人気ブログランキング |

タグ:温泉 ( 18 ) タグの人気記事

ピアソン記念館そして津別温泉へ

e0004756_22031449.jpg
津別の温泉へ行く途中に
北見にあるピアソン記念館へ立ち寄りました。
e0004756_22034499.jpg
総2階建ての洋館です。
e0004756_22035982.jpg
中へ入ると、落ち着きと暖かみのある空間。

e0004756_22040801.jpg
1914年(大正3年)にヴォーリスの設計によりピアソン夫妻のために建てられた家です。
e0004756_22051282.jpg
e0004756_22053794.jpg
e0004756_20112910.jpg
アメリカ人ピアソンは1888年(明治21年)27歳で来日。
40年にわたる宣教活動のうち34年間は北海道で伝導を続け、
北見(当時は野付牛)には14年間過ごし、1928年67歳でアメリカに帰りました。
その後、管理人はいて宣教師が一時居住、その後一時は空き家状態にになりましたが、
1939年産婦人科医であった唐笠医師が買い取り、
修繕補修して住宅兼集まりの場として使用していました。
唐笠医師は俳句を嗜み、ホトトギス派同人でした。
1958年唐笠医師は札幌に転居してこの館を道へ寄贈、
十余年間は児童相談所として使われ、その後北見市へ移管。
1970年には大がかりな復元工事がなされて翌年ピアソン記念館として開館したのです。
e0004756_22043172.jpg
↑シンガー製足踏みミシン。
このミシンを使用していたのはピアソン夫人だったかどうかはわかりませんが、
ピアソンの出身地、ニュージャージー州のエリザベス市にシンガーミシン会社がありました。





津別温泉へ
by hokui44do05 | 2019-04-04 21:48 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

雪は少なかったけれど

年末恒例の温泉行き、今年は津別へ。

e0004756_20483090.jpg

例年になく雪が少ない。
それでも温泉に着くと銀世界。

e0004756_20495766.jpg

翌朝も晴れて。

e0004756_20524681.jpg

エゾテンはまだ宿の近くには現れていないよう。

e0004756_20551341.jpg

↑充実の朝ご飯。

e0004756_20562243.jpg

ロビーの薪ストーブに火が入ってなくて残念。
薪節約なのか、、、。

e0004756_20565122.jpg

朝は冷え込んで気温マイナス17℃でした。

e0004756_20572842.jpg
今回行きと帰りに立ち寄ったところ。
e0004756_21023935.jpg
廃校になった活汲小中学校を利用した施設TSKOOL。
今年の6月に津別の山上木工がオープンさせました。
e0004756_21062821.jpg
e0004756_21042308.jpg
詳しくは次回つづきます。




by hokui44do05 | 2018-12-26 21:19 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

阿寒へ

今年は夏に道内旅行しなかったので久々の温泉行き。
途中の津別相生道の駅でお昼ご飯のはずでしたが、
お蕎麦屋さんの営業日は昨日までとのこと。

e0004756_20233680.jpg


クマヤキでひとまずの腹ごしらえ。
前日気温が上がり雨が降った翌日また気温は急降下。
車道には雪はないのですいすい来られましたが
駐車場から道の駅の建物までは恐怖のツルツル路面でした。

阿寒湖畔のお蕎麦屋にて昼食。
アイヌコタンのチニタ民芸店に行ってきました。
ここはアイヌ刺繍家の西田香代子さん夫婦のお店。
ご主人がお店の前で雪掻き中でした。
外では足下危ういので撮影どころではなく画像なし。

e0004756_20264120.jpg


やっぱり籠に目がいきます。

e0004756_20270807.jpg


こちらの籠、シナの皮を編んだもの。

e0004756_20271880.jpg

↑織りの持ち手も素敵です。
籠はどれも非売品でした。

もちろん刺繍の作品も飾られていました。

e0004756_20273952.jpg


秋に習ったカラミップ。
赤い糸で刺された部分はエタラカ。
チェーンステッチを崩して?刺すのだそう。

e0004756_20275028.jpg


前掛け。左のはアッツ織り布も使用。

e0004756_20281852.jpg


こちらは衣裳全体に刺された
チンジリ(チェーンステッチ)。

e0004756_20282819.jpg


針目がひとつひとつまあるくてきれいです。
来年は北方民族博物館でまた講習あるといいな。
作品展も是非やっていただけたらと。

お目当ての針入れのチシボや糸巻きは現在作者が製作中ということで
現物はありませんでした。
春になったら並ぶらしい。

宿泊の温泉宿は、湖畔ではなくちょっと釧路方面へ行く途中の
阿寒川沿いの宿です。
相方の入浴中私は川を眺めつつぐるぐるのノールビンドニングしました。

e0004756_20330022.jpg


夕飯も川を観ながら。

e0004756_20362336.jpg
つづく


by hokui44do05 | 2017-12-28 21:18 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

