人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

暑いけれど庭の植物は元気

暑い日々が続いています。
e0004756_21195899.jpg
ヤマアジサイが咲き始めました。
e0004756_21202925.jpg
いつのまにか増えているフウロの花。
e0004756_21223640.jpg
こぼれ種で咲くクロタネソウもピンク。
e0004756_21232860.jpg
カミツレソウとマロウ。
e0004756_21250000.jpg
宿根ビオラ。
e0004756_21252663.jpg
ラムズイヤーも増えました。
e0004756_21314613.jpg
バラは終わったけれど、
クレマチスの瀧口はまだ次々と花をつけます。
e0004756_21484054.jpg
e0004756_21490563.jpg
キッチンガーデン。
いちばん元気なのはディル。
手前左側のはパクチー。
e0004756_21365067.jpg
エンドウ豆もぐんぐん成長。
e0004756_21412079.jpg
↑サヤエンドウ。
e0004756_21420319.jpg
↑スナックエンドウ。

ベリー類は、カシスやラズベリーは終盤。
これからは、
e0004756_21441410.jpg
↑ブラックベリー。
e0004756_21455213.jpg
↑アロニア。
e0004756_21514189.jpg
↑エゾノコリンゴ。

7月も今日でお終い。

by hokui44do05 | 2019-07-31 21:57 | | Trackback | Comments(1)

北のベリーたち ハスカップとカシス、ラズベリー、コケモモ

Y果樹園のハスカップ。
今年もいいなりです。
一回目は7月7日。
e0004756_21350250.jpg
まだ涼しくて摘みやすかった。
e0004756_21363446.jpg
二回目に行ったのは7月24日。
ちょっと蒸し暑い日でした。
e0004756_21391574.jpg
でも、風があったので大丈夫。
e0004756_21402904.jpg
↑まだまだたくさん成ってる!
e0004756_21471052.jpg
ジュレや甘酢漬け、塩漬けにしました。
e0004756_20490360.jpg
もう一回ぐらい摘みに行きたいけれど、
このところの蒸し暑さで落果してるかも。

庭ではカシスやラズベリー採りました。
e0004756_20544747.jpg
↑カシスは一株なのでちょっとずつ採ります。
e0004756_20551574.jpg
ラズベリーは、何本にも増えて成ってます。
e0004756_20584771.jpg
↑カシスとラズベリー、ワイルドストロベリー
もちょっと入れてミックスジャムにしました。

ラズベリーは日々採れるので砂糖をかけて冷蔵保存しておき
一キロぐらいになったら煮てシロップを作ります。
e0004756_21034876.jpg
アクをとったらザルに揚げてしずかにゆっくり透明なシロップをとります。

e0004756_21035870.jpg
e0004756_21074418.jpg
↑裏ごしはしません。
生で毎朝いただいてます。
e0004756_21160959.jpg
コケモモ(フレップ)も収穫。
e0004756_21254894.jpg
e0004756_21262656.jpg
e0004756_21225243.jpg
少しなのでケーキと料理用にとっておきます。




by hokui44do05 | 2019-07-30 21:35 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

グズベリをいただきに

一週間以上前のことですが、
東藻琴のSさんのお庭でグズベリを摘んできました。
e0004756_21311719.jpg
旧友夫妻が北海道花巡りにやってきて、
最終日にに是非、Sさん宅のお庭が見たいというので
一緒に行ってきました。
e0004756_21355243.jpg
あいにく庭の世話人は不在でしたが、
グズベリもうすぐ終わりになっちゃうから摘みに来て~と言われていたのでした。
e0004756_21421797.jpg
いつきても素敵なお庭。
e0004756_21433361.jpg
今回はお会いできず残念でした。
e0004756_21440767.jpg
今年は雨が少ないので花が小ぶりですが、
花数は多いように思います。
e0004756_21444362.jpg
特にホタルブクロの花が小さめでひっそり咲いてました。

ここのグズベリは2種。
e0004756_21545484.jpg
緑色の実のは大きくて甘い。
e0004756_21554466.jpg
小さめの実はほんのり赤い実もあるけど酸っぱい。
e0004756_21574258.jpg
私は小さめの実をたくさん摘みました。
e0004756_21583411.jpg
やっぱりジャムになりました。
e0004756_22011178.jpg
e0004756_22012552.jpg

by hokui44do05 | 2019-07-28 22:04 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

北欧サミの暮らしと工芸 特別展

北欧サミの暮らしと工芸
e0004756_20364132.jpg
サミの生活にはトナカイはかかせません。
e0004756_20413446.jpg
住まいにも使われます。
e0004756_20424617.jpg
衣装にも。
e0004756_20440561.jpg
e0004756_20450459.jpg
靴やブーツにも。
e0004756_20480018.jpg
バッグにも。
e0004756_20510078.jpg
トナカイの角や骨も有用。
e0004756_20524820.jpg
ナイフの模様が独特。
e0004756_20532725.jpg
e0004756_20553838.jpg
e0004756_20561182.jpg
↓シャマンの儀式に用いられる太鼓とバチ。
e0004756_21443683.jpg
↑四角い3連のはカレンダー。


