北緯44度の雑記帳

hokui44.exblog.jp ブログトップ

タグ:豆料理 ( 7 ) タグの人気記事

雪解け早い(追加あり)

日曜日に相方がさくらんぼの枝切りをしました。
ぽかぽか陽気で雪山がずいぶんと低くなってしまい脚立に上っての作業。
昨日は明け方に雪が降りちょっとだけ積もりました。

e0004756_20582404.jpg
今日は朝は冷え込んでいましたが、
昼間は3度まで上昇。
e0004756_21000113.jpg
e0004756_21002341.jpg
お彼岸のお餅はずんだあんで。
e0004756_21024767.jpg
↑乾燥青豆を使ってます。
茹でてから薄皮をむくのがひと手間。
擦ってから砂糖とハチミツ、水を加えてかき回しながら煮詰めました。
e0004756_20143227.jpg
今回使った先の太いすりこ木。
イタリアで買ってきました。
短めだけど先が太めで使いやすかった。
↓茹でた半分はひたし豆に。
e0004756_21025723.jpg


[PR]
by hokui44do05 | 2018-03-21 21:12 | | Trackback | Comments(0)

もうすぐ小正月

週の後半になると天気が回復。
晴れると寒くなります。
e0004756_20570091.jpg
陽射しは長い。
e0004756_20571230.jpg
朝、白んでくると東南の空に三日月が見えました。
e0004756_20585816.jpg

7時近くなると、斜里岳の裾から陽が昇ります。
e0004756_20592240.jpg
キッチンの窓につらら。
e0004756_21312880.jpg
室内に陽が差し込んで。
e0004756_20593309.jpg
今朝はマイナス10℃を下り冷え込みました。
そろそろ流氷がやってくる?

知床連山が見えました。
e0004756_21345512.jpg
もうすぐ小正月ですね。
e0004756_21003978.jpg
金時豆を茹でて。
e0004756_21002706.jpg
粥(け)の汁を作りました。
e0004756_21005014.jpg
青森のお正月に作られていた昆布出汁の煮物です。




[PR]
by hokui44do05 | 2018-01-13 22:10 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

お味噌仕込み

今年もお味噌を仕込みました。
大豆2キロに対して麹は2升(約2.4キロ)。
e0004756_21173157.jpg

今朝、隣町の美幌から届けられた生麹。
e0004756_21195916.jpg

両手ですりあわせるようにしてほぐして塩850gと混ぜておきます。
e0004756_21203359.jpg

昨日の午後、豆よりして洗って水に浸しておいた大豆、
30分ほど煮たらアクがモコモコ。
e0004756_21214482.jpg

柔らかく煮えたら、火をとめてしばらく蒸らしてからザルにあげます。
e0004756_21234418.jpg

扇風機にあててじゅうぶんに冷まします。
こうしておかないとミンサーに入れたとき熱を持ちすぎて不具合をおこしてしまうのです。
e0004756_21244425.jpg

ミンサーでつぶした大豆は、4.4キロずつたらいに分けます。
e0004756_21273054.jpg

ほぐして塩と混ぜておいた麹を、ミンサーでつぶした大豆に混ぜあわせます。
e0004756_2133979.jpg

1単位の味噌の出来上がりは約8キロ。
今日は6名で13単位のお味噌を仕込みました。
e0004756_21391991.jpg


私はおまけで、白味噌4キロも仕込んでみました。

こちらもお楽しみ。
[PR]
by hokui44do05 | 2011-05-26 21:51 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

ジャムおばさん登場

作れるときに作っておかなくてはと、
土曜日の午前中マーマレードをたくさん作りました。
e0004756_21482957.jpg

↑キッチンの食器棚のガラスに映っているジャムおばさん。
あのキャップを被ってます。

下ごしらえは前日の晩に。
一晩水につけておいた薄切りにした皮と刻んだ袋と種も一緒にひたひたの水を加えて煮ます。
e0004756_212814.jpg

皮が柔らかく煮えたら、
砂糖(グラニュー糖1.8キロ)の三分の一を加え、
続いて実も加えて煮ます。
e0004756_2134880.jpg

残りの砂糖も2回にわけて加えて煮ます。
鍋ギリギリ溢れそうでで火加減が難しい。
e0004756_21375919.jpg

2.5キロの甘夏から大小様々15瓶になりました。
e0004756_21383892.jpg


今日は黒豆を煮てみました。
e0004756_2153241.jpge0004756_21534586.jpg

鶏の手羽元をマーマレードとお醤油で煮ます。
e0004756_21464224.jpg

煮ておいた黒豆も加えて煮てまたコトコト。
e0004756_2156054.jpg

こんな一品になりました。
e0004756_21574831.jpg


もうすぐ1カ月
[PR]
by hokui44do05 | 2011-04-10 22:20 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

