の研究者であったお父さんを偲んでの小さな蝶々の陶板が
たくさんありました。(撮影不可)

2階の展示室の壁は、旧駅舎の煉瓦なのでまた違った雰囲気の空間になってました。
e0004756_21071594.jpg
↑↓お葬式。(3階の展示)
e0004756_21082650.jpg
そして、後半の作品である数十枚~数千枚ものタイルを組み合わせて作られているモザイク壁画は
また違った魅力のあるものばかりでした。(撮影不可)

ルート・ブリュックは、やはりデザイナーの夫とともにフィンランド北部のラップランド、ロバミエに夏季休暇に滞在していたそうです。
タイル壁画「流氷」がありました。夏だけではなく冬にも行ったのかしら?

絵葉書が欲しかったけれど、時間がなかったのでミュージアムショップは通過しました。


機上から着陸前の風景
by hokui44do05 | 2019-06-02 21:38 | | Trackback | Comments(0)

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る