北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

タグ:保存食 ( 93 ) タグの人気記事

キムチづくり

今年も恒例のキムチづくりをしてきました。
80個の白菜で、16樽分のキムチを作ります。
e0004756_20575074.jpg

キムチのタネは8樽分ずつにわけて作ります。
e0004756_2141557.jpg

千切りにした大根、人参とニラと、アミの塩辛を合わせておきます。
e0004756_2174759.jpg

汁をとります。
粗みじんにしたにんにくとしょうがに汁をたしてミキサーにかけてからタネに加えます。
e0004756_2133454.jpg

イカの刺身、炊いた餅米、砂糖、ゴマ、唐辛子粉を加えてよく混ぜたてタネの出来上がり。
e0004756_21181641.jpg

分けたタネ。
e0004756_2119184.jpg
白菜の葉っぱの間にタネを塗り込んで外側の葉っぱで包んで丸めます。
e0004756_21192139.jpg


五株分の白菜で一樽漬けます。
e0004756_21202857.jpg
e0004756_212048100.jpg



これで、今冬もあったかキムチ鍋がいただけます。
[PR]
by hokui44do05 | 2008-12-08 21:12 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)

豆腐作り

今日は雪の日曜日。
e0004756_2037279.jpg


とあるところで豆腐作りをしてきました。

会場に入ると、昨日から水につけてあった大豆の桶が並んでいました。
左には白大豆右に並んでいるのは黒豆。
e0004756_20404088.jpg

まずは白大豆をミキサーにかけて生呉を作ります。
今回は2丁分で大豆は300g、水は900cc。
e0004756_20463969.jpg

生呉に2800ccの熱湯を加えて火にかけます。
焦がさないようにかき混ぜながら、沸いてきたら火を止めて、
今度は弱火で8分煮ます。
e0004756_2050044.jpg

熱いうちに、布袋で漉して豆乳をとりました。

豆乳を鍋に入れ、火にかけて85度まで温めます。
本にがり30ccを100ccのお湯(70度)に溶かしておきます。
e0004756_2143220.jpg

にがり液の半分を85度に温めた豆乳に注ぎます。
へらで底からゆっくり混ぜます。
泡が立って透明感がでてきたら残りのにがり液をしずかに加えて蓋をして15分待ちます。

豆腐漉し箱を用意。
e0004756_20554180.jpg



型に流して、重しをして15分待ちます。
e0004756_216245.jpg

うまくできたかな?
e0004756_21152959.jpge0004756_21155550.jpg

黒豆豆腐も作りました。
e0004756_21172926.jpg

黒豆は染まります!
e0004756_21211189.jpge0004756_21213412.jpg

e0004756_21184062.jpg

晩ご飯は、スンドゥブチゲにしました。
画像は最後のおじやのみ。
e0004756_2125324.jpg

明日は卯の花煮なくっちゃ。
e0004756_21252671.jpge0004756_21261675.jpg


とあるところとは
[PR]
by hokui44do05 | 2008-11-23 21:43 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

バター・ナッツ

少し前に新種のカボチャをいただきました。
玄関に飾っていたのだけれどそろそろ食べてみることに。
e0004756_19593020.jpg
皮は薄めで柔らかくすんなり二つに切れました。
e0004756_20054.jpg


カボチャの半分(正味400g)は刻んで鍋に入れ、
てんさい糖100gをかけて1時間放置。
砂糖が溶けたら火にかけて煮つぶしてジャムに。
e0004756_2015757.jpg
残りの半分は茹でてつぶして
カリカリに炒めたベーコンとヨーグルトマヨネーズであえてサラダに。
e0004756_201529.jpg


少し筋っぽいですが、味と匂いはカボチャらしくて美味です。
ポクポクしくないのも気に入りました。
何より色がきれい。
煮てからミキサーにかけてポタージュにすると美味しいかも。

このカボチャ、先月上京したときにデパートの地下の野菜売り場で見かけました。
半割りで売られていてずいぶん高価だった!
来年は種を買って菜園で作ってみようかな。

チョロギやチョンガクキムチも漬けました
[PR]
by hokui44do05 | 2008-11-20 20:32 | 美味しいもの | Trackback | Comments(5)

