北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

タグ:ウィルタ刺繍 ( 13 ) タグの人気記事

ウィルタ刺繍作品展 その2

先月末に開催されたウィルタ刺繍作品展の続きです。
e0004756_20285938.jpg


今回は着物地に刺繍された作品も目につきました。

e0004756_20441599.jpg


↑着物の柄も生かして刺繍を配置。

e0004756_20435059.jpg


↑ぼかしの紬地に。

e0004756_20341283.jpg


↑ぼかしの刺繍糸を使用。

e0004756_20335063.jpg


↑こちらは絹地に絹糸でさされています。

e0004756_21061759.jpg


ウィルタ刺繍の模様は特にパターンが決まっているわけではありません。
切り紙を元にして自由に作られた模様です。
四折りでの切り紙がほとんど。

e0004756_20332736.jpg
e0004756_20294894.jpg
e0004756_20451219.jpg
e0004756_20453668.jpg
e0004756_20444200.jpg


↓連続模様も素敵。

e0004756_21165091.jpg


↑バッグに。

e0004756_21203381.jpg


リネンに刺繍のテーブルセンター。

e0004756_21265640.jpg

↑↓縁取りがきいてます。
e0004756_21284018.jpg

こちらのバッグも着物地に刺されてます。
e0004756_21363496.jpg

e0004756_21384343.jpg

今回は小物類の展示も多かった。
伝統模様を取り入れながらも
配色や使う糸などを自由に選んで刺されたそれぞれ個性のあるな作品の展示となっていました。




[PR]
by hokui44do05 | 2018-05-05 21:48 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

観てきました ウィルタ刺繍作品展 その1

エコーセンター1Fロビー展示室にて開催中。

e0004756_21232401.jpg
作品数が多いです。
e0004756_21234790.jpg
まずはこのお人形たちに注目。
e0004756_21240903.jpg
e0004756_21242772.jpg
e0004756_21243672.jpg
衣装が様々。
これすごいです。
e0004756_21302093.jpg
e0004756_21305601.jpg
モチーフはカエルなんですって。
e0004756_21323855.jpg
e0004756_21334660.jpg
ウィルタの衣装。
e0004756_21343045.jpg
このポシェットいいなあ。
e0004756_21371919.jpg
マンバッカ(ミトン)と呼ばれる冬の必需品。
手前のはなべつかみ。
e0004756_21391619.jpg
e0004756_21412081.jpg
↓ティーコジー素敵!
e0004756_21460075.jpg
e0004756_21500613.jpg
作品はまだまだあります。

展示は日曜日まで。

つづく


[PR]
by hokui44do05 | 2018-04-27 22:00 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

永遠のジャッカ・ドフニ

先週土曜日、北方民族博物館で観てきました。
e0004756_19424510.jpg


ジャッカ・ドフニへは2005年の秋、
ウィルタ刺繍の講座受講中に行ったことがありました。

e0004756_19460930.jpg
e0004756_19462486.jpg

e0004756_19464338.jpg
e0004756_19471927.jpg
e0004756_20284506.jpg
e0004756_20352102.jpg
e0004756_20312051.jpg


北川アイ子さん存命の頃、
この博物館でウィルタ刺繍の講習を受けたことがありました。

ウィルタはトッカリ(アザラシ)漁をする民族。

e0004756_19474607.jpg
e0004756_19480181.jpg
e0004756_19480920.jpg


アザラシの皮のマンバッカ(ミトン)。

e0004756_19515095.jpg


トナカイのいる地で暮らしている民族。

e0004756_19490315.jpg


トナカイの皮も使いました。

e0004756_19505790.jpg


靴にはアザラシの皮も。

e0004756_19500009.jpg

アザラシの皮のバッグ。
白樺の皮も使います。

e0004756_19502938.jpg
e0004756_19510936.jpg
ウィルタの衣服。
e0004756_19494192.jpg
e0004756_19492277.jpg
ウィルタの刺繍の元になるのはイルガ。
e0004756_19520767.jpg

e0004756_19522068.jpg
サハリン・アイヌの品々もありました。
e0004756_19540626.jpg
e0004756_19543228.jpg
↑刀掛けに使われている紐はアッツ織り?
e0004756_20144709.jpg
e0004756_19544490.jpg
↑↓アイヌの楽器。
e0004756_19545885.jpg
e0004756_19551610.jpg
↑↓網走川沿いの大曲にジャッカ・ドフニがあった頃のポスター。
e0004756_19552778.jpg
こちらの展示は北方民族博物館ロビーにて3月31日まで。
e0004756_19455459.jpg










