タグ:和物 ( 71 ) タグの人気記事

林アメリー2018・アッサンブラージュ秋の色

少し前のことになりますが、
11月始めに所用で上京。
帰る途中に、大崎駅隣接のO美術館で開催最終日前日、
林アメリーさんの作品の数々を観ることができきました。
e0004756_20490327.jpg
90点あまりの作品が展示されていました。
e0004756_20543758.jpg
最近の作品。
e0004756_20553559.jpg
↑絞り染めの着物地で、「竹」2018
↓「矢羽」2017、「鶴」2016
e0004756_21401863.jpg
「4つのロンポワン」2007
色合いもデザインも素敵!
e0004756_21495855.jpg
「コンポジション」1994
e0004756_21552777.jpg
e0004756_20511154.jpg
アメリーさんが服飾から転じて
和布を使ったキルトタペストリーを手がけるようになったのは
アイヌ刺繍を観てからだったそう。
アイヌシリーズ2作
↓「アメリーヌ1」1983、「アメリーヌ3」1986
e0004756_22010082.jpg
↓技法はルウンベ。
藍染めの麻布にテープ状にした芭蕉布を縫いつけています。
e0004756_22024906.jpg
e0004756_22154347.jpg
アメリーさんの作品を見たのはもうずいぶん前(20年以上かも)、
キルト博の帰りに銀座のデパートで見ました。
その時に、アイヌシリーズのものが数点ありました。
ちょうどご本人がいらっしゃって、お話することができました。
そして今回も偶然にアメリーさんにお会いすることができ、
そしてちょっぴりお話することもたのです!
アメリーさんの着物地のお召し物(洋服)も間近で拝見できました。

このルウンベの技法、
9月の末に北方民族博物館で習ったばかりでした。

↓パッチワークのかい巻き風。
e0004756_20530916.jpg
「侍」1999
e0004756_20544481.jpg
「お江戸日本橋」2012
e0004756_21043124.jpg

縦長のタペストリー
e0004756_22180638.jpg
e0004756_22183670.jpg
夏帯の柄を生かして上下に扇子のアップリケ。
e0004756_22192898.jpg
↑バッグはキャンディー袋↓と同じ作り方。
e0004756_22212339.jpg
e0004756_22213941.jpg
和布のお皿袋も。
e0004756_22233362.jpg
人体までも!
38、40、42のスリーサイズ。2016
e0004756_21072160.jpg
e0004756_20284207.jpg
↑↓織り帯を使った敷物。
「リキコの古い織帯コレクションより」
e0004756_20291215.jpg


家族のイニシアル。
e0004756_21084127.jpg




by hokui44do05 | 2018-11-29 20:36 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

花見日和

先月末から咲いているエゾヤマサクラ。
開花後は気温が低めで何度も雨に降られたにもかかわらず咲き続けていました。
今日はようやくの青空でお花見日和。

e0004756_21011295.jpg


エゾヤマザクラ満開!

e0004756_21005737.jpg


ちょっと濃いめのピンクのも。

e0004756_21020397.jpg


まだ小さな苗木の3本。
バックの大きなヤナギの新緑に映えて。

e0004756_21022577.jpg


↑↓苗の植え付けの終わったビート畑。

e0004756_21024838.jpg
e0004756_21034679.jpg


午後から北方民族博物館で
お細工物エゾヤマザクラの袋の講習を受けてきました。
講師は北見市在住のお細工物作家浜田智津子さん。
ふっくらきれいに仕上げるコツをいろいろ教わりました。

e0004756_21045545.jpg
e0004756_21050646.jpg


12時半から16時半まで4時間続けて細かな作業。
目がしょぼしょぼになり、結局仕上がらず、、、。
お隣の方は紐までつけて後は蕾一つ残すのみ。

e0004756_21052071.jpg


浜田智津子さんの講習で使う布はこだわりの物ばかり。
布地は二越ちりめん。
白地の布を桜色の染めたものは花びらに、
葉の布は三度染めでえぼかし布使用。
どちらにもストレッチ素材の接着芯が貼られていてました。
紐も絹です。





こちらの表紙もエゾヤマサクラです。
by hokui44do05 | 2018-05-12 22:15 | 散策 | Trackback | Comments(0)

第17回東京国際キルトフェスティバル 番外編  

日本の模様のメダリオンキルト。

e0004756_21101704.jpg
左右上下に鳥がいます。
e0004756_21361752.jpg
e0004756_21363556.jpg
e0004756_21355703.jpg


迫力の龍!
e0004756_21023772.jpg



by hokui44do05 | 2018-02-24 22:09 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

第17回東京国際キルトフェスティバル その3 和布のキルト

こちらも藍のキルト。

e0004756_21330426.jpg
e0004756_21371232.jpg
e0004756_21375130.jpg
このキルトに吸い寄せられました。
e0004756_21385340.jpg
e0004756_21400263.jpg
e0004756_21405795.jpg
e0004756_21411533.jpg
e0004756_22095406.jpg

これは和布ではないかもしれませんがレトロな雰囲気。
e0004756_22051626.jpg
e0004756_22053882.jpg
和を感じるリバーシブルキルト。
e0004756_22115220.jpg
e0004756_22121503.jpg
e0004756_22125888.jpg
つづく


by hokui44do05 | 2018-02-05 22:15 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

