人気ブログランキング |

タグ:編み物 ( 107 ) タグの人気記事

北欧サミの暮らしと工芸 講習会

e0004756_21423807.jpg
北方民族博物館の特別展
e0004756_22045320.jpg
北欧サミの暮らしと工芸開催中
e0004756_22042781.jpg
先週の土日連日で結城伸子さんの講習会があり行ってきました。
土曜日は「ロヴィッカヤーンで編むポットホルダー」です。
ロヴィッカとはスウェーデンの北にある村の名前。
ミトンを編むための毛糸は極太で柔らか。
編んでから起毛させて使うそうです。
e0004756_20324095.jpg
↑左側のミトンが起毛されてます。
ミトンの折り返し部分に編み目を拾って三色の毛糸の刺繍が。
e0004756_20340680.jpg
今回講習会では、結城さんのアレンジで、
e0004756_20362908.jpg
↑こちらのポットホルダーを編みました。
8号棒針を使ってガーター編み。
起毛させてもいいけれど、縮絨させてもいいかも。
ロヴィッカヤーンは、撚りのかかっていない柔らかな毛糸。
この糸で編まれたミトンはとっても暖かそう。

特別展に並んでいたサミのミトン。
e0004756_20432348.jpg
e0004756_20434646.jpg
↑模様は編み込みですが、房がつけられるのが同じですね。
e0004756_20340680.jpg
房は、青が緑になったりもするそう。
信号機色ですね。
e0004756_20422272.jpg
9月22日には「サミの手袋」
講師 エリカ・ノルドヴァル・ファルク(サミ民俗学者)
行われる予定。
エリカさんはニッターでもあり、ミトンの収集家でもあります。
様々なミトンが表紙のはエリカさんの最新刊。
この時にはもう網走にはいないので参加できず残念です。

講習会中に席がお隣だった方は同年代の方。
子どもの頃スウェーデン刺繍をしたことがあったわと。
スウェーデン刺繍は、専用の布地があって、
先の曲がった針を使って太めのカラフルな刺繍糸で幾何学的な連続模様を刺すのです。
こぎん刺しや菱刺しのように織り目を一直線に刺すのではなく
上下に移動させて模様を作ります。
私も小学生の頃の夏休みに祖母にスウェーデン刺繍習ったこと思い出しました。
今回のは編み目をすくう刺繍だから似ているかしら。
ツヴィスト刺繍がそうなのかな?

つづく

by hokui44do05 | 2019-07-22 21:43 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

サンカ手袋 右手編み上がり

右手編み上がりました。
e0004756_20210709.jpg
親指は3模様、他の指は2模様で編んであります。
ところどころに編み間違いあり。
e0004756_20132440.jpg
人差し指がきつめかしらと思いましたが
なんどか履いてみたら手に馴染んできます。
e0004756_20134088.jpg
秋になったら左手も同じように編んで自分用にしようっと!
手首部分がしっかり長いので実用的です。



by hokui44do05 | 2019-04-15 20:47 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

ぽかぽかな一日

週末は気温が上がったので今シーズ初めての庭仕事。
前庭の雪はなくなりました。
e0004756_20245181.jpg
スノードロップや、
e0004756_20243058.jpg
クロッカスが咲き始めました。
e0004756_20260528.jpg
e0004756_20261850.jpg
ヒヤシンスや
e0004756_20283673.jpg
スイセンはこれから。
e0004756_20290903.jpg
クリスマスローズ、
e0004756_20303347.jpg
古い葉はとった方がいいらしい。
e0004756_20312100.jpg
カタクリの蕾。
e0004756_20315510.jpg
ルバーブの芽が赤い!
e0004756_20325485.jpg
このまま赤く育っったらいいな。
e0004756_20330939.jpg
庭の西北側と
e0004756_20354367.jpg
北東側にはまだ残雪。
e0004756_20361443.jpg



残すは小指のみ
by hokui44do05 | 2019-04-14 20:45 | | Trackback | Comments(0)

お彼岸がすぎたのに

今日は真冬日になりました。
e0004756_21235663.jpg
彼岸荒れはなかったけれど、冬景色が戻ってます。
e0004756_21301853.jpg
続きを編まなくては。
e0004756_21401529.jpg
『はじめてのフェアアイルニット』の道具紹介のページ。
e0004756_21402637.jpg
↑穴がポツポツの革製品はニッテイングベルト。
「シェトランドでは古くからフエアアイルニッティングに使われていた道具です。
クッションが脇腹にくるようにベルトを腰にき、
クッションの穴に長い金属製の片方を刺して固定した状態で編みます。」
私は左手で糸をかけて編むので輪針をうまく扱えません。
これ欲しいです!