[PR]
by hokui44do05 | 2018-03-02 20:38 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

北方民族博物館でウィルタ刺繍作品展

先週の土曜日6月8日から北方民族博物館のロビーにて
ウィルタ刺繍フレップ会の作品展が始まっているというので観てきました。
e0004756_21309100.jpg

e0004756_214785.jpg

e0004756_2148772.jpg

e0004756_2137972.jpg

北川アイ子さんの作品。
e0004756_22303818.jpg

サハリンに住む、アイ子さんの姪リュウバさんの作品。ビーズも使われている刺繍。
e0004756_1974394.jpg

北川アイ子さんのウィルタの生活のビデオが上映されてました。
e0004756_2232940.jpg

↑鮭を干して作る保存食。
冬の間お休みしていたウィルタの博物館(ジャッカ・ドフニ)をオープンするときの儀式。
守り神様の衣装替え。
e0004756_22335029.jpg

白樺の樹皮で焚きつけ、
黒松の葉っぱを燃やし煙を出して新しい衣装の神様にも煙をあてます。
e0004756_22345058.jpg

北川アイ子さんはシャーマンの儀式を間近で見ながら育ったので
神様への挨拶としての儀式は生活の一部になっていたのですね。

今はもうジャッカ・ドフニは閉館。
所蔵されていた品々は北方民族博物館にあります(すべて展示されているかどうかは不明)。

フレップ会会員作品。
フェルトに刺したウィルタ文様。
e0004756_2235750.jpg

図案は等分に折った紙を模様に切って開いたものからおこします。
e0004756_2245530.jpg

ウィルタではトナカイの皮に刺していました。
その場合針目は裏には出ていなかったような・・・。
e0004756_22648.jpg

デザイン的には一つずつ完結のものが多い。
e0004756_2284674.jpg


私としては繋ぐのが好きなので連続模様にしたいなあ。

ウィルタ刺繍の壁掛け。キルターズの仲間Oさん作。旧作です。
e0004756_22354570.jpg

こちらも壁掛け。
e0004756_22372030.jpg

e0004756_22382510.jpg

カテドラルウィンドウの中にウィルタ刺繍。
e0004756_19163386.jpg

e0004756_19182822.jpg

服もありました。
e0004756_19185363.jpg

こちらもOさん作。新作です。
e0004756_19193974.jpg

後ろの刺繍が素敵。
e0004756_19202878.jpg

小物も様々あります。
e0004756_1923277.jpg

e0004756_19235078.jpg

e0004756_19241880.jpg

e0004756_19243584.jpg

e0004756_1925924.jpg

e0004756_19253236.jpg


全部は撮りきれませんでした。

会期は来週日曜日23日まで。ロビー展示なので入場無料。
もう一度ビデオをゆっくり見たいし、また行ってこようかな。

博物館の周りの花々。
[PR]
by hokui44do05 | 2013-06-14 19:46 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