サミは白樺のこぶも使います。
e0004756_21173534.jpg
e0004756_21182735.jpg
↓奥の容器は塩入れ。
e0004756_21185549.jpg
e0004756_21222903.jpg
左のはトナカイの胃袋。チーズを作るのに使われる。
e0004756_21253164.jpg
↑トナカイの骨のスプーン。

サミ族の伝統的衣装で。
e0004756_21301089.jpg
e0004756_21014829.jpg
織りはベルトに。
e0004756_21311609.jpg
e0004756_21314656.jpg
e0004756_21321433.jpg
講習会場にあったサミの食の本。
e0004756_21372250.jpg
この本開いて見たかった!


by hokui44do05 | 2019-07-26 21:57 | 手芸 | Trackback | Comments(1)

北欧サミの暮らしと工芸 講習会 錫糸のブレスレット

日曜日、前日に引き続き結城さんの講習会です。
3回目になる錫糸のブレスレット。
e0004756_21320385.jpg
特別展では伝統的な錫糸の作り方のビデオがかかっていました。
e0004756_21383426.jpg
↑錫糸作りにはまずトナカイの角を使用します。
e0004756_21384607.jpg
錫の棒を穴に通していきます。
e0004756_21391122.jpg
何回も徐々に小さい穴に通していって
細い糸にしていきます。
e0004756_21394202.jpg
細く糸状になったら今度は中心に木綿糸でその周りによりながら、
e0004756_21445179.jpg
巻いていきます。
e0004756_21452357.jpg
↓芯に使われるコットンの糸。
e0004756_21460728.jpg
このように手作業で作られていた頃の錫糸は、
少し前のバッグなどにみられるそう。
e0004756_21471466.jpg
よった錫糸をつかって刺繍をします。
e0004756_21482490.jpg
↑錫糸を針に通すのではなく、
布に置きながら別糸でとめつけていくのですが、
下書きなどなさそう!
e0004756_21502292.jpg
e0004756_20123803.jpg
家に帰ってから持ち帰った余りの錫糸をほどいてみる。
e0004756_21534902.jpg
なるほど。
e0004756_21561352.jpg
これで錫糸のブレスレットは3本になりました。
前回のはビーズの色がブラック系(左)。
今回(右) のは緩めに三つ編みしたので柔らかな仕上がりに。
ねじって使いたいと思ってます。
(きっちりビーズの位置が揃わなかったのが功を奏した!)
e0004756_22014112.jpg
↑結城さんお手製のトナカイの革にピューター刺繍のバッグ。
e0004756_22041839.jpg
↑特別展にあったピューター刺繍のアンティーク?バッグ。
e0004756_22063834.jpg
e0004756_22072471.jpg
e0004756_22082081.jpg
e0004756_22092253.jpg
e0004756_22094773.jpg
「サミが伝統的に暮らしていた地域は、サップミと呼ばれます。
現在のノルウェー、スウェーデン、フィンランドの北部地域から
ロシアのコア半島にかけてになります」
詳しくは特別展の図録に↓
e0004756_20245482.jpg
つづく



by hokui44do05 | 2019-07-25 20:29 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

北欧サミの暮らしと工芸 講習会

e0004756_21423807.jpg
北方民族博物館の特別展
e0004756_22045320.jpg
北欧サミの暮らしと工芸開催中
e0004756_22042781.jpg
先週の土日連日で結城伸子さんの講習会があり行ってきました。
土曜日は「ロヴィッカヤーンで編むポットホルダー」です。
ロヴィッカとはスウェーデンの北にある村の名前。
ミトンを編むための毛糸は極太で柔らか。
編んでから起毛させて使うそうです。
e0004756_20324095.jpg
↑左側のミトンが起毛されてます。
ミトンの折り返し部分に編み目を拾って三色の毛糸の刺繍が。
e0004756_20340680.jpg
今回講習会では、結城さんのアレンジで、
e0004756_20362908.jpg
↑こちらのポットホルダーを編みました。
8号棒針を使ってガーター編み。
起毛させてもいいけれど、縮絨させてもいいかも。
ロヴィッカヤーンは、撚りのかかっていない柔らかな毛糸。
この糸で編まれたミトンはとっても暖かそう。