温泉でクリスマス

昨日は一足早いクリスマスのディナーを森の温泉で。
e0004756_20521190.jpg

前菜は3種類。カニクリーム団子にクスクスの細切り揚げ添えとホタテのナージュ、
フォグラのポワレ。
e0004756_20571113.jpg

この後オニオンスープと鶏肉の赤ワイン煮が出てその後真鯛の蒸し物。
付け合わせにマイクロトマト。
e0004756_21205484.jpg

口直しのアールグレイのグラニテ。甘さはなく舌に爽やか。
e0004756_2121782.jpg

ハーブ牛ロースのベリーソース。
e0004756_21215062.jpg

デザートは4種。
e0004756_21231257.jpg


マイクロトマト、小さくともしっかりトマト味。
来年育ててみようかな。

森の朝の冷え込みは厳しくマイナス10度を下って。
e0004756_22104491.jpg

帰り道の道路はツルツル状態。
e0004756_22124031.jpg

気温が低いので木材工場から立ち上るはずの煙が横にたなびいて。
e0004756_22165646.jpg

by hokui44do05 | 2014-12-24 22:23 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

森の中の温泉で

温泉へ行ってきました。
e0004756_20583975.jpg

外は森の雪景色。
e0004756_20591136.jpg

クリスマスディナーをいただきました。
e0004756_21174691.jpg

盛りつけお洒落なフルコース。
e0004756_2134298.jpg

デザートまで。
e0004756_2143150.jpg

夜、ロビー前に森に住んでいるエゾテンのてん太郎がやって来ました。
e0004756_2127957.jpg

なかなかこちらを向きません。
e0004756_21274037.jpg

エゾテンは冬になると毛がだんだん雪色になってきます。
e0004756_2128354.jpg

しっぽはまだ黒いですね。
e0004756_2129932.jpg

家はフサフサになってますけれど。
e0004756_21293177.jpg

ガラス越しのこちらのことはお構いなし。
森の方ばかり気にしています。
ロビー前の丸太のエサ台を一巡さたら森へ帰っていきました。

翌朝は晴天でした。
by hokui44do05 | 2013-12-26 21:59 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

温まったけれど

昨日は北見へ行って映画「リンカーン」を観て、
留辺蘂の先にある塩別つるつる温泉へ。

朝は寒かったけれど久々の青空を観ました。
e0004756_21101731.jpg

まだ花のないつつじの間に蕗の薹の緑があちこちに。
つるつる温泉の大浴場は日帰り入浴の温泉としても人気があります。
駐車上の脇の斜面にはまだ花のつかないつつじの植え込み。
茎を伸ばした蕗の薹の緑がちょっとだけの春。
e0004756_213918.jpg


近くにある「山の水族館」へも行ってきました。
入り口には北の川の小魚、ヤマメ、アメマス、オショロコマたちの泳ぐ水槽が迎えてくれます。
e0004756_2141837.jpg

北の川の代表的な魚4種。
e0004756_21433035.jpg

この水槽は、上部が屋外なので真冬には氷が張ります。
e0004756_21505399.jpg

e0004756_21524764.jpg

大きなイトウが40匹も。
e0004756_21552198.jpg

e0004756_2155451.jpg

e0004756_2156954.jpg

この水槽では、川上りが観られます。
e0004756_21593723.jpg

だんだんと水位が下がってきます。20分間下がるらしい。
e0004756_2201722.jpg

e0004756_221694.jpg

ジャンプ中の魚、撮れませんでした(´д`)。
上りきった魚たちが滝壺にたくさん。
e0004756_22133100.jpg

↑一日に何回もトライするのだろうなあ。お疲れ様。
e0004756_2215412.jpg

北の淡水魚ばかりでなく、カメも。
e0004756_22173693.jpg

カラフルな魚たちもいました。
e0004756_22175755.jpg

金魚の万華鏡水槽は上からのみ楽しめます。
e0004756_22203150.jpg


オホーツクへ向かうとだんだんと雪の中へ、また冬の地に帰ってきました。
e0004756_22213132.jpg

e0004756_22221858.jpg

by hokui44do05 | 2013-05-02 21:16 | | Trackback | Comments(2)

温泉へ

27日年末恒例の湯治おさめです。
昨年と同じに津別温泉へ。
e0004756_2127697.jpg


途中、北見に寄って、
ワーナー・マイカルで21日公開の「レ・ミゼラブル」(イギリス映画)を観ました。
2時間半もの上映でしたが、長さは感じさせません。
ミュージカルで、筋書きは原作に忠実。
英語ではなくフランス語だったらもっとよかったのに。
久々に劇場映画を堪能できました。