ウィルタ刺繍作品展観てきました

e0004756_2052094.jpg

e0004756_2056044.jpg

今回の作品展の目玉は、今年米寿を迎えられたIさんの作品たち。
e0004756_137281.jpg

e0004756_1395087.jpg

そして会場の中央にイルガ(文様)のお飾りが吊されたコーナーが。
七夕風に、ヤナギの枝に吊されてます。
e0004756_13125853.jpg

e0004756_13312142.jpg

イルガの紋様は四つ折りにした紙を切って作られる文様です。
e0004756_13154599.jpg

e0004756_131633.jpg

e0004756_1316241.jpg

e0004756_1316489.jpg

e0004756_1317982.jpg

e0004756_13172817.jpg

e0004756_13174387.jpg

刺し方の基本はチェーンステッチ。
かつてはトナカイの皮に刺されていた文様。
e0004756_13205760.jpg

         ↑衣装にほどこされていたのでしょうね。
         ↓ブーツにもこんな風に。
e0004756_1343864.jpg

ベテランから昨秋講習を受けて始められた方々の作品までたくさんありました。
e0004756_1325890.jpg

e0004756_13271923.jpg

e0004756_13273523.jpg

e0004756_13275381.jpg

e0004756_13281621.jpg

e0004756_13284852.jpg

e0004756_1329137.jpg

e0004756_13294443.jpg

e0004756_1330935.jpg

e0004756_13303725.jpg


会期は7月1日(明日)16:00まで。
[PR]
by hokui44do05 | 2012-06-30 13:45 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

7月の作品展 ウィルタ刺繍

3カ月も前のことですが、
7月の始めにウィルタ刺繍の作品展が開催されました。
私は上京中で見られなかったのですが、
友人が撮った写真をいただいたのでご紹介。
フレップ会の方々がそれぞれに刺したイルガ(紋様)が一本の樹に。
樹はフェルトで会員の方が自宅で飼っている羊の毛から作られたもの。
こちらの作品はこの後、北方民族博物館に寄贈されました。
e0004756_2121742.jpg

イルガ(紋様)は切り紙が元になっています。
e0004756_21305032.jpg

土台の布はいろいろ。絹でも木綿でも麻でも、ウールでも。
かつてウィルタの人々ははトナカイの皮に刺していたことも。
e0004756_21331617.jpg

e0004756_2140369.jpg↓のような連続紋様も。ステッチはチェーンステッチとその変形。
e0004756_21412920.jpg

e0004756_21441570.jpge0004756_21445135.jpg

e0004756_214593.jpge0004756_21452873.jpg

e0004756_21521525.jpge0004756_21523376.jpg

e0004756_2153667.jpg←↓こちらの作品はキルターズのY・Oさん作。
ウィルタ刺繍歴はキルト歴より長い。
e0004756_21532745.jpg


久しぶりの作品展だったのに
実物を拝見できず本当に残念でした。
[PR]
by hokui44do05 | 2010-10-07 21:22 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

ウィルタ刺繍展 その4

少し前のことですが、
刺繍展の完結編。

e0004756_1137527.jpg

この刺繍の講座が行われているのは、唯一北緯44度でだけ。
伝統模様や技法は、そのままに、構成や材質、組み合わせのデザインは各自で工夫。


e0004756_1134466.jpg

ヨーヨーキルトで縁取り。
↓続きはMoreをクリック。

More
[PR]
by hokui44do05 | 2006-07-12 10:15 | 手芸 | Trackback | Comments(6)

ウィルタ刺繍展 その3

e0004756_88429.jpg


e0004756_810985.jpg


こちらの作品は、既製品の藍染めのれんに刺繍したもの。
手芸屋さんの隅にたたまれていた藍木綿を広げてみたら真ん中に染め抜きのある
段染めのれんだった。
この模様なんか見覚えがある。
↓続きはMoreをクリック。

More
[PR]
by hokui44do05 | 2006-07-03 12:09 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

ウィルタ刺繍展 その2

e0004756_20323260.jpg

この作者は原毛を手染めしてフェルトを作り、刺繍をしている。
周囲のレースは棒針編み。
e0004756_20354381.jpg

円いものに刺繍とは!

More
[PR]
by hokui44do05 | 2006-07-02 07:56 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

ウィルタ刺繍展 その1

昨日から、明日日曜日まで(6月30日~7月1日)市内の文化センターにて
ウィルタ刺繍展が開かれています。
e0004756_1046616.jpg


フレップの会という刺繍グループの方々の作品展。
e0004756_10481322.jpg



続きを読みたい方は↓をクリック。

目を奪われる作品ばかり。
[PR]
by hokui44do05 | 2006-07-01 20:19 | 手芸 | Trackback | Comments(4)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30