北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

タグ:北の木 ( 48 ) タグの人気記事

ハスカップ摘みに

昨日は晴れました。
ハスカップ摘みに果樹園へ行ってきました。
今年はなぜか例年になく実も大きく豊作です。

e0004756_20030966.jpg

実が大きく長いタイプ。

e0004756_19594702.jpg
e0004756_20033925.jpg


小さめタイプ。パラパラ落ちて一度に数多く摘めます。

e0004756_20000534.jpg
e0004756_20040146.jpg

丸みおびて大粒。
一粒ずつひっぱりながら摘みますが、つぶれやすい。
ビルベリーなのではないかな?

e0004756_20001991.jpg

ハスカップの和名は、
黒実の鶯神楽。

e0004756_20185469.jpeg

↑↓牧野富太郎植物辞典より

e0004756_20191901.jpeg

相方も一緒に摘んだので、

e0004756_20262850.jpg


↑ジャムだけではなく、

e0004756_20273899.jpg


↑塩漬け(左)と甘酢漬け(右)にも。

今日は一日中雨降りでした。

e0004756_20313862.jpg

さくらんぼはもうまったく採れそうにありません。




[PR]
by hokui44do05 | 2018-07-15 20:17 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

白樺の林へ

先週土曜日(23日)のことです。
山辺朋子さんの白樺樹皮で作る籠の講習を受けました。

始めにロシアにおける白樺とのかかわりについての
ご自身の生活実体験も含めたお話も聞けてよかった。

昨年と同じく使用幅に合わせた切り出しの済んだ樹皮が用意されていました。
それでも、籠編みにつかう12本のうちの半分はまだ厚み調整が終わっていません。

e0004756_20342572.jpg
↑6本はすでに厚み調整済み。
e0004756_20502198.jpg
↑厚さのある6本から1本につき2、3枚の皮を剥ぐことができました。

12本を1本ずつ、布に付けた油(椿油、サラダ油でも)で鞣します。
これからが編む作業。
e0004756_20343593.jpg


私が今回あたったのは、昨年網走で採取した樹皮。

e0004756_20344502.jpg


今回は一番皮ばかりで作ります。
一番皮とは、剥がした時のいちばん内側の樹皮。

e0004756_20345507.jpg

講習を受けるのはこれで3回目なのですが、
仕上がったのは終了時間を過ぎてから。

e0004756_20335705.jpg


↑↓左側が今回の。右のは昨年の二番皮で作ったもの。

e0004756_20500948.jpg


裏返すと樹皮の感じの違いよくわかります。
左は昨年網走産樹皮、右のは昨年のシベリア産樹皮。
技術的には私ほとんど進歩してませんね。

ここからは山辺さんの自分用白樺細工。

バッグはシベリア産樹皮使用。
一番皮使用なので樹の個性が強く出ていていい感じ。

e0004756_20351794.jpg


↑新しい樹皮。
↓使われて味の出た樹皮。
(デジカメケース)

e0004756_21320137.jpg
e0004756_21313585.jpg


↑こちらも新旧よくわかります。

ここからは受講生の籠。

e0004756_21453334.jpg
e0004756_21452238.jpg
e0004756_21451253.jpg


それぞれにちょっとずつ樹皮の感じも違うのもいいですね。



樹皮剥ぎもしてきました。
[PR]
by hokui44do05 | 2018-06-25 22:09 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

花見日和

先月末から咲いているエゾヤマサクラ。
開花後は気温が低めで何度も雨に降られたにもかかわらず咲き続けていました。
今日はようやくの青空でお花見日和。

e0004756_21011295.jpg


エゾヤマザクラ満開!

