人気ブログランキング |

タグ:川湯 ( 43 ) タグの人気記事

つつじが原へ

川湯温泉駅で、網走から車で来たふたり、北見からのSさん、釧路からのYさんと合流。
バスと車に分乗で川湯温泉街へ。
夏期間のみオープンのカフェ美森家(みりや)にてランチコースをいただきました。
e0004756_21182272.jpg
総勢14名に。
e0004756_21322692.jpg
e0004756_21341195.jpg
↑これにサラダ、デザートと珈琲。

食後はホテルのチェックインまで時間があるので、
温泉駅へ戻って買い物グループとつつじが原までのお散歩グループに分かれました。
e0004756_21351725.jpg
↑大鵬記念館の前で。
e0004756_21362561.jpg
森の中の道はウッドチップが敷かれて作られてから数年がたって
苔むしてふかふかと歩きやすい。
e0004756_21440891.jpg
イソツツジが咲き始めていました。
e0004756_21451296.jpg
e0004756_21453826.jpg
e0004756_20361023.jpg
遊歩道は硫黄山の麓まで続きますが、
このあたりで引き返しました。
e0004756_20495223.jpg
↓林間に咲く小さな6弁の花はツマトリソウ。
初めて見ました。
ゴゼンタチバナと見間違えましたが、
ゴゼンタチバナの花は4弁でした。
e0004756_21554074.jpg
マイヅルソウも咲いていました。
e0004756_21571643.jpg
これはシカさんの落とし物。
e0004756_21582864.jpg
Iさんがクマゲラを見つけました。
e0004756_20375032.jpg
↑↓頭の上が赤いのだけれど画像ではよく見えませんね。
e0004756_20383265.jpg
入り口にこの看板ありましたが、
クマには出会わず戻ることができました。
e0004756_20424382.jpg
ホテルへ行く途中の空き地にルピナス群生。
e0004756_20465265.jpg
e0004756_20472759.jpg
ホテルの前で。
e0004756_21171227.jpg
e0004756_21305377.jpg
帰りも川湯温泉から列車に乗って。
e0004756_21183145.jpg
駅舎は昭和36年に改築されたものが残ってます。
e0004756_21384748.jpg
e0004756_21391081.jpg
駅事務室はレストラン「オーチャードグラス」。

e0004756_21423791.jpg
帰りは仲間とのおしゃべりで画像はほとんどありません。
e0004756_21433970.jpg
e0004756_21443042.jpg



by hokui44do05 | 2019-06-11 21:46 | 散策 | Trackback | Comments(0)

釧網線に乗って

7日金曜日キルターズの仲間と釧網線に乗って川湯温泉へ行ってきました。
同行ふたりと藻琴駅で釧路駅行きに乗車します。
e0004756_22044720.jpg
無人駅ですが、駅舎を利用した食堂があります。
同行のKさんが初めて釧網線に乗ったのは昭和31年だったそう。
当時はまだディーゼル列車ではなく蒸気機関車で、
釧路に着く頃には顔が真っ黒にすすけたと、、、!
e0004756_20021595.jpg
午前中の釧路行きは2本。
私たちは網走駅10時24分発の快速知床摩周号に乗車。
網走駅から乗車した3名、次の桂台で乗車した3名と合流です。
e0004756_20061524.jpg
e0004756_21211072.jpg
列車がきました。
一両編成です。
e0004756_20165696.jpg
10時35分藻琴駅出発。
ここからしばらくは進行方向左手にオホーツク海を見ながらの走行です。
e0004756_20184649.jpg
次駅は北浜。
e0004756_20221339.jpg
流氷到来の頃にはこの展望台からの眺めは圧巻。
e0004756_20220108.jpg
e0004756_20222479.jpg
夏期間のみ乗降できる原生花園駅付近には観光客がたくさん。
e0004756_20280037.jpg
濃いピンクのハマナスや黄色いエゾキスゲ、オレンジ色のエゾスカシユリ
などもちらほら咲き始めていました。
でも結局ここからは誰も乗車せず。
e0004756_20303504.jpg
e0004756_21181025.jpg
止別(やんべつ)駅舎の付近にはルピナス群生。
ルピナスは北海道に自生していたわけではなく、
外来種。冷涼な気候にあっているのか繁殖力は凄い!
別名上り藤。
e0004756_20424021.jpg
蕗の葉っぱはまだみずみずしく新緑。
e0004756_20444719.jpg
もうすぐ知床斜里駅。
e0004756_20460782.jpg
雲間からは知床連山が。
e0004756_20474278.jpg
ウナベツ岳には雲がかかって見えません。
e0004756_20495103.jpg
斜里川を渡ります。
e0004756_20503046.jpg
しれとこしゃり駅では、
網走方面へ向かう列車と待ち合わせ。
5分停車です。
e0004756_20530237.jpg
網走へ向かう列車には、流氷模様。
e0004756_20534402.jpg
ここからはもう海は見えません。
e0004756_20561880.jpg
左側に迫るように見えるはずの斜里岳も雲隠れしていました。
e0004756_20575947.jpg
e0004756_20584607.jpg
↓みどり駅をすぎると次駅は川湯温泉駅。
e0004756_20592586.jpg
総勢10名の列車女子旅です。
e0004756_21025754.jpg
e0004756_21032151.jpg
11時56分川湯温泉駅に到着。
私にとっては初めての釧網線乗車でした。
e0004756_21065953.jpg