埼玉で見つけた春の花。
by hokui44do05 | 2019-03-23 22:07 | | Trackback | Comments(0)

また雪景色になったので

雪解けがすすんでいましたが、
火曜日の朝、除雪の音で目覚めました。

雪景色が戻って、編み物を再開しました。
e0004756_21051023.jpg
↑編み間違いも何箇所かありますが、
自分用なのでこのまま編みます。
e0004756_21091935.jpg
極細毛糸を扱うと、中細のシェトランド毛糸が太めに感じられてしまいます。

パッチワークもちょこっと。
e0004756_21162489.jpg
e0004756_21190165.jpg
歩道はまた雪道に。
e0004756_21201779.jpg

e0004756_21212895.jpg
庭の雪は例年よりぐっと少なめです。


by hokui44do05 | 2019-03-14 21:29 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

海明け近し

e0004756_20053166.jpg
晴れていたのでお雛様をしまうための防虫剤を買いに行くついでに
森を歩いてきました。
e0004756_20083483.jpg
春間近の海。
e0004756_20110978.jpg
e0004756_20122483.jpg
小鳥たちのさえずりやアカゲラのドラミング、
森は賑やかでした。
e0004756_20151843.jpg
歩道の雪もほとんどありません。
e0004756_20183147.jpg


箱入り雛人形たちとサンカ手袋
by hokui44do05 | 2019-03-05 20:44 | 散策 | Trackback | Comments(0)

雪解けシーズンで、編みすすまず。

庭にはまだ雪はありますが、
e0004756_19572147.jpg
幹線道路の雪はなくなり、
例年より早い雪解けです。
e0004756_19552675.jpg
我が家の車庫前には雪はないのですが、
両側の雪山はまだ残っていて住宅街の道は狭いままです。

今朝キッチンの前の雪山をエゾリスが駆けぬけていきました。
積もった雪が融けたり凍ったりを繰り返して凍っているので
リスも埋めた餌を掘るのが大変なのではと心配。
それでもヒマワリの種のある小鳥用の餌場にはやってきませんでした。
e0004756_19561351.jpg
サハの刺繍「五つの目のお守り」は完成させて、
ダイニングキッチンに飾ってます。
e0004756_20020787.jpg
お雛様も飾ってます。
e0004756_20003832.jpg
明日は桃の節句ですね。


編み物シーズン終盤
by hokui44do05 | 2019-03-02 20:25 | | Trackback | Comments(4)

春の兆し?

二週間ぶりに森へ行ってみました。
e0004756_20413321.jpg
流氷がとどまってます。
e0004756_20461213.jpg
氷が溶け始めてるのか?
e0004756_20494549.jpg
e0004756_20525701.jpg
斜里岳には雲がかかっていました。
e0004756_20511577.jpg
週末からは少し気温が上がってきそうです。
e0004756_20542046.jpg
e0004756_20545404.jpg
↑冷蔵庫にあった菜の花、
お弁当用に茹でようと思ったけど一本は活けてみました。
今は外気温より冷蔵庫の中の方がぐっと暖かいです。



指なし手袋二組できた。
by hokui44do05 | 2019-02-14 21:19 | 散策 | Trackback | Comments(0)

文旦ピールとビーズ入りアフガン編みのハンドウォーマー

文旦をいただいたので、今回もピールを作りました。
e0004756_21282502.jpg
文旦の皮は、八つ割りにしてから白いワタをそぎ落としてスライス。
水にひたして、半日おいておいたものを10分間、茹でこぼしを2回。
分量の8割のグラニュー糖をかけ、ひたひたになるまで水を注ぎます。
火にかけること30分くらい。
煮詰まって透明感が出てきたものから順次引き上げます。
途中煮詰まりすぎたら水をたしながら。
e0004756_21283962.jpg
e0004756_21285147.jpg
一晩放置して乾かしてからグラニュー糖をかけて出来上がり。

注文していた特大ビーズがようやく届き、
ノールビンドニングの指なし手袋も仕上げたので
ビーズ使いのアフガン編み始めました。
e0004756_21291466.jpg
e0004756_21292894.jpg
最初は合太(3ply)毛糸を使用して編みましたが、
糸が太すぎてビーズを通すのに四苦八苦。
糸を中細(2ply)毛糸に替えました。
e0004756_21294412.jpg
手首部分は、シングルフックで行ったり来たりなので毛糸は一色。
甲の部分からは輪編みになるので二色になります。
e0004756_19422597.jpg
ちょっと大きすぎるかも。
要縮絨。

by hokui44do05 | 2019-01-21 19:53 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)

昨日は流氷初日、今日も寒いのでこもってました

昨日、網走は流氷初日でした。
今朝、家から見えた海にはたしかに沖に白い流氷帯が見えました。
e0004756_20500827.jpg
北風はあまり吹いていませんし、
朝の気温もマイナス10度くらいなのですが
玄関前の雪掻きしただけでも体感的にはすごく寒い!
でも陽射しがあると家の中は温かいので
昨日も今日も外出せずに家にこもっておりました。
e0004756_20490104.jpg
↑出来上がったので
また次のもノールビンドニングで。
e0004756_20502190.jpg
↑やっと慣れてきてスピードアップ。

ローラの本も手持ちは読破。
e0004756_20505336.jpg
e0004756_20511528.jpg
土曜日に予約してあった本が来ているというので
図書館へ行って借りてきました。
e0004756_20512843.jpg
表紙カバーの絵は三岸黄太郎<冬の陽>
三岸光太郎と節子の息子さんの絵
e0004756_20514965.jpg

e0004756_20513989.jpg
長田弘さんのエッセー、一篇一篇は短くとも
それぞれの選び抜かれた詩人の言葉が心にしみいってくるよう。



by hokui44do05 | 2019-01-14 21:31 | | Trackback | Comments(0)

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る