e0004756_21005737.jpg


ちょっと濃いめのピンクのも。

e0004756_21020397.jpg


まだ小さな苗木の3本。
バックの大きなヤナギの新緑に映えて。

e0004756_21022577.jpg


↑↓苗の植え付けの終わったビート畑。

e0004756_21024838.jpg
e0004756_21034679.jpg


午後から北方民族博物館で
お細工物エゾヤマザクラの袋の講習を受けてきました。
講師は北見市在住のお細工物作家浜田智津子さん。
ふっくらきれいに仕上げるコツをいろいろ教わりました。

e0004756_21045545.jpg
e0004756_21050646.jpg


12時半から16時半まで4時間続けて細かな作業。
目がしょぼしょぼになり、結局仕上がらず、、、。
お隣の方は紐までつけて後は蕾一つ残すのみ。

e0004756_21052071.jpg


浜田智津子さんの講習で使う布はこだわりの物ばかり。
布地は二越ちりめん。
白地の布を桜色の染めたものは花びらに、
葉の布は三度染めでえぼかし布使用。
どちらにもストレッチ素材の接着芯が貼られていてました。
紐も絹です。





こちらの表紙もエゾヤマサクラです。
[PR]
by hokui44do05 | 2018-05-12 22:15 | 散策 | Trackback | Comments(0)

初歩きとノールビンドニングその後

暮れの間は、ツルツル路面が怖くて近所へも車で出かけてました。
ようやく昨晩雪が降り、新雪が少し積もったので歩いて買い物へ。

e0004756_20282965.jpg
小雪は舞っていますが気温は、0℃くらいでそれほど寒くはありません。
それでも夕方16時近くなると薄暗くなり体感気温が低くなりました。
e0004756_20294114.jpg
ナナカマドの実がまだたくさん残ってます。
e0004756_20295208.jpg
今度晴れたら久しぶりに近くの森へも行きたいな。

e0004756_20482625.jpg
ノールビンドニングのティーコジー完成。
e0004756_20483938.jpg
持ち手部分のアキを下にしすぎたのかバランスが悪くなってしまいました。
フェルト化させたらもう少し馴染むかしら。
これは自宅使いになります。
e0004756_20490139.jpg
これはクリスマス前に取り寄せたスウェーデンのダーラナ糸。
ぐるぐるは今年もまだ続きます。


[PR]
by hokui44do05 | 2018-01-03 20:58 | 散策 | Trackback | Comments(0)

寒々しい景色

昨日は空港へ行く途中に北方民族博物館へ寄ってきました。

e0004756_21111639.jpg
まだ雪景色になってません。
なんだかとても殺風景。
e0004756_21115136.jpg
ロビーでは「サハの伝説と昔話の世界ーナタリャ・ネウストローエヴァ展」開催中。
残念ながら撮影禁止でした。
龍など模った切り紙細工が精緻で見事でした。
スギナ娘の話も面白かった。
永久凍土のサハにあってはスギナはありがたい植物のようです。
網走では畑や庭でははびこる雑草として除草の対象になってますが。
e0004756_21123866.jpg
今朝はうっすらと久々の雪の花壇。
e0004756_21181580.jpg
↓キッチンガーデンにも。
e0004756_21184975.jpg
数少ない庭のエゾノコリンゴ、
シバレて鳥につつかれたのかな。
e0004756_21193241.jpg
e0004756_21200407.jpg


[PR]
by hokui44do05 | 2017-12-04 22:12 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

吹き寄せ

今日は風の強い一日でした。
気温は8度くらいあったようなのですが、
寒い~。

e0004756_21111777.jpg
黄葉していたカラマツの落葉がすすんでます。
e0004756_21113285.jpg
エゾヤマザクラやシラカバはもう裸木。
e0004756_21115474.jpg
あちこちに吹き寄せができてます。

帰ったらまた落ち葉掃きしなくてはならないかしらと思ってましたが、
家の北側の落ち葉は強風でどこかに吹き飛んでしまったらしくきれいになってました。

少し前にお福分けでいただいた富貴寄。
e0004756_21363083.jpg


[PR]
by hokui44do05 | 2017-11-09 21:37 | 散策 | Trackback | Comments(0)

今年は実りが少ない?