e0004756_21052226.jpg

つづく

by hokui44do05 | 2019-06-09 21:21 | | Trackback | Comments(2)

花はまだ少ないけれど

今日は朝から晴れて気温上昇。
藻琴山経由で川湯へ行ってきました。
e0004756_20403201.jpg
藻琴山中腹からの斜里岳。
e0004756_20413707.jpg
まだ雪は多くて、展望台は閉鎖中でした。
e0004756_20495605.jpg
↑屈斜路湖が見えます。
e0004756_20521865.jpg
↑いつものお蕎麦屋さんで昼食後川湯温泉駅へ。
相方は足湯で温まり。
e0004756_20573152.jpg
↑森のホールでお買い物。
弟子屈の摩周温泉道の駅にも行ってきました。
裏の林で小花発見。
e0004756_21010017.jpg
ヒメイチゲのようです。
e0004756_21031138.jpg
川湯温泉街の脇の林では蕗の花。
e0004756_21040865.jpg
e0004756_21052499.jpg
帰り道の濤沸湖畔では水芭蕉。
e0004756_21062300.jpg
e0004756_21060945.jpg
e0004756_21091170.jpg


by hokui44do05 | 2019-04-29 21:11 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

川湯でランチ

今日は朝から晴天。
風もなく穏やかな一日でした。
友人に誘われて川湯へ。
途中の藻琴山中腹から知床連山見えました。

e0004756_20214789.jpg

うっすら山頂が雪化粧の斜里岳。

e0004756_20230578.jpg
e0004756_20292046.jpg

屈斜路湖方面。

e0004756_20232039.jpg
e0004756_20314214.jpg

硫黄山前のつつじが原。
白樺は葉を落とし、イソツツジの紅葉。

e0004756_20333892.jpg
朝晩は気温が下がりますが、昼間はまだ暖か。



ランチしたのは。
by hokui44do05 | 2018-11-03 21:21 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

さくらの滝から神の子池、川湯まで

昨日は相方の夏休みで一緒にでかけました。

e0004756_20395831.jpg

↑何年かぶりのさくらの滝。
サクラマスのジャンプして遡上する勇姿が見られる場所。
6月の終わりから7月の始めにかけてがいちばんのシーズン。
たくさんのマスがたえず滝上まで行こうとジャンプするのが見られます。
滝上までたどりつくのはほんの数尾のようですが。
それでも時折、2~3尾のマスが跳んでるのが見られました。

e0004756_20400814.jpg

↑神の子池。
摩周湖の伏流水が沸いてできた池です。
ずいぶん来ていませんでしたが、
駐車場もぐっと広くなりたくさんの車が停まっていました。
国道からの路は相変わらずの道幅の狭い砂利道でしたが。
暑かったせいか、駐車場付近はアブだらけ。
池の周りを安全に回れるようにか池の周りには高架木道が新設されていました。
観光客も次々で、
ゆっくり神秘の池を見物というにはせわしなくそうそうに退散。
川湯へむかいました。