貝豆

早くも師走になって4日が過ぎようとしています。
本当はもう大掃除とか始めなくてはいけないと思いつつもまだ。

豆料理週間でした。

秋に野菜直売所で貝豆を手に入れました。
新豆なので紙箱に並べて乾燥。
e0004756_21392642.jpg

一晩水につけておいて茹でておきました。
新豆は皮が柔らかくふっくら煮えます。

ごぼう入りチリコンカン。
e0004756_21482371.jpg

ごぼうは輪切りに。
玉ねぎ、セロリ、にんにくを炒めて、
ごぼう、トマトも入れ、ロリエ、チリパウダー、塩、こしょう。
ゆでた貝豆と茹で汁を加えて煮込む。
仕上げにココアパウダーとオレガノで調味。

こちらは貝豆と根菜の味噌炒め煮。
e0004756_21492082.jpg

にんじん、ごぼう、蓮根、干し椎茸を炒め、
酒と味噌、みりんを加え、茹でた貝豆を加えて煮込む。

レシピは、『ヨーガンレールの社員食堂』高橋みどり著 PHP研究所刊 より

越冬準備の方は着々と。
[PR]
by hokui44do05 | 2009-12-04 22:09 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)

ジーマーミー豆腐(落花生豆腐)

千葉産の生の落花生が手に入ったので、ジーマーミー豆腐を作りました。
e0004756_2033977.jpg


殻をとった落花生は熱湯につけて薄皮をむいておきます。
薄皮をむくと、中のお豆は真っ白。
(残念ながら写真なし)

e0004756_20344137.jpg
皮をむいた落花生(1カップ)と同量の水をミキサーにかけて
クリーム状にしてふきんで汁を搾ります。
e0004756_20351039.jpg


芋くずは100g。
e0004756_20392923.jpg

e0004756_20445225.jpg
芋くずを水1カップでといて、↑の鍋に入れます。
常に混ぜながら加熱。
煮立つまでは強火で、後は弱火。
15~20分ぽってりするまで練り続けます。
e0004756_20453163.jpg


ガーゼを敷いた型に流して冷やし固めて出来上がり。
e0004756_20471444.jpg


落花生の香りのするジーマーミー豆腐、
この季節ならではのお楽しみ。

ジーマーミーとは沖縄で地豆のこと。
北緯44度では育たないお豆です。

小さかった頃、夏休みに家の庭で落花生を育てたことがあります。
たくさん出来て、母はとっても喜んでいたけれど
私はぜんぜん嬉しくありませんでした。
枝豆のようになって欲しかったから。
せっかく上に伸びたのに、土にもぐって豆が出来るなんてがっかりでした。

小さい頃は枝豆や空豆やグリンピース、緑のお豆が大好きでした。
生落花生、茹でて食べてもあんまり美味しく思えなかったなあ。

おすそ分けに行った友人宅のお庭
[PR]
by hokui44do05 | 2009-09-12 21:27 | 美味しいもの | Trackback | Comments(3)

赤←→赤紫

塩漬けしてあった赤蕪。ザルにあげておきます。
e0004756_20274231.jpg

甘酢に漬けるとみるみる真っ赤。
e0004756_20281286.jpg

赤蕪の千枚漬けは大瓶に詰めました。
e0004756_203078.jpg


こちらは、赤から赤紫へ。
e0004756_20315832.jpge0004756_20351095.jpg

パイ用りんごは皮や芯も一緒に煮ました。
e0004756_20355946.jpg

ぶどう色のりんごのワイン煮←とピンク色になったパイ用りんご→。
e0004756_2037515.jpg


久しぶり卵入りスコーンを焼いてみました。なぜだか片側だけにイヒヒ!
e0004756_2050859.jpg


赤紫色の貝豆。
e0004756_2051435.jpg

こちらはトマトやセロリと一緒に煮込んで赤いスープ。
e0004756_20523447.jpg

[PR]
by hokui44do05 | 2008-11-17 20:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)
line

エゾノコリンゴの手作り日記


by エゾノコリンゴ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30