第17回東京国際キルトフェスティバル その2 和の部門・藍染めキルト 

和の部門 1位の作品。
「開」

e0004756_21163804.jpg
2位
「瀬戸内の海」
e0004756_21173376.jpg
素材は浴衣地か手拭い?
e0004756_21520920.jpg
3位
「ダイアモンドダスト」
e0004756_21180891.jpg
「舞」
e0004756_21200373.jpg
古布使いのキルト。
e0004756_21550069.jpg
「ゆくみちは」
e0004756_21213125.jpg
「天の川」?
e0004756_21391725.jpg
「ワビ・サビ・モッタイナイ」
e0004756_21394907.jpg
e0004756_22041765.jpg
e0004756_22024574.jpg
↑白の配置が効いているシンプルなデザイン。






by hokui44do05 | 2018-02-04 22:17 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(2)

ヤマアジサイからドクダミまで

八月になってしまいました。
e0004756_21305439.jpg
庭のヤマアジサイ咲き始めました。
e0004756_21333180.jpg


カラーも開花。

e0004756_21345867.jpg

e0004756_21282851.jpg


玄関脇のカミツレソウ。

e0004756_21385485.jpg

我が家にはないけれど、
この花も夏の花。

祖母のろうけつ染めの布を使って

友人のバッグ名人が仕立ててくれました。

e0004756_21544728.jpg

Mさん宅の庭にはドクダミがたくさんありました。

ドクダミは皮膚かぶれに効用があるとかでずいぶん前の夏、
顔がかぶれたときにお世話になりました。

e0004756_12213690.jpg
図書館で借りた本。


e0004756_22010639.jpg
ドクダミは梅雨の季節に登場。
湿り気のあるところに群生していて
夜でも咲いている花。
e0004756_22092251.jpg
続編の「冬虫夏草」も読んでみよーっと。


カサブランカの夏はこれから。
e0004756_21380114.jpg


by hokui44do05 | 2017-08-01 21:41 | | Trackback | Comments(0)

第16回東京国際キルトフェスティバル その4 和のキルト

栄美子戸田ローブさんの新作。
今年もリバーシブルログキャビン。
e0004756_21153354.jpg

e0004756_21163750.jpg

「はなび」埼玉県
e0004756_2123438.jpg

「祈り」広島県
e0004756_21243237.jpg

「この日・・・この瞬」滋賀県
e0004756_21261375.jpg

和の部門 3位 「夜宴」
e0004756_21433368.jpg

和の部門 2位 「燦燦」
e0004756_21441638.jpg

「JAPONICA-つばき」
e0004756_21454028.jpg


つづく
by hokui44do05 | 2017-02-01 21:48 | パッチワークキルト | Trackback | Comments(0)

謹賀新年

北緯44度では、静かなお正月を迎えています。
e0004756_20324679.jpg

e0004756_2044091.jpg


朝は6時頃目覚め、お節の準備をしていたらだんだん東の方の地平が赤くなってきたので
ご来迎拝めそうと思っていましたが、気がついた時はもう7時過ぎ。
それでも斜里岳の麓から上っていく初日を見ることができました。
e0004756_20432643.jpg


撮影のため、オーバースカート巻き、フリースを羽織って外に出ました。
しばらくすると凍えそう(たぶんマイナス8度くらい)になり家に戻りました。

ところで我が家は共に鳥好きなので、我が家にはたくさんいます。
たとえば雀。
e0004756_2155615.jpg

そう言えば小さい方はまだ作っていませんでした。
e0004756_2164626.jpg

e0004756_217196.jpg

こちらは鶯。
e0004756_218153.jpg

梟もいます。
e0004756_21121559.jpg


今年の日めくりは野鳥カレンダーをメインに。
e0004756_21204094.jpg


仕上げなくてはならないものはこちらにも。
e0004756_21254144.jpg


今年も手仕事続けます。

★梟は特に好きなので集まってます
by hokui44do05 | 2017-01-01 21:39 | ご挨拶 | Trackback | Comments(2)

よいお年をお迎え下さい

e0004756_22213165.jpg

もうすぐ新しい年がやってきます。

新しい年は、酉年。
e0004756_22304388.jpg


今年も雑記帳を訪ねていただきありがとうございました。

来る2017年が皆様にとってよい年となりますように
北緯44度よりお祈り申し上げます。

初日の出、見えますように。
e0004756_22233884.jpg

by hokui44do05 | 2016-12-31 22:43 | ご挨拶 | Trackback | Comments(0)

干支のお細工物

昨日の午後から雪降り。
今朝の新聞は遅れましたが、生協の宅配や郵便局の配達もありました。
雪もいっときやんで風もおさまったので玄関前と車庫前の雪掻き(主に相方がしました)。
私は家にこもってちくちくの続きです。
e0004756_2005125.jpg

e0004756_20115486.jpg

e0004756_20122624.jpg

何とか仕上げました。

お披露目は新年に。

白樺細工もこれが最終。
e0004756_20143546.jpg

by hokui44do05 | 2016-12-23 20:28 | Trackback | Comments(1)

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る