e0004756_20403342.jpg

お昼は、粉ひき水車のあるお蕎麦屋で。

e0004756_20402222.jpg

10割田舎そばです。
夏らしくトウキビがついてました。

e0004756_20404729.jpg

その後、いつものクリーム童話でジェラート。
ピスタチオといちごのダブル。

e0004756_21155583.jpg

↑川湯温泉駅へも。

e0004756_21172287.jpg

↑美留和にて水汲み。

e0004756_21173159.jpg

藻琴山経由で帰ってきました。

e0004756_21201910.jpg

↑展望台からの屈斜路湖。

e0004756_21215575.jpg

↑斜里岳の頂から知床連山にたなびく雲が。


by hokui44do05 | 2018-08-07 21:27 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

白樺林 その3 硫黄山のつつじが原へ

6月18日のことです。
山辺さんと硫黄山のふもとのつつじが原を散策。

e0004756_20495825.jpg


イソツツジの花が見頃でした。

e0004756_20553032.jpg

白樺の木が多い。

e0004756_21255263.jpg


白樺の若葉がきれい。

e0004756_20572270.jpg


エゾマツやハイマツもあります。
ハイマツの花が咲いてました。

e0004756_21001304.jpg


道脇に伐採されていた白樺の木。
山辺さんが樹皮をめくるときれいにとれた!
内側が緑色できれい。まだ若い木だから?

e0004756_21030525.jpg

剥いだ皮です。
持ち帰りました。

e0004756_21071571.jpg

何か作れるかな?
この後は和琴半島へ。

e0004756_21141988.jpg


こちら側は風はなく静かな湖面ですが
反対側は大風でそうそうに退散。
美幌峠へ。

e0004756_21161926.jpg


ここもいつものことながら風が強かった!
美幌の街で珈琲タイム。
スーパーで買い物も少し。

女満別空港の近くで夕陽を拝みました。
e0004756_21200277.jpg


山辺さんは夜の便で帰京。
お疲れ様でした。
また来てね。

講習会と白樺細工についてはまた後日。


by hokui44do05 | 2017-07-06 21:30 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

白樺林 その2


一週間以上前の白樺林巡りの続きです。


北方民族博物館での講習会のために来網中だった山辺さんと一緒に
東藻琴のSさんのお庭へ。

e0004756_22091888.jpg


sさんの庭の周りに住み始めた当初は30本近くの白樺を植えたそうです。
白樺の生長は早くて日陰を作り、庭造りの妨げになったのでやむなく伐る羽目になったそうです。

e0004756_22043721.jpg

今回はSさんの知人が20年くらい前に植林した白樺林に連れて行ってもらいました。
e0004756_22200996.jpg
白樺のみが植えられている林です。
e0004756_22213800.jpg
白樺林のお隣には山菜畑。
ワラビやクサソテツ(幼芽はコゴミ)がたくさん。
e0004756_22210545.jpg
山辺さんが「これで作るスープは美味しいの!」というので
よく見るとオオイタドリ。よく路肩の植え込みに迷惑雑草となって生えてますね。
オオイタドリは別名スカンポだから以前は食べていたという話は聞いていたけれど
私はまだ食べたことはありません。
e0004756_22221446.jpg
ここのフキはっきれいな緑色。
Sさんが根元から刈り取ると水滴が落ちてきてとってもみずみずしいフキでした。
ここの白樺林では皮剥ぎはせず、山菜採りをいたしました。
この林は道路の脇にあり、白樺ばかりの林なので、
皮を剥いで黄色の樹皮が露わになると目立つかもしれません。
伐採予定があるわけでもなさそうなので、皮剥ぎはみおくったのでした。
この後、Sさんとは別れて、川湯へ向かいました。