昨日、収穫祭へ行く前に立ち寄ってきたお宅の庭です。

e0004756_18511656.jpg


入り口への階段。
ここに来たのは10年ぶりぐらい。
背丈ほどだった桐の木が大木になっていてびっくり。

e0004756_18560483.jpg
e0004756_18564301.jpg

↑桐の葉たち。

e0004756_18561787.jpg

e0004756_18562770.jpg
りんごがいくつか。
e0004756_19282374.jpg

↑こちらはヤマボウシ。
今年の実りは全くよくないと家主。

お茶をいただいたコーナーに白樺細工の器が。

e0004756_18573113.jpg
庭の白樺を伐った時に家主が樹皮を剥いで作ったもの。
何年か前に下川町へでかけて白樺細工を習ってきたそう。
このあたり周囲の山林は白樺だらけですから!


[PR]
by hokui44do05 | 2017-10-10 19:23 | ドライブ | Trackback | Comments(2)

やっと気温が上がって

昨日の午後から陽射しがでたので、
今日は近くの野菜即売所のオープンめがけて出かけてきました。

e0004756_21354732.jpg
朝採りのアスパラガスとズッキーニです。
今年の露地物アスパラガスは不作で高価格。
太いものは予約販売の贈答用になってるそう。
地元で出回るのは細めです。
それでも今日のはちょっと太いもののありました。
ズッキーニはたぶんハウス栽培のもの。
帰りがけの道端にて。
e0004756_21415741.jpg
もう黄色いタンポポは終わって、オレンジ色のコウリンタンポポが。
e0004756_21445678.jpg
こういう場所のフキは茎の色が赤いです。
赤いフキは美味しくないらしく誰も採りません。
e0004756_21505646.jpg
ハリエンジュ(ニセアカシア)の白い花。
e0004756_21533527.jpg
イタドリもたくさんあります。5月頃に来れば幼芽が採れそう。
e0004756_21555423.jpg
エゾヤマサクラの実が青く熟してます。ここの実は大きめ。
e0004756_21573597.jpg
家のさくらんぼはまだ緑です。

この後、近くの森へも行ってきました。
いつものコースは、工事中で車が入るので避けます。
e0004756_22112715.jpg
木々の葉が茂ってきました。
e0004756_22130458.jpg
サイハイランの花。
e0004756_22153651.jpg
トリアシショウマ。
e0004756_22164794.jpg
海は穏やか。もやっているので知床連山は見えません。
e0004756_22191710.jpg
友人宅の赤いヤマボウシの花。
e0004756_22211222.jpg
今年は花が多い気がします。
e0004756_22223244.jpg
見たかったキングサリの花はもう終わりそう。
e0004756_22260042.jpg
今日はよく歩きました。
万歩計では13,824歩!


[PR]
by hokui44do05 | 2017-06-29 22:28 | 散策 | Comments(2)