e0004756_20425377.jpg

温泉の湯はキシキシタイプでお気に入りの森つべつ ランプの宿
e0004756_20431995.jpg

ランプの宿だから。
e0004756_2059567.jpg

灯りにはこだわりがあるようです。
e0004756_20582247.jpg

ロビー。
e0004756_210527.jpg

森の木々。昨年よりぐっと雪が多い!
e0004756_2104546.jpg

e0004756_212369.jpg

大浴場へ続く廊下の灯り。
e0004756_2131978.jpg

休憩室入り口。
e0004756_2135585.jpg

翌朝(28日)は晴れました。よく冷えて、気温はマイナス24℃ですって。
e0004756_21101825.jpg

朝ご飯は和食。
e0004756_2111672.jpg

お部屋の窓から。つららがスゴイです。
e0004756_21115736.jpg

部屋のスタンドライトの笠。
e0004756_2113148.jpg

描かれているのは鳥でしょうか。
e0004756_21142095.jpg

森の木の枝にはカケスが2羽。つがいかしら。
e0004756_21144620.jpg


帰ってきたら、山がよく見える!
e0004756_21284423.jpg

濤沸湖へ行ってみました。
湖面は、全面凍結。もう白鳥たちの姿はないのかしら。
e0004756_21301776.jpg

と思いきや、数羽の白鳥たちが湖の真ん中、丸まって氷の上でお休み中でした。
e0004756_2131293.jpg

ウナベツ岳の雪の山肌がくっきり。
e0004756_21354526.jpg

こちらはシャリ岳。
e0004756_21373973.jpg


今年も残り少なくなりました。
by hokui44do05 | 2012-12-30 21:23 | | Trackback | Comments(2)

トムラウシ温泉

8月28日はトムラウシ温泉へ行きました。
新得の町から56㎞1時間ほど走ります。
途中、岩松ダムと岩松湖、十勝ダムと東大雪湖を通りました。
ダムでは水力発電もしているようです。
e0004756_21185190.jpg

高いところが苦手なタチなのでダムの上を走らなければならないというだけで恐怖感が・・・。
東大雪荘まで、到着までの7㎞くらいは狭い林道。舗装されてません。
e0004756_2125762.jpg

川沿いに建つ国民宿舎東大雪荘
e0004756_21292948.jpg

登山者向けの宿舎と思ってでかけましたが、
ちょっと違うようです。
立派な温泉保養施設でした。
施設も新しい。山奥にこんな立派な建物がと驚きました。

テレビはアナログのみ。
それも首都圏のものなので道内の気象予報が入らず。
携帯電話(SB)は圏内でした。

近くにあるトムラウシ岳への登山口。
e0004756_21321633.jpg

e0004756_21465878.jpg

e0004756_21495178.jpg

e0004756_21535427.jpg

e0004756_21502591.jpg

e0004756_21505891.jpg

e0004756_21512494.jpg

e0004756_21514396.jpg


山麓なので涼しいかと思いきや、意外と蒸し暑かった。

温泉の湯質は、とてもよかったのですが、
夜遅い時間に入ったら、誰もいない。
露天風呂に出たら外は真っ暗。
何か出てきそうで怖くてすぐに中へ戻りました。

翌日は曇って、霧も出てあいにくのお天気。
早々に鹿追へとむかいました。
by hokui44do05 | 2012-09-03 22:11 | | Trackback | Comments(0)

つかの間の暖かさの中、山間の温泉へ 

昨春訪れた温泉
へ、今年も行ってきました。
丸瀬布温泉マウレ山荘です。
e0004756_2016553.jpg

木曜日から急に気温が上がりました。
e0004756_20173250.jpg

川にはまだ雪が多いです。
e0004756_20193880.jpg

金曜日も朝からナマ暖かな風が吹いて雪解けがすすみました。
e0004756_2021991.jpg

暖かいのでロビー中央にある暖炉は火がありません。
e0004756_20312890.jpg

ホテルの従業員さん手作りの羊毛フェルトのお人形。
e0004756_20314587.jpg


帰ってきて翌日の土曜日、お天気は一転、朝から雪降りです。
e0004756_20385254.jpg


早くも3月が終わりになります。

ですが明日は真冬日の予報。
春遠からじ。
e0004756_2044552.jpg

by hokui44do05 | 2012-03-31 21:30 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

湯治おさめ

津別の森へ着いて車から降りたら
三日月がお出迎え。
夕方5時なのにもうとっぷり日が暮れてました。
この日27日は新月から二日目の晩にあたります。
e0004756_2211382.jpg

宿泊した森つべつのロビーから。
e0004756_2071152.jpg

今年はまだ来ないのですって。会えずに残念。
e0004756_208879.jpg

e0004756_2135548.jpg

薪ストーブ、周りはすごく温かい。
e0004756_20294718.jpg

e0004756_2014896.jpg


冬の森の朝。
e0004756_20201253.jpg

青空が見えたので、帰りは美幌峠へ向かいました。
e0004756_2024382.jpg

峠は風が強くで、降車は取りやめ。
e0004756_20242712.jpg

屈斜路湖畔、砂湯にて。
湖面が波立っているので白鳥たちは陸に避難していました。
e0004756_20254815.jpg


帰宅後森のクッキー焼きました。
by hokui44do05 | 2011-12-29 21:33 | ドライブ | Trackback | Comments(0)

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る