途中の藻琴山登山口、小清水展望台にて。
斜里岳が見えます。手前に見えるのはダケカンバの林。

e0004756_19585942.jpg
風の強いので枝ぶりもまっすぐとはいきません。
e0004756_22273585.jpg
屈斜路湖の向こうに見える山々。中央の奥の高い山は雄阿寒岳。
e0004756_20081440.jpg
川湯では、蕎麦粉を水車で挽いている畑の中のお蕎麦屋さんで田舎蕎麦をいただきました。

e0004756_20132426.jpg
つづく


by hokui44do05 | 2017-06-27 20:18 | ドライブ | Trackback | Comments(2)

藻琴山から川湯へ(追記あり)

月曜日は朝から一日ドライブ。
まずは藻琴山七合目からの眺望です。

正面にあるのは斜里岳。

e0004756_22012031.jpg
右方に目を移すと、屈斜路湖が見えます。
e0004756_21390497.jpg
路肩にはまだ残雪が。
e0004756_22080862.jpg
つつじが原から硫黄山。
e0004756_22133951.jpg
イソツツジと白樺がバランスよく配置されてます。なんだかとっても幻想的な場所。
e0004756_22180543.jpg
ちゃんと花芽がありました。6月になったら咲きます。
e0004756_22235037.jpg
ランチは、川湯温泉駅の森のホールで森ごはん。

e0004756_21225084.jpg

屈斜路湖畔、砂湯から観た藻琴山。
e0004756_21291449.jpg
美幌峠から観た、屈斜路湖中の島。
e0004756_21351585.jpg
この後、美幌に出て津別温泉へ。エゾクロテンが迎えてくれました。
e0004756_21403428.jpg





by hokui44do05 | 2017-05-03 22:28 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

鶴居からの帰り道 弟子屈から藻琴山

2日、鶴居村からの帰り道、弟子屈を通りました。
途中900草原に寄りました。
真ん中の山は摩周岳。左後方には阿寒の山々。
e0004756_21341680.jpg


川湯温泉駅にて。
e0004756_21433952.jpg

森のホールでランチ。
e0004756_21442785.jpg

森どんぶり。揚げゴボウが美味しい!
e0004756_21464047.jpg

e0004756_2147912.jpg


硫黄山のつつじが原。
e0004756_21505918.jpg


藻琴山中腹展望台駐車場より屈斜路湖を望む。
e0004756_21532032.jpg

ハイランド小清水からは知床連山。
e0004756_223971.jpg


東藻琴の芝桜公園にて。
e0004756_225966.jpg

芝桜祭り開催は翌3日からの予定で準備がすすめられていました。
e0004756_226286.jpg

咲き始めた芝桜も雪に。
e0004756_2263724.jpg

by hokui44do05 | 2016-05-06 22:21 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

北の秋を楽しみに。

台風が去って、ぐっと秋深まりました。
先週金曜日から旧友が二人来網。
一週間前の悪天候から一転、よいお天気に恵まれました。
天都山の流氷館からの眺め。
e0004756_20113511.jpg

e0004756_20171320.jpg

翌日土曜日は川湯へ。
川湯温泉駅は化粧直し中。
e0004756_20224967.jpg

駅構内。
e0004756_20302050.jpg

ホームにはちょうど釧路からの一両列車停車中。ここから折り返しで釧路へ。
e0004756_20323486.jpg


森のホールでランチ。
e0004756_20292747.jpg

本日の森ごはん。カボチャのスープとロールキャベツの味噌ソース。
e0004756_20253446.jpg

食後にはサツマイモとりんごのケーキ。
e0004756_2029997.jpg


硫黄山前のつつじが原。
e0004756_20343463.jpg

屈斜路湖畔の道
e0004756_2035379.jpg

湖には北から白鳥がやってきてます。
e0004756_20375146.jpg

和琴半島で落ち葉の道を歩きました。
e0004756_20482879.jpg

e0004756_20395458.jpg

例年ならどんぐりたくさん落ちてる時期なのに、
今年はまったく見つけられませんでした。
e0004756_2041961.jpg


つづく
by hokui44do05 | 2015-10-19 21:10 | ドライブ | Trackback | Comments(2)

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る