白樺林 その2


一週間以上前の白樺林巡りの続きです。


北方民族博物館での講習会のために来網中だった山辺さんと一緒に
東藻琴のSさんのお庭へ。

e0004756_22091888.jpg


sさんの庭の周りに住み始めた当初は30本近くの白樺を植えたそうです。
白樺の生長は早くて日陰を作り、庭造りの妨げになったのでやむなく伐る羽目になったそうです。

e0004756_22043721.jpg

今回はSさんの知人が20年くらい前に植林した白樺林に連れて行ってもらいました。
e0004756_22200996.jpg
白樺のみが植えられている林です。
e0004756_22213800.jpg
白樺林のお隣には山菜畑。
ワラビやクサソテツ(幼芽はコゴミ)がたくさん。
e0004756_22210545.jpg
山辺さんが「これで作るスープは美味しいの!」というので
よく見るとオオイタドリ。よく路肩の植え込みに迷惑雑草となって生えてますね。
オオイタドリは別名スカンポだから以前は食べていたという話は聞いていたけれど
私はまだ食べたことはありません。
e0004756_22221446.jpg
ここのフキはっきれいな緑色。
Sさんが根元から刈り取ると水滴が落ちてきてとってもみずみずしいフキでした。
ここの白樺林では皮剥ぎはせず、山菜採りをいたしました。
この林は道路の脇にあり、白樺ばかりの林なので、
皮を剥いで黄色の樹皮が露わになると目立つかもしれません。
伐採予定があるわけでもなさそうなので、皮剥ぎはみおくったのでした。
この後、Sさんとは別れて、川湯へ向かいました。


途中の藻琴山登山口、小清水展望台にて。
斜里岳が見えます。手前に見えるのはダケカンバの林。

e0004756_19585942.jpg
風の強いので枝ぶりもまっすぐとはいきません。
e0004756_22273585.jpg
屈斜路湖の向こうに見える山々。中央の奥の高い山は雄阿寒岳。
e0004756_20081440.jpg
川湯では、蕎麦粉を水車で挽いている畑の中のお蕎麦屋さんで田舎蕎麦をいただきました。

e0004756_20132426.jpg
つづく


[PR]
by hokui44do05 | 2017-06-27 20:18 | ドライブ | Trackback | Comments(2)

白樺林めぐりその1

先週土曜日、昨秋に引き続いて白樺作家の山辺さんが
北方民族博物館で講習会をしました。
講習会のレポートは後回しにして、まずは白樺林めぐりのレポートを。

この夏至に近い季節は白樺樹皮をはぐのに適しているのだそうです。
午前中の三時間の講習会の後、
まずはお蕎麦屋さんで腹ごしらえ。

e0004756_20115789.jpg


私はいつものとろろ蕎麦、山辺さんは辛味大根おろし蕎麦をご希望でしたが
品切れで同じくとろろ蕎麦になりました。
偶然にも受講生の方お二人が入店されたので同じテーブルでお食事。
お二人は地元の方ではなくお隣町の北見となんと札幌からの方でした。
二人ともお腹がすいていたので蕎麦掻きも注文。

e0004756_20192435.jpg


あ、なかなか白樺林にいかなくてすみません。
でも、お蕎麦って白樺色していると思われて・・・??

このあとSさんの林へ行きました。
ゆっくりな昼食となり予定を一時間過ぎての訪問となりました。
すみません。
早速にSさんに林を案内していただき、試しに樹皮剥ぎを実行。

e0004756_20365296.jpg


浅い切り込みを入れると樹皮がわれ、少し浮き上がってくる感じ。

e0004756_20394215.jpg


こんなふうに手を添えるだけで勝手にはがれていきます。

e0004756_20402834.jpg


きれいに剥げました。

e0004756_20430308.jpg


今回は三枚剥ぎました。
表側の白い部分を内側にして巻いていきます。

e0004756_20442793.jpg


三枚重ねて丸めて運びます。

e0004756_20463348.jpg

白樺の樹皮(外皮)は剥がされましたが、
まだ赤い内皮が残されているので木が枯れることはありません。
何年か経つとまた薄い白い皮がかできてきます。

e0004756_20500674.jpg


この日は午後から陽射しはあったものの、涼しかったので虫の出没はほとんどなくてよかった。
シベリアでの樹皮の採取の時、虫の活動しやすい暑さの中だと樹皮の内皮がはなつ甘い匂いに誘われて
剥がれた樹皮や残された内皮にいろいろな虫が集まってくることもあるそうです。
それでも二人とも万全の格好で林に入っていましたが。

ハルセミの抜け殻発見。

e0004756_20535837.jpg
e0004756_20550642.jpg


この後Sさん宅でお茶をいただきました。

e0004756_20592229.jpg


この子も白樺がお好きらしい。

e0004756_20594820.jpg


Sさんお世話になりありがとうございました。


[PR]
by hokui44do05 | 2017-06-20 21:04 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31