赤←→赤紫

塩漬けしてあった赤蕪。ザルにあげておきます。
e0004756_20274231.jpg

甘酢に漬けるとみるみる真っ赤。
e0004756_20281286.jpg

赤蕪の千枚漬けは大瓶に詰めました。
e0004756_203078.jpg


こちらは、赤から赤紫へ。
e0004756_20315832.jpge0004756_20351095.jpg

パイ用りんごは皮や芯も一緒に煮ました。
e0004756_20355946.jpg

ぶどう色のりんごのワイン煮←とピンク色になったパイ用りんご→。
e0004756_2037515.jpg


久しぶり卵入りスコーンを焼いてみました。なぜだか片側だけにイヒヒ!
e0004756_2050859.jpg


赤紫色の貝豆。
e0004756_2051435.jpg

こちらはトマトやセロリと一緒に煮込んで赤いスープ。
e0004756_20523447.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2008-11-17 20:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)

秋の終わりに最後の収穫

昨日は、午前中にみぞれが降りました。
1時間ほど降って晴れたのですぐにとけたけれど、
夕方には日陰の水たまりが凍っていました。

辺りの畑では、収穫の季節は終わって、来シーズンのために土おこしされています。
遠くに見える斜里岳も頂には雪をかぶって。
e0004756_20561138.jpg

我が畑でも最後の収穫。
大根や赤カブなど漬け物用の野菜中心です。
左奥から、長ネギ、赤口大根、ねずみ大根、
白い袋には、赤カブ、左バケツにはニンジン、
右バケツには紅芯大根、右端のは日の菜蕪、
手前カゴには、ササゲやインゲン、白インゲン豆少々、
赤い袋にはニンジン、右のは辛味大根。
e0004756_2102727.jpg

釣りたてのホッケをいただいたので一夜干し。
e0004756_21111078.jpg
鮮度がいいと臭みもなくてとても美味。
e0004756_21113165.jpg


[PR]
by hokui44do05 | 2008-11-05 21:32 | 菜園 | Trackback | Comments(0)

今頃びっくりな赤い実

ジャムにしてね、といただいたのは
段ボール箱にいっぱいの赤い実。
e0004756_20574484.jpg

いちごです。
10キロぐらいあったので五人でわけました。
e0004756_2111898.jpg
洋菓子屋さん向けのいちご。
小さすぎて出荷できなかった分だそう。
酸っぱめだけど美味でした。
e0004756_2114353.jpg


プリザーブスタイルのジャム。
いちごは1.5キロ、グラニュー糖を750gとレモン1個分加えて煮ました。
e0004756_2155230.jpg


2カ月前に仕込んでおいたこちらも美味!
[PR]
by hokui44do05 | 2008-09-25 21:35 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

お日さま・さまさま

九月になって、
ようやく陽射しに恵まれる日々が続いています。
塩漬けしておいた梅を干しました。
雨が心配なので二階の物干しベランダにザルいろいろ並べました。
大きなザルに並べるよりもさっさか取り入れられます!
e0004756_2218934.jpg

やや湿度が高く、夜は雨の予報もあったので、
夕方には取り入れて部屋干し。
e0004756_22234129.jpg

翌日からは晴れの日続き。
梅はふっくらとほどよく干せたかな?
e0004756_2226739.jpg

三日と半日干して、
紫蘇もカラカラになったので、本漬けしました。
e0004756_22281598.jpg

最後に紫蘇で蓋をして、一年間台所の下で熟成させます。
e0004756_222926100.jpg


今日は畑の収穫に行ってきました。
トウキビ初収穫をめざして出かけたのですが、
なんと先客がありました。
e0004756_2021849.jpg

あたりに足跡などは何も残っていないので、
おそらくお客さんはカラス?
7~8本が倒され、先っぽを食べられてしまいました。
三年前のお客さんとは食べ方が違うような・・・。

今日の収穫野菜たち晩ご飯用。
e0004756_209326.jpg


初収穫のトウキビはショリショリと柔らかく甘くて美味でした。

お日さまの威力です!
[PR]
by hokui44do05 | 2008-09-05 22:13 | 美味しいもの | Trackback | Comments(6)