特別展に並んでいたサミのミトン。
e0004756_20432348.jpg
e0004756_20434646.jpg
↑模様は編み込みですが、房がつけられるのが同じですね。
e0004756_20340680.jpg
房は、青が緑になったりもするそう。
信号機色ですね。
e0004756_20422272.jpg
9月22日には「サミの手袋」
講師 エリカ・ノルドヴァル・ファルク(サミ民俗学者)
行われる予定。
エリカさんはニッターでもあり、ミトンの収集家でもあります。
様々なミトンが表紙のはエリカさんの最新刊。
この時にはもう網走にはいないので参加できず残念です。

講習会中に席がお隣だった方は同年代の方。
子どもの頃スウェーデン刺繍をしたことがあったわと。
スウェーデン刺繍は、専用の布地があって、
先の曲がった針を使って太めのカラフルな刺繍糸で幾何学的な連続模様を刺すのです。
こぎん刺しや菱刺しのように織り目を一直線に刺すのではなく
上下に移動させて模様を作ります。
私も小学生の頃の夏休みに祖母にスウェーデン刺繍習ったこと思い出しました。
今回のは編み目をすくう刺繍だから似ているかしら。
ツヴィスト刺繍がそうなのかな?

つづく

by hokui44do05 | 2019-07-22 21:43 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

さくらんぼ完熟

9日から出かけていて一昨日の晩に帰網。
もうさくらんぼ狩りはできないかと思っていたけれど、
日照が少なく低温気味なのが幸いしてまだ採れました。
e0004756_21152518.jpg
さくらんぼの種取りはひと仕事。
e0004756_21071878.jpg
e0004756_21165065.jpg
完熟さくらんぼでまたジャムを作りました。
e0004756_21480599.jpg
↑赤みが濃くなってますね。
↓出かける前に作ったコンポート。
e0004756_21241714.jpg
e0004756_21154025.jpg
今日は午後から雨は本降り。
もうさくらんぼは採れないかな?
e0004756_21535803.jpg
ラズベリー採れ始めました。


by hokui44do05 | 2019-07-13 21:57 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

丘カフェとさくらの滝

青森へ引っ越した乙女手芸部の友人が、
久しぶりにやってきました。
一緒に清里町の丘カフェでランチ。
e0004756_21325107.jpg
丘カフェは、畑の中にある農家のカフェ。
e0004756_21352396.jpg
宿根草の咲くお庭。
e0004756_21370346.jpg
↑エルムルスという名前の花。
ユリ科の花。
e0004756_21414076.jpg
↑デルフィニウム。
e0004756_21433144.jpg
↑ロックガーデンの中にはフウロ。
e0004756_21454996.jpg
↑白いウツギ。
e0004756_20521739.jpg
↑ビロードモーズイカ。
e0004756_21050143.jpg
↑リシマキア・プンクタータ。
e0004756_21490930.jpg

e0004756_21502369.jpg
e0004756_22143712.jpg
斜里岳は曇っていて見えませんでした。

この後、友人の希望でさくらの滝へ。
e0004756_21540184.jpg
川で生まれたヤマメが海へ下ってサクラマスになります。
e0004756_21544256.jpg
産卵のためにまた川へ戻ってきて上流まで
高さ3メートルの滝をジャンピング。
e0004756_21580133.jpg
毎年6月頃から8月頃まで見られます。
e0004756_21593028.jpg
この季節ならではの景観です。
e0004756_22001732.jpg
入り口にはこの看板。
e0004756_22131615.jpg

by hokui44do05 | 2019-07-06 22:16 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

赤いジャム

近くの野菜即売所で
お手頃価格のいちごを見つけました。
e0004756_20132074.jpg
庭のルバーブ収穫。
e0004756_20133394.jpg
露地物のいちごは今時期が最盛期。
e0004756_20134973.jpg
半量の砂糖をかけてしばらくおきました。
e0004756_20135893.jpg
夕食後に煮て瓶詰めしました。
e0004756_20140891.jpg
ムーミンママのいちごとルバーブジャム出来上がり。

昨日は相方がさくらんぼをたくさん摘みました。
e0004756_20142454.jpg
まだ、完熟ではありません。
」プリザ-ブタイプのジャムを作りました。
e0004756_20143576.jpg
北の地ならではのジャム作りです。

by hokui44do05 | 2019-07-04 20:30 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

庭のベリー

久々にエゾノコリンゴの実がたくさんなってます。
e0004756_20484270.jpg
カシスも順調。
e0004756_20495102.jpg
ブラックベリーは花盛り。
e0004756_20514575.jpg
ワイルドストロベリー。
e0004756_21020488.jpg
ジューンベリー。
e0004756_21383955.jpg
さくらんぼはもう赤いのだけれど、
小粒でまだ酸っぱい。
e0004756_20561427.jpg



盆栽展にて
by hokui44do05 | 2019-07-02 21:50 | | Trackback | Comments(0)

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る