しば漬けと梅漬け

赤梅酢を使わない本格的しば漬けに挑戦。

野菜即売所で朝採り茄子を購入。
e0004756_21483942.jpg

青森産の茗荷はいただきもの。きゅうりは家の庭の。
小さなカボチャも。
きっと日本カボチャがいいけれどまだ小さいので栗カボチャで代用。
e0004756_21491818.jpg

野菜は茄子10に対してきゅうりは2の割合。
塩は4%。赤紫蘇はたっぷり500g(2束)使用。
5ミリくらいの厚さに切った野菜を取り混ぜて重ねながら、塩ともみ紫蘇を散らす。
e0004756_2155361.jpg

これを4~5段繰り返し、最後にもみ紫蘇で蓋を。
e0004756_2202282.jpg

これに重しをかけて、紙蓋をして、
2カ月間待たなければなりません。

美味しく漬かりますように。

やっと黄色い梅も手に入れたので一晩水に漬けておいて塩漬けにした。
e0004756_1311440.jpg


来週あたり夏の陽射しが戻って欲しい!
[PR]
by hokui44do05 | 2008-08-23 22:03 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)

青梅の砂糖漬けと梅酢ドリンク

地元の梅は昨年に引き続き不作との情報があったので
セイキョウのトドック(宅配)で和歌山県、美吉野農園の青梅を注文。

6月6日に届いた梅1キロは、しっかり堅い青梅。

青梅の砂糖漬けを仕込んでみた。

まずは3パーセントの塩水につけて一晩キッチンに放置。
e0004756_921266.jpg

一晩塩水につけておいた梅を取り出して、
まな板の上に並べ木蓋などでおさえて力を加えてゴロゴロ。
今度は一粒ずつすりこぎで叩くと中から種が飛び出す。
e0004756_9221745.jpg

種とりした梅を瓶に移し替えて同量のグラニュー糖をだんだんになるように積んで、
またキッチンで1週間。
e0004756_9385971.jpg

何日かして砂糖がとけてきたら瓶を揺すったり斜めにしたりして
常に梅がシロップに漬かっているように注意。

1週間経ったら、汁だけ取り出して鍋入れ中火にかけてアク取り。
汁を冷ましてまた梅にかけておく。
これを2回繰り返す。
e0004756_1014377.jpg


★この作り方は、昭和55年発行 婦人の友社の『ジャムと砂糖煮』参照。
この項の作り主・山形県の関川昭子さんによると、
「きれいに青くしたいときは、汁を煮るときに銅鍋使用」
だそう。
わが家の銅鍋(相方所持の)は、
以前、シチューを一晩作りおきしたら
化学変化をおこして変な味に。
それで破棄してしまったのだったが・・・

「徐々に青くなり、
土用をこす頃から艶を帯びて甘さがしみ、
寒をこすと、
ほんものの味になってきます。
青梅そのものの色のまま、
カリカリと歯ざわりもよく、
5~6年は保ちます」
とある。

↑のは来年までとっておきにすることにした。

昨日届いた青梅1㎏は少し弾力が出て
熟してきたようだっただったけれどまだかろうじて青い。
梅酢ドリンクにすべくちゃちゃっとハチミツと酢で漬け込んだ。
e0004756_10185271.jpg


梅酢ドリンクの作り方
[PR]
by hokui44do05 | 2008-06-21 10:44 | 美味しいもの | Trackback | Comments(3)

小梅漬け

頼んでおいた青い小梅が届きました。
福岡の八女産の小梅。
カリカリ梅を作ります。
e0004756_20395641.jpg

洗ってから、軸をとりのぞいて一晩水につけておきました。
e0004756_20401793.jpg

ざるにあげて水気をとって、しょうちゅうをほんのちょっとだけふりかけます。
梅の量の15パーセントくらいの塩をまぶしながら漬けていきます。
e0004756_20424196.jpg



北緯44度では、桜の花の開花後に梅の花が並んで咲き始めます。
今年は大幅にずれて、桜は早々咲いてしまい葉っぱばかりになっちゃったけれど
梅はまだいい匂いを漂わせながら咲いています。

梅の実がなるのは8月の始め頃。

カリカリ梅はできれば赤く仕上げたい。
だけど赤紫蘇の葉っぱが出回るのは8月中旬。
さあて、どうしましょうか。

貯蔵は、台所の床下に。
[PR]
by hokui44do05 | 2008-05-24 21:07 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー